高杉真宙と加藤諒が渡辺大知の楽曲への想いに聞き入る姿も 映画『ギャングース』主題歌収録メイキング映像を公開

ニュース
動画
音楽
アニメ/ゲーム
映画
2018.11.15
 (C)2018「ギャングース」FILM PARTNERS(C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社

(C)2018「ギャングース」FILM PARTNERS(C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社

11月23日公開の映画『ギャングース』から、渡辺大知、高杉真宙加藤諒らによる主題歌「CRYBABY」の収録メイキング映像が解禁された。

『ギャングース』は、モーニング誌で2013年から2017年まで連載された同名漫画の実写映画化作品。犯罪集団だけを標的とする窃盗“タタキ”稼業で過酷な社会を生き抜こうとする3人の少年たちを描いたクライム・ムービーだ。主人公のサイケを高杉真宙、カズキを加藤諒、タケオを渡辺大知がそれぞれ演じるトリプル主演作品で、『22年目の告白-私が殺人犯です-』の入江悠氏が監督・脚本を担当している。

今回公開されたのは、本作のために高杉、加藤、渡辺で結成したユニット“The Gangoose” が歌う「CRYBABY」の収録時のようす。同曲では、タケオ役の渡辺大知(黒猫チェルシー)が作詞・作曲・プロデュースを手掛け、メインボーカルを担当。高杉と加藤がコーラスで参加している。メイキング映像では、渡辺が楽曲と映画の関係や、制作時のイメージなどを丁寧に語る一幕からスタート。レコーディング経験が少なく、神妙に聞き入る高杉と加藤に、渡辺は「映画のイメージとかメッセージを含んだ上で、映画のことを意識しすぎずと思って作った」と想いを明かす。


それぞれのキーが異なるコーラスに、「つられちゃいそう」と不安を見せる高杉と加藤だったが、その後には和気あいあいと収録に挑む姿も。最後には3人で仲良く肩を組んで写真に収まり、兄弟のような絆を見せている。渡辺が「サイケっぽく」と二人にリクエストしたコーラスにも注目だ。なお、「CRYBABY」は11月15日より配信限定でリリースされる。

映画『ギャングース』は11月23日(金)TOHOシネマズ 日比谷ほか全国ロードショー。

作品情報

映画『ギャングース』
高杉真宙 加藤諒 渡辺大知(黒猫チェルシー)
林遣都 伊東蒼 山本舞香 芦那すみれ 勝矢/般若 菅原健 斉藤祥太 斉藤慶太
金子ノブアキ 篠田麻里子 MIYAVI
監督:入江悠(『22年目の告白-私が殺人犯です-』『ビジランテ』『SRサイタマノラッパー』シリーズ) 
脚本:入江悠 和田清人
原作:肥谷圭介・鈴木大介「ギャングース」(講談社「モーニング」KC所載) 製作・配給:キノフィルムズ/木下グループ
制作プロダクション:アミューズ映像制作部+パイプライン 
(C)2018「ギャングース」FILM PARTNERS(C)肥谷圭介・鈴木大介/講談社
シェア / 保存先を選択