矢崎広が家城啓之の描くコントショー『魔王コント』で新境地に挑戦!

矢崎広

矢崎広


2017年4月に、家城啓之が脚本・演出を手掛ける舞台『魔王コント』が東京・本多劇場にて上演されることが決定。出演者には、ストレートプレイからミュージカルまで幅広い舞台作品で活躍する矢崎広をはじめ、石田明(NON STYLE)、小林且弥、望月綾乃、加藤啓、篠原正明、伊勢大貴、小林顕作という個性豊かな面々が揃った。

家城啓之

家城啓之

家城は、7月に20年に及ぶ芸人活動に終止符を打ち、現在はラジオパーソナリティ、脚本家、演出家として活動している。活躍中。今作は、そんな家城ならではの世界観で描くストレートプレイ・コントショーとして、人間と魔族の関係性の中に心理を追求する。

上演にあたり、脚本・演出の家城と、出演者の矢崎からコメントが届いている。

◆家城啓之(脚本・演出)
魔王コント。コントであってコントじゃありません。
人間の歴史や人類の未来に起きることも、すべてコントみたいなものだと思う時があります。誰が英雄で、誰が悪魔か?見る角度で真実は変わりますし、結局は何もかもでたらめでコントです。
芸人を辞めて脚本家になり、本格的に始動するコントショー最初の作品。
世界はコントであり、今作はコントであってコントではない!
さあ、あなたは魔王を殺せますか?

◆矢崎広(出演)
この作品は家城さんと直接お話しする機会があった際に、お聞きした作品の構想にとても惹かれ、さらに家城さんの作品への情熱や人柄から「ぜひご一緒したい!」と思い、出演することを決めました。家城さんとの初タッグは、自分にとって新たな舞台の分野への挑戦となりそうです。
またNON STYLEの石田さんや、初めてご一緒する方々、小林且弥さんや気心の知れた心強い方々との共演が、今からとても楽しみです。
『魔王コント』よろしくお願いします。

THE YASHIRO CONTE SHOW『魔王コント』は、:2017年4月12日(水)から4月16日(日)まで東京・本多劇場にて上演される。チケットの先行販売、一般発売は2017年2月18日(土)~。

 (文/エンタステージ編集部)

エンタステージ
シェア / 保存先を選択