『東京JAZZ』無料エリアに民謡クルセイダーズら3組追加&タイムテーブル発表

ニュース
音楽
2018.8.10

画像を全て表示(5件)

国内最大級のジャズフェスティバル『第17回東京JAZZ』が、2018年8月31日(金)~9月2日(日)の3日間、NHKホールおよび代々木公園ケヤキ並木にて開催される。

このほど、観覧無料の「the PLAZA」(代々木公園ケヤキ並木)の追加出演アーティストとして、小曽根真 presents JFC All Star Big Band、民謡クルセイダーズThe Steve McQueens、 3組のアーティストが追加され、合計14組のラインナップが出そろった。

小曽根真 presents JFC All Star Big Band

小曽根真 presents JFC All Star Big Band

これに伴い全公演のタイムスケジュールも発表。「the HALL」(NHKホール)でのライブは「1組の演奏時間が短い。 もっと長くじっくり聴きたい」というリクエストに応え、今回は従来の1公演3組から1公演2組に絞り、1組あたりの演奏時間を平均75分、2組合計で150分に拡大された。

コーネリアス

コーネリアス

渡辺貞夫オーケストラ

渡辺貞夫オーケストラ


この「the HALL」9月1日(土)の昼公演に出演するコーネリアスは、『東京JAZZ』で新曲を初披露することが決定。また、9月2日(日)のトリを飾る渡辺貞夫は、自身のライフワークともいえるビッグバンドで、選りすぐりのメンバーたちと共にオリジナル曲を中心に演奏するという。 

 

「the HALL」は再入場可能で、休憩時間には観覧無料の「the PLAZA」の演奏を楽しむもよし、フードやドリンクで気分転換もできる。

 

イベント情報

第17回 東京JAZZ
(英文表記)17th TOKYO JAZZ FESTIVAL
■the HALL(NHKホール) 2018年9月1日(土)~2日(日)
■the PLAZA(代々木公園ケヤキ並木)2018年8月31日(金)~9月2日(日)

<出演アーティスト>
ハービー・ハンコック、ジェームス・ジーナス、トレヴァー・ローレンス Jr.、リオーネル・ルエケ、渡辺貞夫オーケストラ、R+R=NOW(ロバート・グラスパー、テラス・マーティン、クリスチャン・スコット、デリック・ホッジ、テイラー・マクファーリン、ジャスティン・タイソン)、コーネリアス、マンハッタン・トランスファー、ジョン・スコフィールド 「Combo66」
(ジョン・スコフィールド、ヴィセンテ・アーチャー、ジェラルド・クレイトン、ビル・スチュワート)ティグラン・ハマシアン・トリオ、オマーラ・ポルトゥオンド 、オルケスタ・デ・ラ・ルス、ロベルト・フォンセカ、バルバリート・トーレス、エリック・フロイマンス Oliver‘s Cinema、チクエロ-マルコ・メスキーダ、ザ・グラヴィティー・プロジェクト(ポール・グラボウスキーほか)、クリストフ・スティーフェル・インナー・ランゲージ・トリオ、グレッグ・ラミー・カルテット、エレン・ドーティー、桑原あい ザ・プロジェクト、カルメラ、ジェントル・フォレスト・ジャズ・バンド、東京中低域、青山学院大学Royal Sounds Jazz Orchestra ほか

<チケット料金>
■the HALL(NHKホール)
プラチナ・パッケージ(オーケストラボックス席+特典):19,800円
SS席:12,800円 S席:9,800円 A席:7,800円 B席:3,800円
SS席1日通し券:24,600円 SS席2日通し券:48,200円 (全席指定・税込)
■the PLAZA(代々木公園ケヤキ並木)
無料
シェア / 保存先を選択