女性は共感すること必至!舞台『祝女~shukujo~』season2 ついに開幕!

レポート
舞台
2015.11.2
(前列左から)早織、ともさかりえ、友近、YOU、入山法子(後列左から)大村学、長谷川朝晴、堀部圭亮 撮影:宮川舞子

(前列左から)早織、ともさかりえ、友近、YOU、入山法子(後列左から)大村学、長谷川朝晴、堀部圭亮 撮影:宮川舞子

女ゴコロの機微を絶妙に描いたNHKの人気コメディ番組『祝女~shukujo~』が、新作エピソードを引っさげ、『祝女~shukujo~』season2として再び舞台化された。上司に言えずに飲み込んだ一言や実らなかった恋、女友達への小さなイライラなど、共感できるエピソード満載の本作に、TVシリーズ・舞台第1弾に続いて出演する友近とYOU、そして舞台版初出演となる、ともさかりえら出演者が10月28日(水)に、東京・草月ホールで初日挨拶と公開ゲネプロを行った。

関連記事:人気シリーズ最新作はまさかの特効あり?『祝女~shukujo~』season2製作発表

本作は、“女に生まれたアタシを祝う”をテーマに、仕事、休日、アフターファイブなどの女の日常生活の瞬間を切り取り、友人同士や主婦仲間、職場の先輩後輩、恋のライバルなど、さまざまな人間関係にある女たちの悲喜こもごもを描いたオムニバス形式のショートストーリー集。第2弾となる本公演では、TVシリーズで人気だったストーリーも登場し、女性たちの共感を呼ぶ。

見どころは、なんといっても女性が共感できるキャラクターとシチュエーション、そして思い切り笑える物語。演者たちが真面目に演じれば演じるほど、どこか滑稽で笑え、それでいて「わかるわかる!」とうなずいてしまうエピソードばかりなのだ。

この日に行われた初日挨拶には、友近、YOU、ともさかの3名に加え、入山法子、早織、堀部圭亮、長谷川朝晴、大村学も出席。
友近は「オムニバスのショートコメディになっていますので、初めて舞台を見る人でも見やすいと思いますし、飽きずに最後まで見ていただける仕上がりになっていると思います」と作品に自信を覗かせる。そして、「女性はもちろんですが、男性もこれを見て『女性はこういうことを思っているのか』と思っていただけたらいいなと思いますし、いろんな見方ができると思いますので、友達とワイワイ言いながら見ていただける楽しい舞台になっていると思います」と見どころを語った。

一方のともさかは、約1ヶ月半という短期間の稽古について「こんなに短期間でハイペースに作っていくのは初めてだったので、全く言葉の通じない知らない国に来てしまったような感覚」と振り返り、「今日から楽しく、地方もみんなで楽しく回りたいなと思います」と笑顔を見せた。

関連記事:“祝女”たちが帰ってきた!人気舞台の第二弾『祝女~shukujo~』2015年10月上演決定

舞台『祝女~shukujo~』season2は、10月28日(水)から11月6日(金)まで、東京・草月ホールほか、静岡、新潟、大阪、愛知、福岡で上演。

(文/エンタステージ編集部)

公演情報
舞台『祝女~shukujo~』season2

■期間:2015/10/28(水)~2015/11/6(金)
■会場:草月ホール
■脚本・演出:新井友香 たむらようこ 古賀文恵 内村宏幸
■総合監修:西川毅(NHK)
■出演:友近 ともさかりえ 入山法子 早織 YOU 堀部圭亮 長谷川朝晴 大村学
■公式サイト:http://www.shukujo-stage.com/​

※静岡、新潟、大阪、愛知、福岡でも上演。

エンタステージ
シェア / 保存先を選択