いとうあさこが所属する劇団山田ジャパン次回公演『ソリティアが無くなったらこの世は終わり』5月上演

ニュース
舞台
2016.4.25
山田ジャパン『ソリティアが無くなったらこの世は終わり』

山田ジャパン『ソリティアが無くなったらこの世は終わり』


いとうあさこを筆頭にした個性派揃いの劇団“山田ジャパン”の次回公演『ソリティアが無くなったらこの世は終わり』が、2016年5月11日(木)より東京・CBGKシブゲキ!!にて上演される。山田ジャパンは、2008年6月に、日本演出者協会主催の若手演出家コンクール2007の優秀賞受賞メンバーを中心に旗揚げ。いとうあさこを筆頭にした個性派揃いの劇団員に加え、芸人、タレント、ミュージシャン、実力派劇団からの多種多様な客演陣を迎え、代表である山田能龍の創り出す独特の世界観を体現している。

本作は2010年に初演され、オールドファンから再演を熱望されていた作品。今回、キャストも一新し、脚本も大幅にリライトし、パワーアップして再演するという。

主人公・前田幸二は「考える」のを止め、面白くもないソリティアをただやり続ける日々。彼を取り巻く人間達が絡みあい、彼の現在の心の所在を明らかにしていく・・・。

出演は、いとうあさこ、ただのあさのふ、羽鳥由記、横内亜弓、大海エリカ、宮田幸輝、西岡大ら劇団メンバーに加え、ゲストにいしだ壱成、与座よしあき、あやまん監督(あやまんJAPAN)、楠本千奈(A-team Group)、瀬尾卓也、Kいち(劇団K助)、坂城君(チーズfilm)、傳田うに、須田暁、吉澤清貴(レティクル東京座)、野村龍一(天才劇団バカバッカ)、坂元龍馬を迎える。いしだは約5年ぶりの山田ジャパン作品への出演、与座はこれが初参加。

山田ジャパン『ソリティアが無くなったらこの世は終わり』は、2016年5月11日(水)から5月15日(日)まで東京・CBGKシブゲキ!!にて上演される。

エンタステージ
シェア / 保存先を選択