『デスノートTHE MUSICAL』甲斐翔真と髙橋颯が歌う「ヤツの中へ」のミュージックビデオが解禁

2019.8.16
ニュース
動画
舞台
アニメ/ゲーム

(C)大場つぐみ・小畑健/集英社

2020年1月20日(月)~2月9日(日)に東京建物 Brillia HALLのこけら落としシリーズとして上演される『デスノートTHE MUSICAL』。このたび夜神月役の甲斐翔真(W キャスト)とエル役の髙橋颯が歌う「ヤツの中へ」のミュージックビデオが解禁となった。

この曲は、夜神月とエルがテニスをしながらお互いの腹の内を探り合うシーンで披露されるビックナンバー。本作の楽曲を手掛けるフランク・ワイルドホーン氏は、日本でも長く愛され続けている名作ミュージカル『ジキル&ハイド』や、『ボニー&クライド』『シラノ』『笑う男』『マタ・ハリ』など数々の作品を手掛け、これまでにはホイットニー・ヒューストンなど名立たるアーティストにも楽曲を提供する第一線で活躍を続ける作曲家だ。ワイルドホーン氏が生み出す楽曲がミュージカルでしか体感できない”デスノートの世界“を創り出している。

2015年の日本初演以降、韓国・台湾でも大ヒットを記録している日本発のオリジナルミュージカルが新キャストで生まれ変わり、更なる進化を遂げることはこのミュージックビデオからも期待ができる。新星の二人が舞台上でどんなパフォーマンスを見せてくれるか今から楽しみだ。

「ヤツの中へ」


 
あらすじ
成績優秀な高校生・夜神 月(やがみライト)は、ある日、一冊のノートを拾う。ノートには、「このノートに名前を書かれた人間は40 秒で死ぬ」とあった。それは、死神が退屈しのぎに地上に落とした“死のノート”(デスノート)であった。犯罪者を裁ききれない法律に、限界を感じていたライトは、ある日、テレビで幼稚園に立てこもる誘拐犯の名前をデスノートに書いてみる。すると、誘拐犯は突然、心臓発作で息絶えた。「自分こそが神に選ばれ、犯罪者のいない世界を創る“新世界の神”だ」と、ライトはデスノートを使い、 犯罪者の粛清を始めていく。世界中で犯罪者が不可解な死を遂げていく事件が相次ぐ中、インターネット上ではその犯人を「キラ」と呼び、称賛しはじめる。犯罪の数が激減する中、警察は犯人の手掛かりさえつかめないでいた。そこへ、これまであらゆる難事件を解決してきた謎の名探偵L(エル)が事件を解決すべく、捜査を開始する。

 

公演情報

『デスノートTHE MUSICAL』
 
■公演日程:2020 年 1 月 20 日(月)~2 月 9 日(日)
※静岡、大阪、福岡公演あり
■会場:東京建物 Brillia HALL (豊島区立芸術文化劇場)
■料金:
S席:13,500円
A席:9,000円
B席:6,000円
(全席指定・税込)
※未就学児入場不可
※本公演のチケットは主催者の同意のない有償譲渡が禁止されています。
 
■音楽:フランク・ワイルドホーン
■演出:栗山民也
■作詞:ジャック・マーフィー
■ 脚本:アイヴァン・メンチェル
■翻訳:徐賀世子
■訳詞:高橋亜子
■キャスト:
村井良大 甲斐翔真 髙橋颯 吉柳咲良 西田ひらり パク・ヘナ 横田栄司 今井清隆
川口竜也 小原悠輝 金子大介 鎌田誠樹 上條駿 長尾哲平 廣瀬真平 藤田宏樹 本多釈人 松谷嵐 渡辺崇人 石丸椎菜 大内唯 コリ伽路 華花 濵平奈津美 妃白ゆあ 町屋美咲 湊陽奈 森莉那
 
■主催:日本テレビ  ホリプロ
■企画制作:ホリプロ
  • イープラス
  • DEATH NOTE
  • 『デスノートTHE MUSICAL』甲斐翔真と髙橋颯が歌う「ヤツの中へ」のミュージックビデオが解禁