辻監督「山川、村上に大きなホームランを期待」…『マイナビオールスターゲーム』記者会見にて

レポート
スポーツ
2019.5.24
『マイナビオールスターゲーム2019』でパリーグを率いる辻監督

『マイナビオールスターゲーム2019』でパリーグを率いる辻監督

画像を全て表示(2件)

プロ野球『マイナビオールスターゲーム2019』が7月12日(金)、13日(土)に開催される。その要項発表記者会見が行われ、今年のパシフィックリーグの指揮を執る、埼玉西武ライオンズ・辻発彦監督が展望や抱負を述べた。

69回目となる今年のオールスターゲームは、第1戦が4年ぶりとなる東京ドーム、第2戦が5年ぶりとなる阪神甲子園球場で開催。パシフィックリーグを埼玉西武ライオンズの辻発彦監督が、セントラルリーグを広島東洋カープの緒方孝市監督が指揮する。

ファン投票は5月24日(金)から6月16日(日)まで実施。その後に、各球団の選手全員による投票、監督選抜、さらには両リーグ1名ずつを再びファン投票で選ぶ「プラスワン投票」が行われ、出場選手が決定する。

記者会見のスペシャルゲストとして壇上に立った辻監督は、以下のようにコメントしている。

「自分が若い頃に出場したときには、緊張で何をしているのかわからないような状態だったが、今の選手はそんなことはない。和気藹々としたムードの中、普段通りのプレーを見せてくれるだろう」

現時点の成績を見ながら展望を語る辻監督

現時点の成績を見ながら展望を語る辻監督

また、現在ホームランと打点の両部門でトップを走り、出場が確実視されるのライオンズ・山川穂高選手に話が及ぶと「技術の高さはもちろん、研究・練習熱心な姿勢が今の好結果につながっている。オールスターでは4番で使う。とてつもなく大きなホームランを期待したい」と表情を緩ませた。

さらに、セ・リーグで注目している選手としては、東京ヤクルトスワローズの村上宗隆選手を挙げ、「アウトコースでも反対方向に長打が打てるのは、ホームランバッターの証。2年目でオールスターに出場できれば、それも大きな自信になるだろう。大舞台で狙って一発が打てるか注目している」と話し、パ・リーグの球威あるピッチャーとの対戦を楽しみにしていると話した。

『マイナビオールスターゲーム2019』のチケット一般販売は、7月5日(金)10:00から。

2017年の開催から現在4連勝中のパ・リーグが底力を発揮するか。はたまたスワローズの村上、阪神タイガースの近本光司といった若手有望選手に加え、広島東洋カープの鈴木誠也、読売ジャイアンツの坂本勇人などの実力ある選手の活躍が目覚ましいセ・リーグが意地を見せるか。両リーグの代表選手たちのガチンコ対決を球場で体感してほしい。

イベント情報

『マイナビオールスターゲーム2019』

 日時:第1戦 7月12日(金)19:00試合開始
    第2戦 7月13日(土)18:30試合開始

 場所:第1戦 東京ドーム(東京都)
    第2戦 阪神甲子園球場(兵庫県)

シェア / 保存先を選択