山口祐一郎、壮一帆、平野綾らが縦横無尽にハジけまくる!ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』開幕レポート!

レポート
舞台
2016.4.8
(提供:東宝演劇部)

(提供:東宝演劇部)


2016年4月4日(月)にシアタークリエで開幕した舞台『エドウィン・ドルードの謎』。トニー賞を5部門受賞し、観客の“投票”で二幕の流れが変わるという異色のコメディ・ミュージカルだ。今回はプレビュー初日の前日に行われたゲネプロ(公開舞台稽古)の模様をレポートしたい。

関連記事:結末は288通り!?ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』2016年4月開幕

(提供:東宝演劇部)

(提供:東宝演劇部)

青年エドウィン・ドルード(壮一帆)は婚約者ローザ(平野綾)と結婚し、エジプトに渡って建設業に乗り出そうとしていた。が、ローザの叔父で聖歌隊の指揮者・ジャスパー(今拓哉)や、インドからやって来た青年・ネヴィル(水田航生)らの横恋慕もあり、なかなか二人の恋は上手く進まない。クリスマスの晩、ジャスパーの家で開かれたパーティーに集まる人々。そこにはエドウィン、ローザに加え、牧師のクリスパークル(コング桑田)やネヴィルの双子の姉・ヘレナ(瀬戸カトリーヌ)らの姿もあった。パーティーのさなか、口論になるエドウィンとネヴィル…そして翌日、エドウィンは忽然と人々の前から姿を消す。果たして彼に何が起きたのか…。

…と、実はこれはとある一座が「ロワイヤル音楽堂」で上演している芝居のストーリー。そう、この作品は俳優たちが劇中劇を演じるという構造で進んでいくのだ。少々ややこしいが、例えば今拓哉は一座の看板俳優“今拓哉”役と、ジャスパー役の両方を演じる…という趣向。

(提供:東宝演劇部)

(提供:東宝演劇部)

そんな一見複雑とも思える劇構造を軽やかに観客にアテンドし、進行役として物語を牽引していくのが一座の座長を演じる山口祐一郎である。時に演出担当として共演者にツッコミを入れたり、時に役者が足りない!と言われ、自身も劇中劇に参加したり、二幕では即興部分のMC役を担ったりと八面六臂の大活躍。元々この人が持つ生活感のない不思議な雰囲気が本作での立ち位置と完璧にマッチし、何とも言えない化学反応を生み出している。彼の舞台をこれまで多く見て来た観客にとってはクスっと笑える小ネタパートも満載だ。

(提供:東宝演劇部)

(提供:東宝演劇部)

宝塚退団後の初ミュージカル作品参加となる壮一帆は、手慣れた感で男役を演じながら、座員“壮一帆”としても関西言葉を駆使し、チャーミングな一面を見せる(一時退場する際のファッションと台詞は必見!)。ローザ役の平野綾は、武器の一つである声を最大限に生かして笑いを取りつつ、締めるところはきっちり締めながら、可憐なヒロインを好演。実はローザとある縁で結ばれている阿片窟の女主人・パファーを演じる保坂知寿は、持ち前のコメディエンヌっぷりを如何なく発揮し、舞台上の熱量を上げつつ、シリアスな場面では美しい台詞と情感で観客の心を掴む。

(提供:東宝演劇部)

(提供:東宝演劇部)

そんな芸達者なキャスト陣の中、ひときわ異彩(?)を放つのが、一座の看板俳優で劇中劇ではキーポイントとなるジャスパー役を演じる今拓哉だ。深く、そして低く響く声を駆使し、基本ハイテンションで客席の笑いをさらっていく。出身劇団独自の発声法や、小ネタを真面目にこなす姿は秀逸の一言。昨年話題になったオリジナルミュージカル『HEADS UP!』以来、何かに目覚めたとしか思えないハジけっぷりから目が離せない。

イギリスの文豪、チャールズ・ディケンズが未完の小説として筆をおいた作品ということを逆手に取り、288通りもある結末は観客の拍手や投票で決めるという本作。その斬新さもさることながら、これだけ“濃い”キャストたちをしっかりまとめ、小ネタや笑いの部分を単なる内輪受けで終わらせなかった福田雄一(上演台本・演出)の手腕と、俳優を信じ、ミュージカルへの思いがしっかり伝わる構成に胸が熱くなった。

(提供:東宝演劇部)

(提供:東宝演劇部)

大舞台で主役を張って来たキャストたちが真剣にふざける姿を堪能しつつ、大いに笑って作品の結末作りに参加し、最後は幸せな気持ちで劇場を後に出来る本作。一度観劇すると、別の“結末”も観たくなること間違いなしの“快作”である。

ミュージカル『エドウィン・ドルードの謎』は4月4日(月)~4月25日(月)までシアタークリエ(東京・日比谷)にて公演中。東京公演千穐楽後は大阪、名古屋、福岡でも上演される。

(取材・文 上村由紀子)
 

公演情報
ミュージカル「エドウィン・ドルードの謎」
■日時・会場:
2016年3月27日(日)~29日(火)シアター1010
2016年4月4日(月)~25日(月)日比谷シアタークリエ
2016年4月28日(木)~5月1日(日)    大阪・サンケイホールブリーゼ
2016年5月4日(水・祝)~5月7日(土)名古屋・中日劇場
2016年5月14日(土)~15日(日)福岡・福岡市民会館

■原作:チャールズ・ディケンズ
■脚本・歌詞・作曲:ルパート・ホームズ
■演出:福田雄一
■出演:
山口祐一郎、壮一帆、
平野綾、水田航生、瀬戸カトリーヌ、コング桑田、
今 拓哉、保坂知寿
■公式サイト:
http://www.tohostage.com/edwin/

エンタステージ
シェア / 保存先を選択