坂本真綾の歌唱シーンやインタビューも 映画『SING/シング』より特別映像が到着

SPICER
ロジータ・坂本真綾 (C)Universal Studios.

ロジータ・坂本真綾 (C)Universal Studios.

アニメーション映画『SING/シング』が、3月17日(金)より日本公開される。公開を目前に、ますます期待が高まる中、ロジータ(ブタ)を演じる、声優・坂本真綾の歌唱シーンとインタビューが収められた特別映像が到着した。

ロジータは25匹の子豚たちの母親であり、無私無欲に生活する専業主婦である。彼女は、母親でも妻でもない”自分”を取り戻すためにバスター・ムーンが開催する歌のコンテストに挑むことを決意する。

解禁された映像は、審査員であるバスターとミス・クローリーを目の前に緊張した面持ちのロジータがおびえた様子で両手でマイクを握りながらも、ケイティ・ペリーの「ファイヤーワーク」を熱唱しているシーンだ。英語の歌詞であるにも関わらず、見事な発音と高い歌唱力で歌い上げる坂本真綾の多彩なスキルに要注目なシーンに仕上がっている。

続くインタビュー内では、出演オファーを受けたときのことや、本作の物語にちなみ、坂本自身の“人生が変わったステージ”について語っている。

今回解禁されたシーンのほかにも、劇中ではグンターを演じるトレンディエンジェル・斎藤ともデュエットにも挑戦している坂本。ぜひ注目してほしい。

 

映画『SING/シング』 は2017年3月17日(金) 全国ロードショー。

 
作品情報
映画『SING/シング』 
監督/脚本:ガース・ジェニングス 製作:クリス・メレダンドリ、ジャネット・ヒーリー
配給:東宝東和

■出演(字幕版):マシュー・マコノヒー、リース・ウィザースプーン、セス・マクファーレン、スカーレット・ヨハンソン、ジョン・C・ライリー、タロン・エガートン、トリー・ケリー他
◆吹替え版/演出:三間雅文 日本語歌詞監修:いしわたり淳治
◆出演(吹替版):内村光良、MISIA、長澤まさみ、大橋卓弥(スキマスイッチ)、斎藤司(トレンディエンジェル)、山寺宏一、坂本真綾、田中真弓、宮野真守、谷山紀章、水樹奈々、大地真央
公式サイト:http://sing-movie.jp/
(C)Universal Studios.
シェア / 保存先を選択