田中哲司、田中圭ら実力派俳優が熱演 『サメと泳ぐ』ゲネプロレポート

レポート
舞台
2018.9.1
舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

画像を全て表示(11件)

映画界を舞台に繰り広げられる、究極の騙し合いと壮絶な人間ドラマを描いた『サメと泳ぐ』が2018年9月1日から世田谷パブリックシアターほかで日本初演される。千葉哲也演出のもと、権力を振りかざす大物映画プロデューサーのバディ役を田中哲司、脚本家を志す新人アシスタントのガイ役を田中圭がそれぞれ演じる。初日を前に行われたゲネプロ(※総通し稽古)の様子をお伝えしたい。

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

作品は1994年にケヴィン・スペイシー主演でハリウッドにて映画化(邦題『ザ・プロデューサー』)され、2007年にはクリスチャン・スレイター主演で英ウエストエンドにて舞台化された。
 
オリジナル映画版の脚本・監督を手掛けたジョージ・ホアンは、ルーカス・フィルムでのインターン、コロンビア映画副社長のアシスタントとして働いたほか、パラマウントピクチャーズ、ワーナーブラザーズなどを渡り歩き、自身が見聞きしたハリウッドでの実話から本作の着想を得たという。華やかに見える世界の裏で、それぞれの価値観が衝突する様子を、皮肉とユーモアを交えながら見事に描いているが、更に、舞台版戯曲は9・11テロが娯楽産業に与えた影響を背景に織り込んで、物語に奥行きが生まれた。

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

ハリウッドの大手映画製作会社キーストーンピクチャーズの大物プロデューサーであるバディ・アッカーマン(田中哲司)は、数々の作品をヒットさせ、業界中にその名が知られていた。人間としての評価は最悪だが、彼の元で働いたアシスタントは皆映画界で出世すると言われている。脚本家志望のガイ(田中圭)は成功を夢見て、バディの元で働き始める。舞台はガイがバディの事務所にやってくる場面から始まる。

痛烈な侮辱の言葉に耐えながら無理難題に対応する日々を送るなか、新作の企画を売り込みに来たフリーの映画プロデューサーのドーン・ロカード(野波麻帆)に心を奪われるガイ。やがて恋人関係になる。制作部門のトップへの昇進に命をかけるバディは、キーストーン会長のサイラス・マイルズ(千葉哲也)にアピールするため、ドーンの企画を利用しようと案じて……。それぞれの思惑が入り乱れるなか、ある出来事をきっかけに、バディとガイの歯車が狂い始めるというあらすじだ。

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

初日を迎えるにあたり、出演者らからコメントが届いた。

バディ役の田中哲司は「緊張や不安はもちろんありますが、初めてご一緒した演出の千葉さんが自由を許してくれるので、余白をもって、力を抜いて、固まりすぎずに舞台上で起こる事を楽しみたいと思います」。
 
そして、「最初に台本を読んだ時から面白いと思っていたラストシーンは、実際に演じてみてもやっぱり面白い。圭くんのガイは物語の中でどんどんカッコよく成長していくし、野波さんのドーンは彼女にしか出せない雰囲気を放っているので、自分も一瞬も気を抜くことができないですね。僕自身は大人が楽しめるブラックコメディだととらえているので、真面目な作品だと構えることおなく、肩の力を抜いて見に来てください」。

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

ガイ役の田中圭は「今は幕が開いたらどうなるんだろう、やってみるしかない! という気持ちです。単純なストーリーにみえて、中で渦巻いているものが多く、何が本当か嘘か分からなくなる。自分でも日々作品の見え方が変わっていきます」とコメント。
 
「演出の千葉さん、哲司さんや野波さんとの関係性を信じて、周りからもらうものを大切にしたいです。いい意味でハプニングもたくさん起きそうです(笑)。作品のテーマ性がとても好きなので、僕自身響く台詞が多く、今この作品に出演する意味を感じます。この舞台を観た後に、僕たちのような作り手側に対して見え方が少し変わる、そんな部分があればいいなと思います」。

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

ドーン役の野波麻帆は「千葉さんが役者に対して絶対に否定しない演出をされるので、稽古の中でいろいろな角度からドーンという役を探せる時間を過ごせたことをとても感謝しています。哲司さんも圭さんも日々変化しているし、自分も毎日新鮮でありたいですね。本番でも皆で変わっていけるのではと思えることが幸せです。この作品の登場人物は皆が必死に戦っているけれど、お互いの情熱がうまくかみ合わない。誰が悪いということではなく、それぞれの歯車が狂ってしまう気持ち悪さを是非観てもらえたらと思っています」。

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

演出の千葉哲也は「硬質な芝居というより、柔らかい中に毒のある作品になっていればいいと思います。僕はどこか力の抜けた演劇が好きなんだな、と改めて実感しました。出演者もスタッフもとてもいいチームで、おだやかに稽古に取り組めました」と振り返る。
 
そして、「ハリウッドが舞台ではありますが、人生の中では誰しもに起こりうる、集団社会で大きなものにつぶされる軋轢、不確かなものを確かだと思ってしまう人間の姿が描かれていると思います。『人生は映画じゃない』という台詞が出てきますが、観ている皆さんにどう響くのか? 共感できる人、できない人、感じ方はそれぞれですが、何か持ち帰ってもらうものがあれば嬉しいですね」と語った。

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

ゲネプロで公開されたのは1幕90分のみだったが、これからどうなるのか、全貌が知りたくなるストーリー展開で、傑作戯曲と言われる所以を知った。また、俳優陣のキャスティングが絶妙で面白い。登場人物たちはクセが強いキャラクターだが、それをナチュラルに、そして観客にとってもストレスなく演じ、ユーモアと毒をうまく織り交ぜて物語を表現していた。
 
上演時間は15分の休憩を挟み、1幕2幕合わせて2時間45分。東京公演は2018年9月1日(土)~9日(日) 世田谷パブリックシアターにて上演。地方公演もあり、ぜひ劇場で。

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

舞台『サメと泳ぐ』ゲネプロより

公演情報

関西テレビ放送開局60周年記念『サメと泳ぐ』
 
原作:ジョージ・ホアン
上演台本:マイケル・レスリー
演出:千葉哲也
翻訳:徐賀世子
出演:田中哲司 田中圭 野波麻帆 千葉哲也
石田佳央 伊藤公一 小山あずさ
企画・製作:関西テレビ放送 <関西テレビ放送開局 60 周年記念公演>
公式HP:www.ktv.jp/event/sharks/

【東京公演】
日程:2018年9月1日(土)~9日(日) 全 12 回公演
会場:世田谷パブリックシアター
お問合せ:サンライズプロモーション東京 0570-00-3337(10:00~18:00)
主催:関西テレビ放送
運営協力:サンライズプロモーション東京

【仙台公演】
日程:9月11日(火) 18:30 開演
会場:電力ホール
お問合せ:仙台放送 022-268-2174(平日 9:30~17:30)
主催:仙台放送/関西テレビ放送

【兵庫公演】
日程:9月14日(金)~17日(月・祝)
会場:兵庫県立芸術文化センター 阪急 中ホール
お問合せ:芸術文化センターチケットオフィス 0798-68-0255(10:00~17:00 月曜休/祝日の場合翌日)
主催:関西テレビ放送/兵庫県/兵庫県立芸術文化センター

【福岡公演】
日程:9月20日(木)18:30 開演 / 9月21日(金)13:00 開演
会場:ももちパレス
お問合せ:ピクニックチケットセンター 050-3539-8330(平日 11:00~17:00)
主催:ピクニック / 関西テレビ放送
共催:福岡県立ももち文化センター
 
【愛媛公演】
日程:9月28日(金)18:30 開演
会場: 松山市総合コミュニティセンター キャメリアホール
お問合せ:テレビ愛媛 事業部 089-933-0322(平日 9:30~17:00)
主催:テレビ愛媛

【広島公演】
日程:10月4日(木)18:30 開演
会場:JMS アステールプラザ大ホール
お問合せ:TSS 事業部 082-253-1010 (平日 10:00~18:00)
主催:テレビ新広島
シェア / 保存先を選択