ついにテレビ初登場!ヨーロッパ企画の舞台公演がLaLa TVにて独占放送決定

ニュース
2015.9.28
『遊星ブンボーグの接近』(C)ヨーロッパ企画

『遊星ブンボーグの接近』(C)ヨーロッパ企画

2015年9月25日(金)より、舞台『遊星ブンボーグの接近』の東京公演が開幕した劇団・ヨーロッパ企画。京都に拠点を置きながら日本全国に多くのファンを持つ彼らの舞台公演が、今回ついに、CS放送の女性チャンネル♪LaLa TVにてテレビ初放送されることとなった。2015年10月より新設される放送枠「エンタメ☆ステージ」の第1弾として、3か月連続で独占放送される。

関連記事:新作『遊星ブンボーグの接近』公演まであとわずか!ヨーロッパ企画の稽古場潜入レポート

ヨーロッパ企画は、舞台はもちろんのこと、テレビやラジオ作品の企画制作や、本広克行監督とともに『サマータイムマシン・ブルース』(2005年、出演:瑛太、上野樹里 ほか)、『曲がれ!スプーン』(2009年、出演:長澤まさみ ほか)といった舞台作品の映画化に取り組んだりと、演劇の枠にとらわれないユニークな活動ぶりで、独自のフィールドを開拓しつづける人気劇団。1998年の結成以来、一貫して群像コメディを上演し続ける彼らは、「企画性コメディ」の名のもとに、トリッキーな劇構造や舞台装置、何気ない日常会話の積み重ねをコメディへ昇華させる息のあったアンサンブルで幅広い観客の支持を集めている。

気になる放送作品は、『ロベルトの操縦』、『月とスイートスポット』、『建てましにつぐ建てましポルカ』の3作品ほか、最新作『遊星ブンボーグの接近』の誕生までをドラマ化した『遊星ブンボーグの接近~エピソード0~』も放送される。年に1度のヨーロッパ企画の本公演を、3か月連続で、しかも自宅で観ることができる貴重なチャンスだ。

『ロベルトの操縦』撮影:清水俊洋(C)2012 EUROPE KIKAKU

『ロベルトの操縦』撮影:清水俊洋(C)2012 EUROPE KIKAKU

関連記事:劇団「ヨーロッパ企画」人気の秘密を探る<前編> ~異色の劇団が起こした革命

演劇作品の他にも、人気アーティストのライブなどを放送するという「エンタメ☆ステージ」。これからのラインナップにも注目したい。ヨーロッパ企画舞台作品の放送予定は以下のとおり。

・『ロベルトの操縦』(ヨーロッパ企画第30回公演)
放送日時:10/3 (土)23:30~
・『月とスイートスポット』(ヨーロッパ企画第31回公演)
放送日時:11/7 (土)23:30~
・『建てましにつぐ建てましポルカ』(ヨーロッパ企画第32回公演)
放送日時:12/5 (土)23:30~ ほか
・『遊星ブンボーグの接近~エピソード0~』
放送日時:10/3 (土)25:15~ほか

(文/エンタステージ編集部)

イベント情報
ヨーロッパ企画第34回公演「遊星ブンボーグの接近」

◆日時:9月5日(土)~11月8日(日)に全国9ヶ所で上演。※5日はプレビュー公演
会場:栗東芸術文化会館さきら中ホール(滋賀)、京都府立文化芸術会館(京都)、名古屋市芸術創造センター(愛知)、本多劇場(東京)、ナレッジシアター(大阪)、高知県立県民文化ホール(高知)、JMSアステールプラザ中ホール(広島)、西鉄ホール(福岡)、KAAT神奈川芸術劇場大スタジオ(神奈川)
出演:石田剛太、酒井善史、角田貴志、諏訪雅、土佐和成、中川晴樹、永野宗典、西村直子、本多力/岡嶋秀昭、中西ちさと、吉川莉早、川岡大次郎

 
 
エンタステージ
シェア / 保存先を選択