ベース談義や音楽家の「飲みトーク」も 『NEWTOWN』時間割&マップ公開

ニュース
音楽
イベント/レジャー
アート
2017.11.8

11月11日と12日に東京・多摩センターの小学校跡地・デジタルハリウッド大学八王子制作スタジオで開催されるCINRA主催のカルチャーイベント『NEWTOWN』のタイムテーブルと会場マップが発表。あわせて追加のイベントラインナップが明らかになった。

今回新たに発表されたイベントは、クラフトビールを飲みながら「カルチャーシフト」をテーマに語り合う『大人の学校』の一環で行なわれる『楽器の深さを知って音楽の聴き方をカルチャーシフト ~ベース編~』『ミュージシャンの「飲みトーク」を覗き見!』『おにぎりCRAFT 手作りおむすび×クラフトビールの不思議な縁むすび』と、『Spincoaster×DIGLE「新しい音楽の楽しみ方」トークセッション』。

『楽器の深さを知って音楽の聴き方をカルチャーシフト ~ベース編~』では、11月11日を指す「ベースの日」とのコラボにより、柏原譲(Polaris、フィッシュマンズ)、是永亮祐(雨のパレード)が「ベース談義」を繰り広げる。『ミュージシャンの「飲みトーク」を覗き見!』はMCに芦沢ムネトを招き、ミュージシャンたちがオフの時間に行なう「飲みトーク」を公開イベントで実施。MICO(SHE IS SUMMER)、GOMESSが参加する。

『おにぎりCRAFT 手作りおむすび×クラフトビールの不思議な縁むすび』には、東京で最古のおにぎり屋だという「宿六」の3代目店主・三浦洋介が登壇し、参加者におにぎり作りの工夫を伝授。『Spincoaster×DIGLE「新しい音楽の楽しみ方」トークセッション』ではSpincoaster取締役COO・野島光平と、DIGLEを運営する株式会社CotoLab.の代表取締役・西村謙大が、SpotifyやApple Musicといった配信サービスの登場を背景に、「新しい音楽の楽しみ方」について語り合う。

あわせて体育館で行なわれるフリーライブ『体育館FREE』の追加ラインナップと日割、タイムテーブルが発表。追加出演者はラッキーオールドサン、明日のアーの2組。また追加出店者として、神奈川・川崎にあるブリトーの店「Cactus Burrito」と、「CU(カルチャーに)S(政治を)MO(持ち込んで)S(すいません)」を掲げるCUSMOS、東京・新代田の飲食店「POPO」の参加が発表された。CUSMOSのブースには大澤悠大、北山雅和、希望的工具(アキラ・ザ・ハスラー+竹川宣彰+DJ TASAKA+千原航)、小辻雅史、NEW ERA Ladies、LUV++、w&iが出展する。

さらに『NEWTOWN』では会期中に「SNSラリー」企画を実施。会場内に設けられた3か所の撮影スポットで写真を撮ってSNSにアップすると、各日100人に500円分のフードチケットがプレゼントされるほか、抽選でアーティストグッズが贈られる。グッズ提供アーティストは曽我部恵一五味岳久LOSTAGE)、Tempalay佐々木健太郎(Analogfish)、武田砂鉄

タイムテーブルや会場マップ、各イベントの詳細はオフィシャルサイトでチェックしよう。

CINRA.NET
シェア / 保存先を選択