ネイサン・レインとウーピー・ゴールドバーグら、舞台『White Rabbit Red Rabbit』に出演!

ニュース
舞台
2016.2.14
左:ネイサン・レイン(C)Fuminori Kaneko / www.HollywoodNewsWire.net、右:ウーピー・ゴールドバーグ(C)Thomas Lau / HollywoodNewsWire.net

左:ネイサン・レイン(C)Fuminori Kaneko / www.HollywoodNewsWire.net、右:ウーピー・ゴールドバーグ(C)Thomas Lau / HollywoodNewsWire.net


大人気ファミリーコメディドラマ『モダン・ファミリー』などに出演し、演劇界でも精力的に活動するネイサン・レイン。彼が、『ゴースト/ニューヨークの幻』でアカデミー助演女優賞を獲得したウーピー・ゴールドバーグらと、オフブロードウェイの舞台『White Rabbit Red Rabbit』に出演することが明らかとなった。

米BROADWAY.COMによると、リハーサルもせず演出家もいないという『White Rabbit Red Rabbit』は、各俳優がステージに上がる時に初めて脚本を手渡され、その場でいきなり1回きりのステージを演じるという実験的な演劇だ。祖国イランから離れることを許されない若き戯曲家ナシム・ソレイマンポアーが自身の体験を綴った本作では、不条理なイランの現実が描き出される。

ネイサンは3月7日(月)、ウーピーは14日(月)の公演に出演し、3月21日には、ドラマ『FARGO/ファーゴ』シーズン2でソルヴァーソン保安官を演じたパトリック・ウィルソン、そして3月28日(月)の回には、ブライアン・デネヒー(『グッド・ワイフ』)が登板するとのこと。このほか、まだ日程は決まっていないが、アラン・カミング(『グッド・ワイフ』)とシンシア・ニクソン(『セックス・アンド・ザ・シティ』)、マーティン・ショート(『ダメージ』)といった、そうそうたる面々の出演も決定している。

2011年に英エディンバラ・フェスティバルで初演された本作は、11ヶ国語に翻訳され、今までに世界各地で200回にわたって公演が行われている。舞台の収益の一部は、文学を通じて諸国民の相互理解を深める団体「PEN International」に寄付されることになっている。

ネイサンやウーピーが舞台を踏む『White Rabbit Red Rabbit』は、3月7日(月)よりウェストサイド・シアターにて期間限定で上演される予定。

 

左:ネイサン・レイン(C)Fuminori Kaneko / www.HollywoodNewsWire.net
右:ウーピー・ゴールドバーグ(C)Thomas Lau / HollywoodNewsWire.net

 

(文/エンタステージ編集部)

エンタステージ
シェア / 保存先を選択