約10年ぶりに復活!浅利慶太プロデュース公演『アンチゴーヌ』2016年12月上演決定


フランス劇作家ジャン・アヌイによる傑作悲劇『アンチゴーヌ』が、2016年の浅利慶太プロデュース公演4作目として、12月7日(水)から12月11日(日)まで東京・自由劇場にて上演されることが発表された。同劇場での『アンチゴーヌ』の上演は、約10年ぶりとなる。

ギリシャ悲劇で名高いオイディプス王の娘・アンチゴーヌを主人公に、彼女とその叔父・クレオンの対立を描いた本作。古典劇の姿を借りながら、不条理な現実に対する痛烈な批判が込められた名作だ。

出演は、野村玲子(アンチゴーヌ役)、山口嘉三(クレオン役)、松本博之(エモン役)、坂本里咲(イスメーヌ役)、齊藤奈々江(ユーリディス役)ほか。(※都合により、変更となる場合あり)

浅利慶太プロデュース公演『アンチゴーヌ』は、2016年12月7日(水)から12月11日(日)まで、東京・自由劇場にて上演される。約10年ぶりとなる自由劇場での復活をお見逃しなく!

【ストーリー】
テーベの国ではオイディプス王の死後、二人の息子が争って共に倒れた。王に即位したクレオンは、良き兄エテオクルには盛大な葬儀を行い、弟ポリニスは反逆者として埋葬を禁じ、これを破った者は死刑に処すと命じた。だが、兄を思うアンチゴーヌはポリニスの亡骸に土をかけ、捕らえられる。姪で息子の婚約者でもあるアンチゴーヌを救いたいクレオンだが、死を覚悟した彼女の意志は固い。そこで、クレオンは二人の兄にまつわる隠された真実を告げる…。


 (文/エンタステージ編集部)

公演情報
浅利慶太プロデュース公演 『アンチゴーヌ』

■会場:自由劇場(JR東日本アートセンター 東京・浜松町)
■日程:2016年12月7日(水)~12月11日(日)
■作:ジャン・アヌイ
■翻訳:諏訪正
■演出:浅利慶太

■出演:
アンチゴーヌ:野村玲子
クレオン:山口嘉三
エモン:松本博之
イスメーヌ:坂本里咲
ユーリディス:齊藤奈々江
乳母:佐藤あかり
クレオンの小姓:古庄美和
衛兵:志村史人
衛兵:折井洋人
衛兵:山本航輔
伝令:桑島ダンテ
合唱:近藤真行
■公式サイト:http://www.antigone2016.com/
■チケット一般発売:11月6日(日)10:00


エンタステージ
シェア / 保存先を選択