【動画あり】スタクラフェス総合司会&ピアノ演奏の松下奈緒に聞く~『STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』<What's “スタクラフェス”?>

動画
インタビュー
クラシック
2018.8.23
松下奈緒 (撮影:中田智章)

松下奈緒 (撮影:中田智章)

画像を全て表示(5件)

 

<What's “スタクラ フェス”?> Artist Close-Up ③ 松下奈緒


来たる2018年9月23日((日・祝)秋分の日、『イープラス Presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』(略称 “スタクラフェス” )が、横浜赤レンガ倉庫の特設会場にて開催される。会場には3つの野外ステージ(HARBOR STAGE/GRASS STAGE/Sunday Brunch Classic Stage)が設けられ、午前10:30~午後8:30まで10時間にわたり、気鋭の演奏家たちにより、クラシックのよく知られた名曲からオペラ、ミュージカルの名曲、さらにはスタジオジブリの音楽まで、多種多様なプログラムが繰り広げられる。クラシックのコンサートといっても決して堅苦しいものではなく、屋外で潮風を感じながら、食べたり飲んだり、時には寝そべりながら、多様な音楽を気軽に楽しめるのが、このフェスの特徴だ。

そのような規模の大きいフェスにおいて、全体の総合司会をつとめるのが、女優でピアニストの松下奈緒だ。そればかりか、彼女は、ピアニストとして「クラシック in アニメ」(HARBOR STAGE 14:10~15:10)にも出演する。そんな、スタクラフェスの顔ともいえる松下に、イベントに対する思いを聞く機会を得た。

──スタクラフェスという、新しいタイプの野外クラシック音楽フェスティバルで、松下奈緒さんは総合司会という、最も重要な役目を務めることになりました。まず、このフェスの話を最初に聞いた時、どのようなイメージを抱きましたか?

ロックやポップスではなく、クラシックというアコースティックなジャンルの音楽を野外で聴くというのは、日本では本当に珍しいことだと思いました。私は、アメリカのマサチューセッツ州で行われているタングルウッド音楽祭に行ったことがあるのですが、これが本当に凄かったんですよ! 風が吹くと、それによって聴こえ方も全く変わります。ステージからかなり遠い場所でも「こんなに遠くまで?」と驚いてしまうほど最後の音までよく聴こえました。クラシック音楽のパワーを改めてそこで感じさせられました。

ただ、やはり楽器は繊細ですので演奏家の方々は心配なこともあると思います。それでも今回、皆さんが「このフェスティバルを是非成功させたい!」という思いで集まってくださるのは、凄いことだと純粋に思います。このフェスが実現することによって、ちょっと敷居が高いと思われがちのクラシック音楽をオーディエンスの皆様に身近に感じて頂けたら嬉しいですね。

──そのためにも、松下さんが参加してくださることはとても大きな力になります。これまで大きな番組などで司会を務めたことのある松下さんですが、今回、総合司会及びピアニストとしてスタクラフェスへの参加オファーを受けた時にはどんな思いが頭をよぎりましたか。

音楽のライブイベントに呼んで頂けてとても嬉しく思います。普段、私もライブをさせていただいていますが、プラス司会となると違う緊張感も出てくるなっ。と思いました。私自身も大いに楽しむつもりでいます。司会は久しぶりで、きっとお客様に助けていただく部分も大きいだろうと思いながら、頑張りたいと思います。

──お客様にとっても、目の前に松下さんがいらっしゃるというのは、とてもエキサイティングなことです。

緊張します! 演奏するよりも緊張するんですよ、司会って!(笑)。

──楽器に向かわれている時の方が楽なのですね。

もう、全然気持ちが違います。そこにしか神経がいっていないですし、ピアノが前にあるのは長年共にやってきた相棒が一緒にいるということでもあるので。でもその場を楽しむことさえ忘れなければ大丈夫だ、と信じている部分もあります。だから当日を存分に楽しみたいですし、自分にとってもすごく刺激的な日になると思います。

──演奏者としての松下さんは、HARBOR STAGEでの「クラシックinアニメ」に出演されます。『のだめカンタービレ』や『四月は君の嘘』など、クラシック音楽を学ぶ人々を描いたアニメが人気を博し、クラシック音楽界に対してより広い注目が集まるようになりました。クラシック音楽を学んでこられた松下さんご自身は、思い出に残っているアニメ作品などはありますか?

『のだめ…』はずっと観ていました。音楽大学が舞台になっているので、自分が音大生だった時代を思い出します。登場人物のキャラクターに「あぁ、こういう人いたな!」と思ったりしていました(笑)。音楽の中でも特にクラシックには「未知の世界」感が強いという気がするのですが、それをすごくわかりやすく楽しく描かれていましたね。登場する楽曲を通じて作曲家の音楽を知るようになったり、「この曲はこういう風にしてできた曲なんだ」ということが、本で読むよりも心に残りやすかったりします。そういう意味でもクラシック音楽の世界をアニメで観ていただけるというのは、クラシック音楽を勉強した者として、とても嬉しいことです。

──ご覧になっていて共感する部分も多かったのでは?

ドラマや映画ですと自分も女優として演じる側の気持ちもわかるので「この演奏シーンの撮影は大変だったろうな」と思ったり。また、「クラシック音楽は決して難しくないものなんだよ」というメッセージは常に自分の中にもあることなので、そういった部分にはとても共感できました。

──今回「クラシックinアニメ」のステージで演奏される曲については当日のお楽しみと伺っていますが、演奏に向けて考えていることは何かありますか?

オーケストラの皆さんと一緒に演奏できるので、本当に華やかなステージになるだろうなとワクワクしています。CDで聴く音楽とは違う、野外の生演奏ならではの音の圧も皆様に感じていただけたら嬉しいですね。

──屋外での演奏経験はおありですか?

つい先日、福岡の護国神社で演奏してきたばかりなんです。拝殿を背にして、6000人のお客様の前で演奏をしてきました。その時が初めての野外フェスでの演奏で、ピアノの鍵盤がとても熱くなっていて、びっくりしましたね(笑)。

──陽が当たっていたんですね。

私の演奏時間が16時~17時くらいのところだったので、西日がすごく当たって(笑)。これまでは室内でしか演奏していなかったので開放感があり、気持ちはとても良かったんです。ただ、熱いなと(笑)。でも外で演奏するのって、ピアノの場合は家でも無理なことですから(笑)。

──持ち運べない楽器ですものね。

そうなんです。それだけに、あれほど広いところで演奏できるというのは、とても気分が高揚しました。照明ではない自然の明るさの中でやれるという喜びを感じられて、とても面白かったです。ただ、皆さん汗まみれになっていましたね(笑)。夏にしか味わえない経験ができ、とても良い思い出になりました。

──そうすると、今年は野外の演奏に縁のある年ということになりますね。

護国神社の演奏がとても楽しかったので「病みつきになりそう!」と言っていたところでした。だから、とても嬉しいですね。場所も違えば音も違うと思いますし、心配なのはお天気だけです。「晴れて欲しい!」と願っています。

──お客様の立場でスタクラフェスを楽しむとすれば、どんな楽しみ方が考えられますか。

本当に盛りだくさんのステージが目白押しなので、スケジューリングが大事だなと思います。このアーティストを絶対観たいとか、この音楽を絶対に聴きたいというものをまず先に押さえて、そこから計画を立てていくといいですよね。暑さ対策もありますから、どんな服装でいくかも考えます。あとは、その場その場で思い立ったところの演奏を聴いたり、ちょっと疲れたら飲んだり食べたりして休んだり、1日中自由に楽しめるイベントだと思います。私もアーティストの皆さんが、野外でどんな演奏をなさるのか、どんなステージを創られるのかとても大きな関心があります。

──会場となる赤レンガ倉庫や横浜界隈で行ってみたい場所、またお客様におススメしたいスポットやお店などはありますか?

やっぱり中華街です! 横浜と言えば中華街ですよね。大好きです! 初めて鯉を食べたのも中華街でした。「鯉って食べられるんだ」とびっくりしました。池にいる鯉とは全然違うそうですが、とても美味しくて。横浜にはドラマのロケなどでもよく行きます。海も近いし、きっと夕方から陽が落ちていくと景色も変わるでしょうから、サンセットの光景も綺麗だろうなと思います。また、みなとみらいの夜景もムードたっぷりですよね。

──最後に読者の方々に向けて、お誘いのメッセージをお願いします。

野外で聴けるクラシックの素敵なイベントになると思います。音が潮風に乗り会場の外から「何か聴こえる?」と思って来てくださる方もいらっしゃるのではないでしょうか。無料で聴けるステージもありますので、是非、気楽にいらしていただきたいですね。この野外フェスをきっかけにクラシックに興味を持ってくださる方が増えてくれたら本当に嬉しいです。会場でお待ちしております!

【動画】松下奈緒さんよりメッセージ

取材・文=橘涼香  写真撮影=中田智章

公演情報

『イープラス presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』
 
■公演日時:2018年9月23日(日・祝日)開場9:30/開演10:30/終演20:30 ※予定
■会場:横浜赤レンガ倉庫特設会場 (神奈川県)
 
■出演者(50音順):
【ソリスト】
伊藤悠貴(Vc)、伊礼彼方(Vo)、上野耕平(Sax)、大山桃暖(Pf)、金子三勇士(Pf)、北川辰彦(Bar)、小林沙羅(Sop)、小林美樹(Vn)、サラ・オレイン(Vo,Vn)、反田恭平(Pf)、髙木竜馬(Pf)、丹呉由利子(Mez)、DEPAPEPE、NAOTO(Vn)、中井亮一(Ten)、牛牛/ニュウニュウ(Pf)、藤田真央(Pf)、麻衣(Vo)、松下奈緒(Pf)、松田理奈(Vn)、三浦一馬(バンドネオン)、宮本笑里(Vn)、山本耕平(Ten)、LE VELVETS、他
【指揮】
青島広志、岩村力、横山奏
【アンサンブル】
シアター オーケストラ トーキョー、STAND UP! ORCHESTRA、ぱんだウインドオーケストラ、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、岩城直也(Pf,編曲)

【Sunday Brunch Classic Stage】※無料ステージ
1966カルテット、こぱんだドラムス、實川風(Pf)、園田涼(Pf)、新倉瞳(Vc)、藤原功次郎(Tb)、細川千尋ジャズトリオ、正戸里佳(Vn)、mille baisers、山田姉妹、米津真浩(Pf)

【総合司会】松下奈緒

■チケット料金:
1日券シーティング:13,800円
1日券スタンディング:9,800円
半日券(14時まで):5,500円
※シーティングエリア内は座席あり・自由席になります。シーティングエリアへのご入場は「1日券シーティング」「半日券(14時まで)」をご購入のお客様に限ります。
※半日券(14時まで)は夜まで楽しみたいけど、小さなお子様がいてお昼過ぎまでしかいられない方の為にご用意した枚数限定の特別なチケットです。開場から14時まで、シーティングエリア・スタンディングエリアの両方をご利用いただけます。それ以降はご退場をお願い致します。
※スタンディングエリアはすべてのお客様にご入場いただけます。
※雨天決行 ※4歳以上チケット必要(3歳以下は保護者1名につき1名のみ入場無料)
※ステージ内容は変更になる場合もございます。予めご了承ください。

■チケット:好評販売中
 
■関連サイト:
公式サイト:http://standupclassicfes.jp
e+(イープラス):http://eplus.jp/
株式会社イープラス:http://corp.eplus.jp/
Twitter:https://twitter.com/stacla_fes2018
Facebook:https://www.facebook.com/Stand-Up-Classic-Festival-2018-216194119151436/​

■主催:イープラス/朝日新聞社/BSフジ
■協賛:クレディセゾン/ファミリーマート/テラダ・ミュージック・スコア
■後援:神奈川県/横浜市文化観光局/横浜港運協会/(一社)横浜港振興協会/tvk/FMヨコハマ
■企画制作:イープラス/Zeppライブ
■制作協力:クリエイティブマンプロダクション
■協力:日本クラシック音楽事業協会/ソニー・ミュージックエンタテインメント
■問合せ:イープラス:0570-01-2244(受付時間10時~18時・土日祝含む)
シェア / 保存先を選択