ミュージカル『ヘタリア』第2弾上演!ドイツ役は上田悠介、スペイン役は山田ジェームス武に決定

ニュース
2016.7.18
ドイツ役は上田悠介、スペイン役は山田ジェームス武

ドイツ役は上田悠介、スペイン役は山田ジェームス武


2015年12月に東京・Zeppブルーシアター六本木にて公演が行われ、大盛況のうちに幕を閉じたミュージカル『ヘタリア~Singin' in the World~』、通称“ヘタミュ”。その第2弾となる新作公演が、2016年11月に東京と大阪で上演されることが決定した。原作は日丸屋秀和による漫画『ヘタリア Axis Powers』で、世界史のエピソードや文化、習慣を反映したキャラクターたちが織り成す擬人化コメディ。

脚本はなるせゆうせい、演出は吉谷光太郎が、それぞれ初演に続き手掛ける。

出演は、イタリア役の長江崚行、日本役の植田圭輔、アメリカ役の磯貝龍虎、イギリス役の廣瀬大介、フランス役の寿里、ロシア役の山沖勇輝、中国役の杉江大志が続投。

ドイツ役は、ミュージカル『テニスの王子様』2nd Seasonで橘桔平役を演じた上田悠介が新キャストとして務める。また、今回新キャラクターとして登場するスペイン役には、舞台「黒子のバスケ」THE ENCOUNTERの高尾和成役で注目を集めた山田ジェームス武が決定した。

ミュージカル『ヘタリア』第2弾・新作公演は、11月10日(木)から11月20日(日)まで東京・シアター1010にて、11月26日(土)・11月27日(日)まで大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。チケットは、7月30日(土)より最速先行が開始。

(C)日丸屋秀和・幻冬舎コミックス/ヘタリア製作委員会
(C)ミュージカル「ヘタリア」製作委員会

 (文/エンタステージ編集部)

エンタステージ
シェア / 保存先を選択