劇団四季ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』が開幕、最終舞台稽古の様子をお届け!

レポート
2015.8.10

2015年8月8日(土)、東京・四季劇場[秋]において劇団四季ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』の最終舞台稽古の様子が公開された。東京公演は、2013年以来、約2年ぶりの再演となる。開幕を翌日に控えた劇場では、本番同様に緊張感溢れた稽古が進行。舞台全体の最終チェックが入念に行われた。

関連記事:『サウンド・オブ・ミュージック』は何位に?ブロードウェイファンが選んだ「ミュージカル映画のトップ10」が発表!

本作は、ミュージカル音楽の巨匠、ロジャース&ハマースタインの作曲・作詞コンビによる世界的名作。第二次大戦中、ナチス占領下のオーストリアで、人々を励まし続けたトラップファミリー合唱団の実話に基づき、創作された。1959年初演以来、世界各国で上演され続け、また1965年に製作された映画も大ヒット。今や“名作ミュージカル”として不動の地位を確立している。

また、四季が上演しているのは、2006年にアンドリュー・ロイド=ウェバー(『キャッツ』、『オペラ座の怪人』)がプロデュースしたバージョンであり、四季とロイド=ウェバーの確かな絆が、作品本来の魅力を存分に引き出していると各地(東京/大阪/福岡/名古屋 総公演回数:918回)で高い評価を受けている。

マリア役の江畑晶慧は、「わたしが歌う楽しさを知ったのは、子どもの頃に母と通った教会でした。『サウンド・オブ・ミュージック』のマリアを演じていると、その原点に立ち返るような心情になります。家族の絆、生きる喜び、平和への祈り、そして感謝の気持ちを込めて、精一杯、舞台を務めさせていただきます。」とコメントしている。

関連記事:劇団四季不朽の名作『コーラスライン』は、9月より自由劇場にて開幕!

劇団四季ミュージカル『サウンド・オブ・ミュージック』は、8月9日(日)より開幕。美しいストーリーと珠玉の名曲で彩られるミュージカルの代表作、ぜひ劇場でご堪能あれ!

公演情報
劇団四季 『サウンド・オブ・ミュージック』

期間:8/9(日)~
会場:四季劇場[秋]
作曲:リチャード・ロジャース
作詞:オスカー・ハマースタイン2世
脚本:ハワード・リンゼイ、ラッセル・クラウス
演出:ジェレミー・サムズ

エンタステージ
シェア / 保存先を選択