新国立劇場バレエ団『ヴァレンタイン・バレエ』シンフォニック・バレエ、パドドゥに男性舞踊。粒揃いのガラ公演[ゲネプロレポート]

レポート
2017.2.17
テーマとヴァリエーション 撮影:鹿摩隆司

テーマとヴァリエーション 撮影:鹿摩隆司


新国立劇場バレエ団『ヴァレンタイン・バレエ』が2月17日(金)、18日(土)に開催される。今回は16日に行われたゲネプロ(17日のキャストによる総通し稽古)の様子をご紹介しよう。3部構成で新国立劇場バレエ団の特徴がよく出ていた公演だった。

■見応え満点!新国立劇場のバランシン

第1部は「テーマとヴァリエーション」。バレエ団はこれまでも「シンフォニー・イン・C」「セレナーデ」などのバランシン作品を上演しており、いずれも非常に満足度が高い。そして今回もまたその期待を裏切ることはなさそうだ。

今回「テーマとヴァリエーション」はバランシンが1974年に発表した、チャイコフスキーの「組曲第三番」の曲に振り付けたシンフォニック・バレエで、故国ロシアと振付家マリウス・プティパへのオマージュと言われている。古典のテクニックやステップが駆使され、プリンシパルの男女を中心に、ソリスト4組の男女にコールド・バレエが華やかな世界を繰り広げる。

テーマとヴァリエーション 米沢唯 撮影:鹿摩隆司

テーマとヴァリエーション 米沢唯 撮影:鹿摩隆司

主演は米沢唯福岡雄大の、久々のペア。テクニカルなこの作品にあって、ともに技術には定評のある両者の踊りは安心して観みていられるし、その技術にはやはり唸らされる。

4組のソリストもここ最近、高さの粒が揃ってきた男子が見栄えよく、また女性陣も安定の美しさ。なによりやはりコールド・バレエが見事だ。整然と揃ったなかに、しかし一人ひとりの顔の見えるような群舞はやはりこのバレエ団の真骨頂といえるし、舞台の隅々にまでいいムードが漂う。

雄弁で華やかな音楽が盛り上げるフィナーレは圧巻。日本のバレエ団の踊るバランシン作品で、ここまで見応えのある物が見られるのは観客としても実にうれしい。

なお18日の主演ペアは小野絢子奥村康祐。この2人のペアは初めてではないだろうか。こちらも楽しみだ。

■パ・ド・ドゥ集は初登場作品も

2部のパ・ド・ドゥ集は17日に登場する3組(「ドン・キホーテ」グラン・パ・ド・ドゥ/柴山紗帆&井澤駿、ソワレ・ド・バレエ/米沢 唯&奥村康祐、タランテラ/小野絢子八幡顕光)と、18日に黒鳥のパ・ド・ドゥを踊る木村優里&渡邊峻郁が登場した。

今回新国立劇場で初めての上演となるのが深川秀夫振付の「ソワレ・ド・バレエ」。星空のもと、グラズノフの「四季」にのせて踊られるロマンティックなパ・ド・ドゥである。

この日踊った米沢&奥村ペアは2015年「横浜バレエフェスティバル」でこの作品を披露している。2人にとっては実質2回目とあってか、両者の清潔感のあるキャラクターとともに、しかしよりムーディーに深化しており、当日が一層楽しみだ。

またバランシン「タランテラ」は2016年の「ニューイヤーバレエ」でも踊られたもので、今回は女性陣がパートナーを変えての上演となる。コケティッシュな魅力が炸裂する小野に、コミカルな持ち味と超絶技巧的な踊りに持ち味を発揮する八幡。それぞれの個性を生かした演目で、これも本番に期待が持てる。

2年目の木村と、新加入ながらすでに存在感を発揮しつつある渡邊のペアは、短いパ・ド・ドゥの部分でも物語の世界をつくりあげようという意欲が見えた。柴山&井澤ペアはそつなく丁寧に踊りをこなしていた。

タランテラ 小野絢子、福岡雄大(前回公演より) 撮影:鹿摩隆司

タランテラ 小野絢子、福岡雄大(前回公演より) 撮影:鹿摩隆司

■男子たちの演目「トロイ・ゲーム」

3部はロバート・ノース振付の男性8人による演目で、初演は2015年3月。男たちが組み手や拳闘を競いながらも、随所にコミカルな動きがちりばめられた男のバレエである。

2回目の上演ゆえ作品への理解度も増したのか、動きの緩急にはよりメリハリがついており、淀みない流れ。見る側も「こういう作品だっけ?」と改めて思わせられるところもある。

なによりこのバレエ団の男子たちは演技に衒いは一切なく、またチームワークもいいのだろう、シリアスからコミカル、コミカルからシリアスへの動きや表情が実に自然だ。

その一方で、この演目は動きの一つひとつがかなりハード。おそらく息をつく暇もないのではなかろうかと思うが、しかしそれぞれが実に楽しそうに踊っている。本番での弾けっぷりが楽しみだ。

様々な小作品が楽しめる『ヴァレンタイン・バレエ』。全幕公演とは違ったペアなども楽しめ、本番にも期待が持てる。

トロイ・ゲーム 撮影:鹿摩隆司

トロイ・ゲーム 撮影:鹿摩隆司



※掲載写真は前回公演のもの
 
公演情報
『ヴァレンタイン・バレエ』

■日時:2017年2月17日(金) 19:00~/18日(土) 14:00~

会場:新国立劇場オペラパレス

出演:新国立劇場バレエ団
 
●2017年2月17日(金) 19:00~
第1部「テーマとヴァリエーション」
米沢唯、福岡雄大
第2部 パ・ド・ドゥ集
「ドン・キホーテ」グラン・パ・ド・ドゥ
柴山紗帆、井澤駿
「ソワレ・ド・バレエ」
米沢 唯、奥村康祐
「タランテラ」
小野絢子、八幡顕光
第3部「トロイ・ゲーム」
福田圭吾、中家正博、池田武志、小口邦明、原 健太、福田紘也、宝満直也、髙橋一輝

 
●2017年2月18日(土) 14:00~
第1部「テーマとヴァリエーション」
小野絢子、奥村康祐
第2部 パ・ド・ドゥ集
「白鳥の湖」第3幕より 黒鳥のパ・ド・ドゥ
木村優里、渡邊峻郁
「ソワレ・ド・バレエ」
池田理沙子、井澤駿
「タランテラ」
米沢 唯、福田圭吾
第3部「トロイ・ゲーム」
八幡顕光、木下嘉人、小柴富久修、清水裕三郎、中島駿野、林田翔平、宇賀大将、八木 進

 
シェア / 保存先を選択