舞台『メサイア-暁乃刻-』キービジュアル&ストーリー公開!映画タイトルも決定

ニュース
舞台
2016.12.11


情報戦を戦うスパイたちの過酷な戦いとたった一人の信じられるパートナーとの絆の物語を描く「メサイア」シリーズの最新作、舞台『メサイア―暁乃刻―』が2017年2月に上演される。そのキービジュアルとストーリーが明らかとなった。

【あらすじ】
“悠里淮斗”突然の失踪・・・。
白崎護は、何も告げることなく忽然と姿を消した自分のメサイアに戸惑いを隠せないでいた。これはなんらかの陰謀か・・・。それとも自分の半身とも言える存在であるメサイアの裏切りなのか・・・。何があっても淮斗を信じ続ける護は、一嶋の制止を振り切って淮斗の行方を追う。例えそれが、その身の破滅を招こうとも・・・。
時を同じくしてチャーチのシステムがハッキングされ全てダウンする事件が起きる。有賀と加々美を中心とした捜査によりハッカーの正体が判明する・・・。その正体はこの世には存在しない魂。「ネクロマンサー」と呼ばれる人工知能であった。
サクラ新入生、御池・柚木・小暮、北方連合の諜報員養成組織「ボスホート」、志倉が率いる警視庁の新組織「キンダー」、そしてチャーチ科学捜査班。それぞれ思惑は複雑に絡み合い、悠里淮斗の失踪によって生まれた小さな火種は大きな炎となって再び日本を焼き尽くそうとしていた。
すべて救えるのは・・・白崎護。ただ一人。

出演は、赤澤燈、井澤勇貴、杉江大志、橋本真一、山沖勇輝、長江崚行、安里勇哉、大塚公祐、伊藤孝太郎、山田ジェームス武、小谷嘉一、中原裕也、大澄賢也、ほか。脚本は毛利亘宏(少年社中)、演出は西森英行(Innocent Sphere)。

今回の物語は、2017年初夏に公開が決まっている劇場版に繋がるストーリーとなっている。そのタイトルが、映画『メサイア外伝―極夜 Polar night―』に決定したことも明らかとなった。こちらは玉城裕規、中村龍介がW主演し、山口ヒロキが監督を務める。

舞台『メサイア-暁乃刻-』は、2017年2月11日(土)から2月19日(日)まで東京・サンシャイン劇場にて、2月25日(土)・2月26日(日)に大阪・森ノ宮ピロティホールにて上演される。

(C)MESSIAH PROJECT
(C)2017舞台メサイア暁乃刻製作委員会

 (文/エンタステージ編集部)

公演情報
舞台『メサイア-暁乃刻-』

■日程:
2017年2月11日(土)~2月19日(日)東京・サンシャイン劇場
2017年2月25日(土)~2月26日(日)大阪・森ノ宮ピロティホール
■原作・ストーリー構成:高殿円(MESSIAH-警備局特別公安五係) 
■脚本:毛利亘宏(少年社中) 
■演出:西森英行(Innocent Sphere)
■出演:
赤澤燈、井澤勇貴、杉江大志、長江崚行、山沖勇輝、橋本真一 
安里勇哉、大塚公祐、伊藤孝太郎、山田ジェームス武、荒木健太朗、小谷嘉一 
中原裕也/大澄賢也 
アクションチーム:細川晃弘、北村海、浦家賢士、久田悠貴、杉浦雄一、石上龍成、坂本和基
■一般発売:2016/12/17(土)10:00~
■公式サイト:http://messiah-project.com/akatsuki/

エンタステージ
シェア / 保存先を選択