楠本桃子のゲームコラムvol.28 家でも外でも『どこでもいっしょ』

SPICER
 ※公式サイトより引用

※公式サイトより引用

画像を全て表示(4件)

筆者オススメのゲームを紹介する連載企画 第28回目、今回紹介するゲームは『どこでもいっしょ』。1999年7月22日、ソニー・コンピュータエンタテインメントが発売したPlayStation用ゲームソフトです。

"ポケットステーション"と呼ばれるプレイステーションと連動した携帯ゲーム機を使用して遊ぶことができ、発売当時は大ヒットを記録しました。

本作のキャラクターである"トロ"は、現在もソニー・コンピュータエンタテインメントの看板キャラクター! ゲームはやらない、という方にとってもお馴染みのキャラクターとなっています。
 

【『どこでもいっしょ』はどんなゲーム?】

※公式サイトより引用

※公式サイトより引用

『どこでもいっしょ』は、一言で表すと"コミュニケーションゲーム"。「ポケピ」と呼ばれる可愛らしいキャラクターとの会話やお出かけを楽しむゲームです。

プレイステーション本体でのプレイはもちろん、ポケットステーションを使用してのプレイにも対応。お出かけをしている時にも、ポケットステーションの中でポケピは生活しています。

そのため、お気に入りのキャラクターと四六時中共に過ごすことが可能! ポケットステーションを持って、いろんなところへ出かけてみましょう。

ポケピとのコミュニケーションは言葉を教えることで進んでいきます。はじめのうちはまだまだ少ない語彙での会話ですが、言葉を教えていくことでポケピ達も成長。教えてもらった言葉を使って、健気に話しかけてきてくれます。教えた言葉を組み合わせておしゃべりをするポケピ達を眺めていると、思わずクスッとしてしまう発言も飛び出します。

自分のお部屋(プレイステーション)の中にポケピがいる場合、"おくりもの"を贈って反応を楽しんだり、絵日記を覗き見したりと、会話以外のお楽しみもたくさん! ポケピの意外な一面が見られるかもしれません。
 

【気になるポケピだらけ!  ちょっと変わった共同生活】

※公式サイトより引用

※公式サイトより引用

共同生活を行えるポケピは、5匹の中から選択できます。

人間になりたい!と願ってやまない無邪気で寂しがり屋の看板ネコ"井上トロ"。
今時でテレビや恋バナが大好き! マイペースなウサギの"三原ジュン"。
占いや心理テストが得意でフランスに大きな憧れを持つ、イヌの"山本ピエール"。
世界一の格闘家を目指して奮闘!  さすらいのカエル"リッキー"。
知識が豊富な高性能ロボット!  努力家で夢は大きくノーベル賞!『どこでもいっしょ』唯一のロボ"Rスズキ"

上記のとおり個性的な面々が勢ぞろいしています。1匹をずっと可愛がったり、様々なポケピとの会話を楽しんだり、遊び方も人それぞれ! 本当のペットや友達のように、ポケピとの強い絆を育んでください。
 

【どこへいくにもいっしょに行動!  ペットとのお散歩気分を味わう】

※公式サイトより引用

※公式サイトより引用

90年代、「たまごっち」が爆発的なヒットを記録したように、ポケットステーションを持つ人も多かった当時。現在ではポケットステーションを持つ人は少なくなってしまいましたが、クオリティの高いゲームをポケットに入れて持ち歩けるため、通学通勤の暇つぶしには最適です。

ポケットステーションはゲーム本体と連動しているので、外出時はポケットステーションで育成、家に帰ったら育成したキャラクターを使用してテレビ画面でバトルすることも可能です。

外出先でも育成ができる!と、コアなゲームユーザーにも人気を博した携帯ゲーム機でした。小さいながらも通信機能を搭載しているところも人気の理由のひとつ。懐かしさを感じてしみじみするも良し、ドットで構成されたゲームの完成度に感動するも良し。今一度、当時の携帯ゲーム機に触れてみませんか?

ポケピたちとの日々は、毎日の暮らしにいろどりを与えてくれること間違いなし! 言葉の先生になった気分で、ポケピたちの成長を見守ってあげてください。可愛いポケピたちとの生活が、いつかきっと大事な思い出になるはずです。

シェア / 保存先を選択