鈴木拡樹ら刀剣男士10人の登場にファン大興奮!舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺 BD/DVD発売記念イベントレポート


2016年5月3日(火・祝)に東京・シアター1010にて上演された舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺。そのBD/DVD発売記念イベントが、12月15日(木)から東京・福岡・大阪で再演される舞台に先駆け、12月2日(金)に神奈川・神奈川県民ホールにて開催された。イベントは第1部と第2部が行われたが、今回は第1部の模様をお届けしよう。

イベントには鈴木拡樹、荒牧慶彦、佐々木喜英、納谷健、北村諒、和田雅成、椎名鯛造、廣瀬大介、杉江大志、東啓介の総勢10名が登壇。大きな拍手に迎えられて登場した刀剣男士10人。イベントは各テーマごとのトークショー形式でスタート。

まず、ビジュアル撮影の思い出について、鈴木は「珍しいことなんですけど、撮影当日にたくさんの取材が入っていたんです。ビジュアル撮影に向けて、髪を切って調整したりとか、衣装の直しをしているところも撮影していて、この作品の注目度や期待度というものを改めて感じました」と振り返った。

続いて、東京・シアター1010での東京公演中におけるエピソードとして、鈴木が「初演なので、本当のスタートがこの東京公演だったんですよね。それで、開演前にお客さんが入場待ちで、2階ぐらいの所まで階段いっぱいに並んでると聞いたんですけど、劇場は11階なので、すごいことになっているなとビックリしました。幕を開けて印象的だったのは、オープニング終わりにみんなで『刀剣乱舞、始めよう!』と言った後に、拍手が起きたときはすごく嬉しかったですね。始まったぞという感じでしたね」と思い出を語った。

舞台でのお気に入りシーンについて、廣瀬が「俺はおヒデ様無双で、『そこだ!』って言うところ」と佐々木が演じるシーンを上げると、佐々木は「『そこだ!』は台本には無かったんですけど、実際のゲームにはあるので、それを入れたら、それで行こうとなったんですよ」と裏話を披露。さらに、廣瀬が「いつも俺は舞台の袖で、『100点!』と採点してました(笑)」と明かして、観客の笑いを誘った。

舞台の中で、初日から変更になった点を尋ねられると、和田は「軍議が多かったですね。2日目が終わってから“軍議シーンの軍議”が始まって、『その場のノリでやって』と言われたんですよ。特にマシュマロが口の中に何個入るかのチャレンジが一番焦りました(笑)」と笑いながら苦労を明かした。

「もしも自分が審神者だったら近侍に選びたいキャストは誰か」というテーマでは、荒牧が一人に選びきれずに、北村と東の二人を選び、「いつも二人と一緒にゲームをやっているので、仲良くゲームをやりたい」と理由を明かすと、全員から総ツッコミを受ける一幕も。一方で、荒巻を選んだ北村に対して、東は「1回、舞台をはけていいですか?(笑)」とコメントすると、会場から笑いが起こった。そんな北村は「3人で一緒にふざけて、楽しくできる感じですね」と仲の良さをアピールした。

そして、トークショー後には、10人が2チームに分かれてジェスチャーゲームを実施。負けたチームには激辛シュークリームを混ぜたロシアンルーレットの罰ゲームが行われ、荒牧が見事に引き当ててしまい、悶絶。予想外に白熱した試合展開と罰ゲームに、会場は大いに盛り上がった。

最後に、鈴木が「今回のDVDを観て頂いて、再演も観て頂くと、ちょっと驚く仕掛けが用意されています。その仕掛けも一緒に楽しんで頂けるような再演にしますので、ぜひ今から予習だと思って、何度もDVDを繰り返して観て頂けると嬉しいなと思います。再演にも力を入れて、皆さまに楽しんで頂けるステージにしますので、再演にもぜひご期待下さい」と観客へ呼びかけ、イベントを締めくくった。

舞台『刀剣乱舞』虚伝 燃ゆる本能寺(再演)は、2016年12月15日(木)から12月30日(金)まで東京・天王洲 銀河劇場にて上演される。その後、福岡、大阪にて公演を行う。各公演の日程は以下のとおり。

【東京公演】2016年12月15日(木)~12月30日(金) 天王洲 銀河劇場
【福岡公演】2017年1月7日(土)・1月8日(日) アルモニーサンク北九州ソレイユホール
【大阪公演】2017年1月12日(木)~1月17日(火) 大阪メルパルクホール

(取材・文・撮影/櫻井宏充)

エンタステージ
シェア / 保存先を選択