浦井健治主演舞台『ペール・ギュント』が全国の映画館に生中継決定

ニュース
舞台
2017.11.14
ペール・ギュント photo:=Kuge Yasuhide

ペール・ギュント photo:=Kuge Yasuhide

2017年12月20日(水)世田谷パブリックシアターで上演される舞台『ペール・ギュント』が全国各地の映画館でライブ・ビューイングされることが決定した。本公演は、日韓文化交流企画 世田谷パブリックシアター+兵庫県立芸術文化センター共同制作/世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演である。

創造発信型の公共劇場である世田谷パブリックシアターは、これまで国際的なアーティストとのコラボレーションで舞台芸術の価値を新たに提示する作品を送り出してきた。開場20周年の2017年、平昌(ピョンチャン)冬季オリンピック 開・閉会式の総合演出を務める演出家ヤン ジョンウンを迎え、ノルウェーが誇る劇作家ヘンリック・イプセンによる不朽の名作『ペール・ギュント』に新たな息吹を注ぎ込む。

タイトルロールを務めるのは、シェイクスピア作品やミュージカルで次々と主演作をヒットさせ、多くの演劇賞も受賞している人気・実力を兼ね備えた俳優・浦井健治。破天荒な人生を送りながら真の自分を追い求める主人公ペール・ギュントという役に挑む。さらにオーディションにて選ばれた趣里マルシアなど日本キャストに、韓国キャストが加わり、『ペール・ギュント』の数奇な世界を、祝祭的に、エネルギッシュに描き出す。

“アジア演劇の最前線”として日本と韓国の演劇人のパワーを結集し、壮大なスケールと、同時代性をたたえた作品として描かれる『ペール・ギュント』を、映画館で堪能してほしい。

<あらすじ>
ペール(浦井健治)は夢見がちな青年。彼の将来を案じる母オーセ(マルシア)をよそに自由奔放な日々を過ごしている。ペールの無垢な魂に惹かれたソールヴェイ(趣里)と結ばれるが、「遠回りをしろ」という闇からの声に導かれるように、海を越え世界を彷徨う。何度も財産を築き、また一文無しになる波瀾万丈の冒険の果てに、やっと故郷を目指すが――。本当の幸せ、真の自分をどこまでも追い求める、150年経った今も古びない壮大な「自分探し」の物語。

 

ライブ・ビューイング情報
『ペール・ギュント』 ライブ・ビューイング
~日韓文化交流企画 世田谷パブリックシアター開場20周年記念公演~

 日時:2017年12月20日(水)18:30開演 
 会場:全国各地の映画館
 会場リストはこちら>>http://liveviewing.jp/peergynt/
<チケット>
チケット料金:3,800円(全席指定/税込)

【プレイガイド先行販売(抽選)】
2017年11月18日(土)12:00~2017年11月26日(日)23:59
【一般発売(先着順)】 
2017年12月9日(土)12:00~2017年12月19日(火)12:00


『ペール・ギュント』 ライブ・ビューイング情報サイト 
http://liveviewing.jp/peergynt/


 

 

公演情報
『ペール・ギュント』

■原作:ヘンリック・イプセン
■上演台本・演出:ヤン ジョンウン
■出演:
浦井健治  
趣里、万里紗、莉奈、梅村綾子、辻田暁、岡崎さつき  
浅野雅博、石橋徹郎、碓井将大、古河耕史、いわいのふ健、今津雅晴、チョウ ヨンホ  
キム デジン、イ ファジョン、キム ボムジン、ソ ドンオ  
ユン ダギョン、マルシア
■公式サイト:https://setagaya-pt.jp/performances/201712peergynt.html

<東京公演>
■日程:2017年12月6日(水)~2017年12月24日(日)
■会場:世田谷パブリックシアター (東京都)
<兵庫公演>
■日程:2017年12月30日(土)~2017年12月31日(日)
■会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール (兵庫県)

 
シェア / 保存先を選択