殺人鬼×ラブコメ舞台『サイコメ;ステージ』著者脚本で舞台化決定!主演は長江崚行

ニュース
2016.2.16
『サイコメ;ステージ』

『サイコメ;ステージ』


ファミ通文庫の新人賞である「エンターブレインえんため大賞」小説部門にて優秀賞を受賞した「サイコメ」が、『サイコメ;ステージ』として2016年3月に舞台化することが決定した。本作は、未成年犯罪者を集めたプルガトリウム更生学院を舞台に繰り広げられるハードコア系ラブコメ作品。今回、原作者である水城水城自らが脚本を手がけ、その世界観を存分に舞台の上で魅せる。

物語の舞台は、未成年犯罪者を集めた「プルガトリウム更生学院」。そこに冤罪で入学させられた神谷京輔(かみやきょうすけ)。周りを見ると美脚美女にゆるふわ系少女・・・なのに実は殺人犯。その上、京輔は異例の「12人殺した殺人鬼」として学院中の注目の的となり、正体不明な巨乳のガスマスク美少女・氷河煉子(ひかわれんこ)にまで迫られて―。死と隣り合わせの誘惑をくぐり抜け、京輔は無事に卒業できるのか?!

主人公・神谷京輔役を演じるのは、ミュージカル『ヘタリア』イタリア役を演じ、4月には『舞台 増田こうすけ劇場 ギャグマンガ日和 デラックス風味』への出演も控える長江崚行。ほか、『BIOHAZARD THE STAGE』でレベッカ役を演じた飛鳥凛、『戦国BASARA』シリーズ 前田慶次役の伊阪達也、『遙かなる時空の中で6』里谷村雨役の田中稔彦、『刻め、我ガ肌ニ君ノ息吹ヲ』紫役の元SDN48梅田悠、『逆転裁判2〜さらば、逆転〜』天野由利恵役の永吉明日香、阿部かれん(ハコイリムスメ)らが出演し、豪華な俳優陣で作品の世界観を表現する。

舞台化にあたり、原作者の水城は「まさかの舞台化。まさかの初・舞台脚本。まさかまさかの連続ですが、力の限り頑張りたいと思います!」とコメントを寄せている。

舞台『サイコメ;ステージ』は、2016年3月2日(水)から3月6日(日)まで東京・新宿村LIVEにて上演される。

(C)水城水城・生煮え/KADOKAWA
(C)2015「サイコメ;ステージ」製作委員会


(文/エンタステージ編集部)

エンタステージ
シェア / 保存先を選択