ミュージカルアニメ映画を舞台化した『アナスタシア』がブロードウェイへ舞台を移すことに!

SPICE編集部責任による画像掲載

SPICE編集部責任による画像掲載

舞台版『アナスタシア』が、2016~17年のシーズンに、ブロードウェイへ舞台が移されることが明らかとなった。本作は、20世紀FOXが初めて手掛け、1997年に公開された同名のミュージカルアニメ映画を舞台化したもの。米BROADWAY.COMが報じている。

1956年に公開されたイングリッド・バーグマン主演映画『追想』を下敷きにした『アナスタシア』では、ロシアのロマノフ王朝の皇女アナスタシアを巡る謎がストーリーの軸となる。宮殿で幸せな日々を送っていたアナスタシアは、魔法使いラスプーチンが皇帝一家にかけた呪いで勃発したロシア革命により、混乱の中で行方不明になってしまう。それから時が経ち10年後、アーニャと名を変えて孤児院で暮らしていたアナスタシアは、自分の出生を証明するペンダントを手にパリへ旅立つ・・・。

アナスタシア生存説を壮大かつロマンチックに描いた本作は、2016年5月12日(木)から6月12日(日)まで、コネチカット州ハートフォード劇場で期間限定上演された後、ブロードウェイで公演が開始されるとのこと。ハートフォード劇場で上演されるバージョンでは、ブロードウェイの舞台『マディソン郡の橋』『ウィケッド』に出演したデレク・クレナが詐欺師ディミトリ役、ブロードウェイミュージカル『マンマ・ミーア』で主演したこともあるクリスティー・アルトマレがアナスタシアを演じることとなっているが、二人がブロードウェイ版に続投するかどうかは明らかになっていない。

『紳士のための愛と殺人の手引き』で、2014年トニー賞ミュージカル部門演出賞を受賞したダルコ・トレズニヤックが演出を手掛けるブロードウェイ版『アナスタシア』は、シューベルト・シアターでの公演が決まっているが、現段階で上演日程やキャストなどの詳細は未定。

 (文/エンタステージ編集部)

エンタステージ
シェア / 保存先を選択