江古田のガールズ『パル子の劇情』平田敦子を主演に劇団初のSFエンターテイメントに挑む!

ニュース
舞台
2016.11.22


2017年1月20日(金)から1月22日(日)まで東京・本多劇場に江古田のガールズ『パル子の劇情』が上演される。江古田のガールズは、2008年12月に山崎洋平が「楽しくておもしろくて分かりやすい娯楽(エンターテイメント)作品」の上演を目指して結成した劇団。3回目の本多劇場公演となる今回は、劇団初のSF作品に挑む。

江古田のガールズはパルコ劇場での公演を夢として掲げてきたが、休館に伴い8月に「パルコ劇場休館残念公演」としてホラー作品『ご不幸』を上演。今回は“ままならない人生”と“老朽化”をテーマとして、さらなる思いを形にする。

ゲストには、主演の平田敦子をはじめ、宮下雄也、外岡えりか(ボックスコーポレション)、井端珠里、奥田努(Studio Life)、谷口敏也(30-DELUX)、Sun!!、児玉絹世、織田圭祐、清水みさと、田島冴香、野村龍一(天才劇団バカバッカ)らを迎える。また、斎藤洋介が映像出演することも決定。

江古田のガールズからは増岡裕子、小林光、熊野利哉、佐野剛、カトウクリス、小川千尋、三軒茶屋ミワが出演する。

なお、各回開演の約30分前からは「三軒茶屋ミワの新春シャンソン・ショー」を開催(開場は開演の45分前)。

江古田のガールズ『パル子の劇情』は、2017年1月20日(金)から1月22日(日)まで東京・本多劇場にて上演される。

(文/エンタステージ編集部)

エンタステージ
シェア / 保存先を選択