ミュージシャン・中川晃教の最新型がここに──! 中川晃教コンサート『I Sing~Crystal~』開幕直前インタビュー

SPICER
中川晃教

中川晃教

画像を全て表示(10件)

中川晃教が“音楽”を追究する場として続けているコンサート『I Sing』。『~Crystal~』とサブタイトルのついた今回は、デビュー15周年にあたるスペシャルバージョンとして、デビュー当時から最新アルバム『decade』までを網羅したオールタイムベストなライブだ。今の自分を惜しみなく注ぎ込んだ、15年間の結晶。その本番に向けた熱き思いを語ってもらった。

――大好評のうちに幕を閉じたミュージカル『グランドホテル』&ミュージカル『ジャージー・ボーイズ』での余韻の中、直後にコンサート『中川晃教15周年記念プレミアム・フルオーケストラコンサートwith東京シティ・フィルハーモニック管弦楽団』を行ない、さらにこの『I Sing~Crystal~』が控えている。中川さんのタフさには、いつも驚愕しています。

ホントですよね!(笑) でもこのタフさは、自分でも結構発見な部分なんです。インターバルが少ない中で“どうしたらこのスケジュールをこなせるのか、 この仕事の準備をどうやろうか”と考えながら、どうにかこうしてできていて。人ってみんな、スイッチがあると思うんです。オンとオフって言うのかな。要はそれの切り替えなんですけれど、実はオンってひとつじゃなくて、現場ごとのオンがあるんだということを、この15年の活動の中でわかったことが大きいと感じています。
 

――多チャンネルにするわけですね。

おそらく音楽だけをやり続けていたらそこまで考えられなかったかもしれません。けれど、僕の場合は「ミュージカル」というフィールドに足を踏み入れたところから、考え方であったり日常の生活の送り方であったり、これから自分がどこに向かって行くのかというビジョンの描き方さえも、多面的にならざるを得なかったんですよね。

仮に音楽活動という一番濃いエキスが、自分の好きなこと、自分のやりたいこと、自分の創りたいことだけをカタチにしていくことだとしたら、ミュージカルの世界は“こういう風にして欲しい”とか、自分が思っているモノとその真反対にあります。でも、舞台に立つ以上は予想外の要求だったとしても、それがちゃんと自分の中から引き出せるか、提供できるかが重要なんです。

僕のタフさはそこの経験があっての、ですね(笑)。ミュージシャンがミュージカルを始めてしまったがゆえについた力です。そこからは、先にもあとにもどこにもいけないという思いを意識したことはほとんどないんですが、たぶんどこかにはあったんでしょう。

――中川さんがシンガーソングライターとしてデビューしたのは2001年。当時のR&Bブームの中、デビュー曲「I Will Get Your Kiss」はオリジナリティーがあり、その歌声と存在感がとても鮮烈でした。

18歳の頃に高校を卒業してからシンガーソングライターとしてデビューして。エンターテインメント界で何かしらの表現をしたいなと思っていたんですけれど、世の中のことはまだ何も解らない状態でした。夢や情熱はたっぷりあっても “このアルバムは売れるのか、どのくらい予算をかけたらどのくらいの反応があって、その結果、つぎのリリースの計画がこんな風に立てられるだろう”という音楽業界の仕組みもまったく知らなかったから、自分でもよく生き残れているなと(笑)。でも、時々考えることがあるんです。あのとき、もし自分を見失っていたら、今はどうなってたんだろう?って。僕が自分を見失わずにいられたのは、やっぱり“出会い”が大きかったと思います。
 

――“出会い”と言えば、デビュー翌年にミュージカル『モーツアルト!』で初舞台、初主演を果たしたことはとても大きい出来事でしたよね。『モーツァルト!』は中川さんにとってまさに当たり役、素晴らしい評価を受け、そこから舞台への道が大きく開けていった。当時、ミュージシャンである自分の活動場所が舞台へとシフトしていくことへの抵抗や苦悩はなかったんでしょうか?

……ないですね。そこはちゃんと自分の中でクリアにすることができていました。表現者として、なにかを創る中で自分が思っていることと全然違うことを要求されたときに跳ねのけるのではなく、“こんなことを提案してくれる人もいるんだ。じゃあそれをやってみようかな”と思える自分がいることで、すごくいい経験になります。もちろん、様々な舞台を経験する中で、慣れない頃はたくさん拒絶もして、たくさん失敗もしました。だからこそ、受け入れたときの結果の豊かさにも気づくことができたんです。

舞台の世界では自分の感性で突き進むこともあり、目的のために力技に入ることもあり、ひとりで突出するのではなく引いたところでの調和を求められることもありました。でも、続けられた一番の支えはやっぱりお客様の存在ですね。チケットが売れているという報告や、作品を観たお客様が喜んでくださっているという実際の反応を知るたびに、ひとつひとつコツコツやってきた積み重ねがカタチになっていることを実感できることが本当にうれしいです。
 

――すべてが糧になっていると。

もちろん、舞台も音楽活動も僕ひとりじゃなくて、いろいろな人たちの力をお借りすることで成し得ていて、その経験のすべてが僕の中ではつながっている。ミュージカルもお芝居も音楽も、この15年の積み重ねが次の作品、次の自分へとつながってきました。今、そういったすべてを振り返ったときに、シンプルに“あ、充実していたんだな”、“自分がやってきたことは正しかったんだな”と感じることができます。

――二足のわらじは充実の賜物。ミュージシャンと舞台俳優、自然に使い分けながら活動できていたんですね。

使い分けると言いますか、人間ってどうしてもふたつをひとつにしがちですけど、あるとき“お互いをお互いに生かし合っているんだ”と気づいて、そうしたら自分自身すごく楽になったんですよ。表現者として、舞台に立つ時はその現場でなにが求められているのかを丁寧に探りますし、ミュージシャンとして音楽と向き合うときには自分のハートからなにが出てくるのか、なにを表現したいのかを見つめなおす。なので、それぞれが違うのは当然ですよね。感覚としては互いを重ねることはあっても混同はしないです。

それと、僕が一番に考えるのはファンの方がなにを楽しみに僕を応援してくださるんだろうということです。よく僕は「みんなで幸せになる」という話をさせていただくんですが、コンサートでもミュージカルでも“今度はどんな中川晃教を見せてくれるんだろう”“今度はどんな役にチャレンジするんだろう?”“あの舞台の経験をいかしてどんな曲が生まれてくるの?”って、みなさん毎回期待を抱いてくださる。その期待には応えたいですし、期待に応えるべく新しい作品にチャレンジするたび、僕自身も新しい光景を見ることができる。その経験は、確実に大きな充実感や自信になっていて、自分ひとりでは絶対に到達できなかった場所や風景をお客様にも愉しんでもらえたら「みんなで幸せ」、ですよね?
 

――とはいえ、毎回それを実現するには強大なパワーと強靭な精神が必要ですよね。もしかしたら舞台に立っている限り、歌を歌っている限り、それを栄養に永遠に生き続けるんじゃないかって、真剣に思うこともあります。クッキーモンスターのように、出会うすべてを取り込んで成長を続けるエンターテインメントモンスター(笑)。

モンスター! そういわれるとそんな気もしてきますね(笑)。でも“エンターテインメント”はとても重要なワードです。僕がやりたいのはズバリ、そのエンターテインメントですから。その中で音楽に関しては、やはりどんなに忙しくても年に1回はコンサートをやろうと『I Sing』をはじめて、そこでは必ず新曲を披露することで、ファンのみなさんと一緒にその楽曲を育んできました。それを今回、10年ぶりのスタジオ録音アルバム『decade』にまとめることもできた。その時間の積み重ねもミュージシャンとしての自分にとって必要なことだったと思っています。僕にとっては音楽、自分の歌は、やっぱりスタートでありゴールなんです。

――原点ですね。そしてバンドスタイルでのコンサートであるこの『I Sing~Crystal~』は、その中川さんの原点を一番シンプルにストレートに感じられる場となっています。

音楽家として、このコンサートは本当に到達したかった場所です。経験と自信と表現力を得ることができた今だからこそできるコンサートだと思います。数年前の自分ではまだコントロールできなかったかもしれません。全体の構成も自分が今なにを届けたいのか、どんな風にすれば今の自分の“最高”を見せることができるのかを探りながら、すべての思いを込めて考えました。間違いなく、今の中川晃教の“最高”を知ってもらえるはずです。

8月のコンサートは音楽のシャワーを全身に浴びるような空間でしたが、今回はお客様にも立ち上がってもらって一緒にノレる空間を目指しています。両方の違いを愉しんでもらうのも素敵ですし、ミュージシャン・中川晃教のステージを楽しみにしてくださっていた方も、ミュージカルで僕を知っていてくださっている方も、アレンジで、歌声で、楽曲で、こんなにも伝わり方、感じ方が変わるんだって音楽の力を味わってほしいですね。いろんな面で僕の15年間という時間そのものを感じられるオールタイムベストな内容なので、“中川晃教ってこういうふうにできていたんだ”と、たっぷりと知ってもらいたいです。

――そして、16年目へと……。

今、同じ時代を生きている僕たちがそこにある場所・時間・記憶を共有できる、そんな世界をポップに表現した音楽を創りたいという気持ちが僕の中に涌き上がっています。それはこれから創るモノだし、この先の経験を生かしてまたたどり着き、還る場所でもあるんですけどね。来るべきときに、どんな自分がどんな音楽を創るのかが楽しみです。そのためにもまずはこの『I SingCrystal~』で15周年の集大成を皆さんにお届けして、その先はリ・ボーン。次のアルバム、次のコンサート、次の舞台へ……。自分でオリジナルのミュージカルも創りたいですし、“今”を“その先”へとちゃんと結びつけながら、この先も枠にとらわれないエンターテインメントを追究し続けていきたいと思います。

衣裳:BRAND COLLECT
インタビュー・文=横澤由香 撮影=原地達浩

公演情報
中川晃教 15th Anniversary Live I Sing~Crystal~

■日時:2016年9月18日(日) 開場 16:00/開演 16:30
■会場:東京国際フォーラム ホールC
 
■主催:キョードー東京
■企画・製作:VOICE OF JAPAN/キョードー東京
■チケット発売:発売中
■チケット料金:S席 8,000円 A席 6,000円(全席指定・税込)
 ※未就学のお子様はご入場出来ません。ご了承ください。
■お問い合わせ:キョードー東京 0570-550-799
 (オペレータ受付時間:平日 11:00〜18:00、土日祝 10:00〜18:00)

 

 

シェア / 保存先を選択