Sick2 ツアーファイナル恵比寿リキッドルームのオフィシャルレポート到着

SPICER
Sick2 撮影=Emiri

Sick2 撮影=Emiri

画像を全て表示(5件)

Sick2が2ndアルバム『ENIACMANIAC』を手に行ない続けたワンマンツアーも、5月5日に恵比寿リキッドルームで行なわれた『女の子を騙すだけの簡単なお仕事です。8「恵比寿、切断。」』でファイナルを迎えた。

客席前方に、「たくま」「大志」「ジェネ★」「祭-まつり-」と区切られた4つのブロックを設置。その後ろはフリースペースとして開放。客席を4つに分断ならぬ切断。それが、彼らが提示した「切断」という言葉の理由だ(開演前に仕切っていたバーは、暴れやすいように取り外された)。観客たちはメンバーの息吹を身近で感じようと、開場と同時に、お目当てのブロックへ駆け込んでいった。

Sick2 撮影=Emiri

Sick2 撮影=Emiri

「踊れ、踊り明かそう」、Sick2のライブは、派手な音の花を咲かせるように「CRAZY TOKYO」から幕を開けた。場内に舞う無数の扇子。なんて華やかな風景だ。ジェネ★の煽りを受け、熱い声を返す観客たち。この熱気と熱狂が覚めるまで騒ぎ続けようじゃないか。会場中の人たちが一つになって跳ね、咲き誇る風景のなんと彩り鮮やかだったことか。

花開いた熱狂へさらに熱を加えるように、Sick2は「イケナイコドモ」「(8-bit)ch」と刺激的な楽曲を突きつけ、フロアーをモッシュ生まれる空間に染め上げた。脳内パラノイアナンバーの「CLUBSICK」や「Pentimento Homme」が理性をどんどん消し去り、会場中の人たちを、本能のままにはしゃぐ姿へ変えてゆく。熱狂にとろける、まさにそんな感覚だ。

陶酔した観客たちを、さらにディープな熱狂へ導くように「VOID」が炸裂。混沌とした演奏、カオスな熱狂、まだまだ前半部にも関わらず、そこには終盤の風景にも似た、火照った空気と汗を抱いた匂いが渦巻いていた。

「ここまで来れたのもみんなのおかげです。せっかく来てくれた以上、この広い会場を使って思いきりガンガン暴れてもらおうと思います、いいかー!!」(ジェネ★)

「飛べ!飛べ!!飛べ!!!飛べ!!!!」と煽るジェネ★。サイコティックな「ロデオドライヴ」に攻められ、意識がどんどん真っ白になる。上がり続ける熱気に刺激され、はしゃがずにいれない気分だ。

Sick2 撮影=Emiri

Sick2 撮影=Emiri


「何時までも君と二人一緒にいたいね、永遠に」。キラキラとした音の羽根を羽ばたかせ、Sick2は「絶対天使領域」を演奏。なんて美しく華やかな歌と旋律だ。広げた翼を羽ばたかせ、心は笑顔で大空を飛び続けていた。それまでの熱狂を優しく抱くように『眼球』を演奏。妖しい微睡みを与える歌声や音色が身体をゆっくり浸食していく。次第に熱へ冒されてゆく感覚がとても心地好いい。

「誰かがやってるから、何かが流行ってるから、自分も真似をする。最初からオリジナリティを持ってやってりゃいいけどさ、後から真似した奴ら全部切断します!!」。

物真似だらけの今のビジュアルシーンに、ジェネ★は皮肉交じりのメッセージを突き付け、その後に「切断」を叩きつけた。ポップ/華やか/激烈/けばけばしいなど目まぐるしく変わる表情に合わせ、はしゃぎ、踊り、騒ぐ観客たち。続いて流れたのが、ダークメルメン/ゴシックメロウな「妄想悪魔審判」だ。身体へ突き刺さる音の刺激が、騒げとばかりに感情を煽りだす。「殺せ!殺せ!!」と叫びながら興奮をむさぼり喰らい、黒い熱狂に陶酔していたい。さらに興奮を高めるように、「フレゴリの錯覚」が闇の奥底へと意識を引きずり込んでゆく。余計な考えを消し去り、重く黒い熱気に呑み込まれ一緒に騒ぎ狂えばいい。とことんまで墜ちてゆけばいい。

鞭を手にしたジェネ★。「君は小悪魔、僕は」「悪魔」のやり取りを合図に、カオティックな演奏が爆発。「罪と罰とマゾヒスト」を突き付けたとたん、観客たちが全身を震わせ思いきり暴れ出した。「可愛いうさぎさんになってもらおうか」、観客たちが両手をうさぎの耳に見立て、その姿勢のままピョンピョン跳ね出した。黒い音が唸る中、うさぎどころじゃない、誰もが理性を壊した野獣となりヘドバンしながら快楽に溺れていた。その熱狂を攪拌するように、Sick2は「鬼畜カレシ」を突き付けた。喧騒抱いたまま走り続ける演奏へ観客たちは全力で立ち向かう。こんな興奮導く攻めなら、いくらでも身体も心も捧げて構わない。むしろ、熱く痛い興奮の刺激をもっともっと喰らわせてくれ!!

Sick2 撮影=Emiri

Sick2 撮影=Emiri

横モッシュや折りたたみを繰り返しながら煽り続けるメンバーたち。興奮が熱く熱く蒸気したところで、ライブは「deep:sleep」へ。サイコトランシーな「deep:sleep」の持つ刺激に浸食され、観客たちが全力で頭を振り乱す。両手をかかげ、右へ左へゾンビのように行進する姿も。このままSick2のメンバーに操られるがまま、熱狂に恍惚覚えるモンスターになっていたい。

凄まじい音の衝撃が身体を呑み込んでゆく。「ぐり×ぐり」に冒された観客たちが頭を振り乱し暴れ続けていた。螺子の壊れたキョンシーのようにピョンピョン跳ねていた。このカオスな空間が、とても気持ちいい。そこへ「Dr.Earache」が飛び出した。隊列を保ったまま観客たちはジェネ★の動きを真似、彼と一体化し、熱狂の踊りに身を捧げていた。その様は、まるでジェネ★ズブートキャンプのようだ。

込み上がる情熱。「もっともっと満足出来るように、俺たちと一緒に騒いでくれるよな。俺とお前らどっちが先にぶっ壊れるが勝負しような、最高の夜にしようぜ!!」。

最後は会場中をカオスな空間へ導く「ヴィデオドローム」だ。破壊的な音に意識を壊された観客たちは、無我夢中で暴れ続けていた。いや、感情を振り絞り、Sick2へ闘いを挑んでいた。どちらが先に限界を向かえるか。むしろ、どれだけ一緒に絶頂を感じれるかだ。ジェネ★は上半身裸になり、観客たちを熱くけしかけてゆく。熱狂にまみれたこのカオスな空間こそ、最高の快楽だ。現実を彼方に吹き飛ばし、騒ぐことで本当の自分のあるべき素顔をみんなが晒していた。クシャクシャとしたその笑顔、最高じゃないか!!

アンコールは「シュレーディンガーの猫」からスタート。想いを届けるように歌うジェネ★。妖しい香りを振りまき、Sick2は場内へ赤い淫らな空気を染み渡らせてゆく。ねっとり絡み付くステージングに、誰もが視線を真っ直ぐに注ぎ見入っていた。ライブは一気にラストスパートへ。華やかな、まぶしい光を抱いた開放ナンバー「Fiv Five」が、場内に笑顔広がるパーティ空間を描き出した。ときに煽る表情も交え、ふたたび場内へウキウキやドキドキとした高揚をSick2は与え出した。

Sick2 撮影=Emiri

Sick2 撮影=Emiri


最後にSick2は「Lavi」を叩きつけ、観客たちの身体を心地好く揺らし、身体をくるくる回しながら、会場中を華やかで眩しいキラキラとした笑顔の空間に染め上げた。胸はしゃぐこの熱狂を、次の47都道府県を舞台にした500円ワンマンツアーへ繋ぐように……。

Sick2は、8月30日に最新シングル「デリバリー・メンタルヘルス」を発売。その後すぐに、『47都道府県ワンコインツアー『デリバリーヘルスケア』』を各地で500円で開催する。ファイナルは、2018年1月4日に赤坂BLITZと決定。まさかのワンコイン『47都道府県ワンマンツアー』、しかも本数が計50本。この機会に一度Sick2のライブへ触れ、この楽しさを実際に体感していただきたい。


取材・文=長澤智典 撮影=Emiri

セットリスト
女の子を騙すだけの簡単なお仕事です。8「恵比寿、切断。」
2017.5.5 恵比寿LIQUIDROOM
01. CRAZY TOKYO
02. イケナイコドモ
03. (8-bit)ch
04. CLUBSICK
05. Pentimento Homme
06. VOID
07. ロデオドライヴ
06. 絶対天使領域
07. 眼球
08. 切断
09. 妄想悪魔審判
10. フレゴリの錯覚
11. 罪と罰とマゾヒスト
12. 鬼畜カレシ
13. deep:sleep
14. ぐり×ぐり
15. Dr.Earache
16. ヴィデオドローム
<ENCORE>
17. シュレーディンガーの猫
18. Fiv Five
19. Lavi

 

リリース情報
シングル「デリバリー・メンタルヘルス」
2017年8月30日発売
◆PCM-212A 初回盤 2,000円(税抜)
[CD]1.デリバリー・メンタルヘルス 2.タイトル未定
[DVD]1.デリバリー・メンタルヘルス(MUSIC VIDEO)
◆PCM-212B 通常盤 1,500円(税抜)
[CD]1.デリバリー・メンタルヘルス 2.タイトル未定 3.タイトル未定

 

ライブ情報
Sick2 47都道府県500円ワンマンツアー『デリバリー・ヘルスケア』
入場者に『デリバリーメンタルヘルス』デリバリー処方箋盤を無料配布!!
※1公演につき、お一人様一枚とさせていただきます
ツアースケジュール詳細はオフィシャルサイトへ http://planet-child.jp/sick2/

 

シェア / 保存先を選択