J ソロデビュー20周年を紐解く“J”から始まる20のキーワード

SPICER
J 撮影=富井昌弘

J 撮影=富井昌弘

画像を全て表示(5件)

LUNA SEAのベーシストとしても活躍しているJが、3月22日にソロデビュー20周年を記念したベストアルバム『J 20th Anniversary BEST ALBUM <1997-2017>[W.U.M.F.] 』をリリースする。20年間止まることなく、ブレることなく音を鳴らし続けてきたJに、 “J”から始まる20のキーワードをもとに、彼が歩んできたソロ20年、またJという人間を様々な角度から掘り下げていく。


◆1:JACKET

――ベストアルバムのジャケットのコンセプトを教えて下さい。

今まで自分をジャケットにしたことはあんまりなかったから、新鮮だったんで今回そうすることに。デザインは、デザイナーさんに何点か写真を渡したら最初にこういうものが上がってきた。俺の解釈ではね“20年を言葉で語るんじゃなく、四の五のいわないでこの音を聴け”みたいな風にも受けとれるから、俺らしくていいかなと思ったんだ。写真はカラーではなく、基本的にモノクロが好き。20年前にソロを始めたときも、昔から好きだったアントン・コービンというカメラマンにオファーしたりして。U2やメタリカとか、誰もが1度は見たことのあるジャケットを撮ってる有名なロックフォトグラファー。彼がモノトーンの写真を撮ってる人で、元々そういうジャケットを見て育ってきてるから、モノクロが好きなのかな。

◆2:JUDGEMENT

――本作はファンからのリクエスト投票を反映して作られたそうですが。ファン投票の結果を見てどんなことを感じましたか?

最初はファンのみんなからリクエストを集めるというアイデアに対して、本当のこというと俺は否定的だったんだ。俺自身のアルバムだから俺が全てをコントロールした方がいいと思ってね。でも、冷静に考えてみたとき、俺の20年でもあるけど、いつも一緒に熱くなってくれたみんなの20年でもあるから、面白いものができるかもしれないと思って。やってみたら、近年のライブでもプレイしている曲たちが上位にきてて嬉しかったね。それは、いまの自分自身を現わしてるものだと思うし。過去の曲であっても、いまでも失うことなくエネルギーを発し続けてるのかなという気持ちになった。曲を作るときは風化しない、いつまでもエネルギッシュな曲であり続けてほしいと思いながら書いてるので、LUNA SEAの頃から。その願いが通じたのかな。今作はそういうみんなの“熱”が作ってくれたアルバムだよ。逆に自分自身だけで曲を選んでいたとしたら、こうはならなかった。自分のことは自分が一番分かってるようで分かってないところもあるからね。20年間俺を見てくれてるみんな、LUNA SEAから見てくれてるみんなや、「Jさん、俺LUNA SEA見たことないんですよ」なんていうヤツらが選んでくれた曲だから、まさに俺自身が思う以上に“俺”のアルバムなんじゃないかな。なかでも、みんなの得票で1位になった「ACROSS THE NIGHT」っていう曲はソロの1stアルバム(『PYROMANIA』)に入ってる曲で。アッパーな曲ではなくバラードなんだよ。当時、書いた思いがみんなの元に強く響いてるとしたら、それは俺自身、ここまでの道筋は間違ってなかったんだなとも思わせてくれるし。当然その熱を、さらにこの先に運んでいくんだという思いにもなる結果だった。

◆3:JYUMON

――『W.U.M.F.』というアルバム名の、呪文めいた略語の解説をお願いできますか?

俺が使ってるベースに昔、殴り書きをした英文があって。“Wake Up Mother Fucker”というんだけど(笑)。それの頭文字をとった4文字。たくさんの後輩のベーシストから「僕のベースにも書いてほしいです」といわれたりするようなものになって。書いた当初は自分でもここまでみんながいってくれるような言葉になるとは思わなかった。最初は自分自身を鼓舞するため、ライブに来てるみんなを鼓舞するために書いた言葉だったけど、ある時から俺のキャッチフレーズみたいになってるね。20周年だからこそ、この文字をタイトルにするのは俺らしくていいんじゃないかな、と。あのベースの文字は、最後まで俺が手書きで書いてたんだよ。

◆4:JEWEL

――本作に収録された楽曲のなかで、Jさんのソロ人生を支えた宝物となった1曲をピックアップするとしたら?

すべての曲にそういう思いはあるんだけど、1stアルバムの1曲目の「PYROMANIA」かな。この曲は、ソロの物語をスタートする上で自分自身の決意表明になった曲だと思うから。当時ソロを始めたときの状況というのは、LUNA SEAもものすごいカオスだったから、その反動もあったし。世の中に対してのイラつきもあったし。ポジティブなこともネガティブなことも含んでのスタートだったから、そういう状況のなかで俺がソロをやるんだったら、俺自身の名刺になるようなアルバムにしなきゃいけない。その名刺は、ずっとずっと掲げ続けられるものであるべきだと思ったから、自分が聴いてきた音、自分のルーツに忠実なもの、自分がかっこいいと思うものを自分の中から生み出していこうと。周りにどう思われようが、それがどういう形になろうが。そういう気持ちでやったソロだった。「PYROMANIA」というタイトルは、俺がものすごいガキの頃にいたずらをして事件を起こして(笑)、それを自らタイトルにした。シャレも含めてね。これからこのサウンドで、いろんなものに着火していけたらなという気持ちでつけたものだね。

◆5:JESUS

――Jさんが愛用するベースアンプのキャビネットには、イエスの母であるマリア像のイラストが描かれています。それと同じペイントを施したベースも、デビュー20周年記念モデルとしてESPから期間限定生産されるそうですが。アンプに聖母マリアを施した理由を教えて下さい。

昔から車がすごく好きで。ローライダーのシーンでは昔からああいうマリアをペイントしたものがあって、これをアンプのエンクロージャーに描いたらカッコイイかな、と。単純にそれだけ。誰もそんなことやってる人はいなかったから、みんなびっくりするかな? なんてところでやってみたんだよ。それと、もともと宗教画を見たり、そういう本を読んだりするのが好きなんだ。自分のなかにすべて入ってくるのかといったらそうではないんだけど、その周りにある話、なんでこの宗教画が描かれたのかとか。それにまつわる出来事や人々の想い、何かを信じる尊さだったり、それによって争いが起きたりとか。そういう文化的な背景を知るのが好きなんだよね。いろんな国ごとにそういうものがあるっていうのも不思議だと思わない?

◆6:JUMP

――20年のソロワークのなかで、次のステージに向かうために一番ジャンプした時期、アルバムを挙げるとしたら?

いま思い返してみると、2枚目の『BLOOD MUZIK』から『Unstoppable Drive』『RED ROOM』までというのはものすごくいろんなものを背負ってソロをやってたのかな。LUNA SEAが終幕した後に背負う十字架みたいなものを、背負いながらやってた感じはする。だから、ものすごい力が入ってて、ボロボロになりながらやってた部分もあると思う。でも、それぐらい戦わなきゃいけなかった部分があった。じゃないと、自分のなかで決着がつかなかったんじゃないかな。何と戦っていたのかっていうと、多分、LUNA SEAの終幕以降の残像だよね。自分のなかから拭い去れるほど、まだ自分自身でも整理がついてなくて、周りもそうだったと思う。でも、そこで真正面から立ち向かって戦っていたからこそ、いろんなものが掴めたし、いろんなものが見えたんだと思う。あのときに、それこそ点滴打って作業するぐらいボロボロになるまでやってなかったら、見えないものをたくさん持ったまま時間が過ぎていって違うものになってたと思う。とにかく、俺はそこまでしても答えが知りたかった。自分自身の音楽のあるべき姿を。そうやってもがいていったから『RED ROOM』を作って以降、ジャンプアップできた気がする。

J 撮影=富井昌弘

J 撮影=富井昌弘

◆7:JIKAN

――ソロ20年という時間は長かったですか? 短かったですか?

気がつくと20年経っていた、というのが近いかな。感覚的には。ただ、思い返してみるとものすごいストーリーがあって、いろんなことがあったなって思う。そのすべてが自分にとって必要なことだったと思うし、そのすべてが繋がってるから。一つとして必要なかったものはないんじゃないかなと思う。

◆8:JAPAN

――日本といえば日本武道館。2003年に史上初、アリーナをオールスタンディングにして開催した日本武道館公演について聞かせて下さい。

あの当時に戻ってみると、武道館でアリーナをオールスタンディングにしてライブをやるというのは俺のライブが本当に初めてでね。そのときに俺が思ってたのは、音楽はいろんな形態があるのに、ライブの楽しみ方が一つしかないのは息苦しくないかなってこと。それで“武道館のアリーナをオールスタンディングでやれたら、いろんなジャンルの音楽があの会場でライブできるよね? やってみようよ”っていうところから始まったんだよね。俺が一発目だったから、ケガ人とか出して失敗したら当然その後はない。シーンの歴史自体を潰してしまうことになる。でも俺たちなら、そのリスクを背負いながらでも一つの形を作っていくことができるんじゃないかなと思って。周りのスタッフもね、その日失敗したらどうなるかというのは俺以上にものすごい考えてたと思う。だから、祈るような思いで当日も見てただろうし。やってみたら、最高に面白かったね。来てくれたみんなも楽しんでくれたし。みんなが無秩序なようで、すごく秩序のあるアリーナを作ってくれた。彼らが守った、彼らが作ったシーンが後に続いていったんだと思うんだ。俺はそのきっかけを作っただけでしかない。本当にあの会場にいたみんなが、次へと繋いだんだと思うよ。あれを見た会場の人たちが“こういう形もありか”と思った一つのケースになってくれたんじゃないかな。また武道館はやりたいね。今度はもっと面白いことになりそうだしね。

◆9:JOYFUL

――今作のリリースイベントでは、お客さんを目の前に、トークイベントも開催するそうですが。Jさんはこういうイベント、楽しめそうですか?

楽しみだよ。やっぱり、言葉でしか伝えられないことっていうのもあるから。ライブっていうのは、俺は音楽を楽しむ場所というのが前提だから、本当はあんまりMCが長いのを観るとちょっと違和感を感じたりするんだ。でも、こういうイベントではライブ以外のことも話せるから。俺がいま何を考えてるのかとかさ。みんなとそれを共有できるのが楽しみだね。

◆10:JUGENILE

――ベストアルバムのDVD/Blu-rayには過去に発表された全てのミュージックビデオが収録されています。若い頃の自分の映像を見て、どう感じましたか?

照れくさい部分もあるけど、そのときそのときがむしゃらに表現しようとしていた自分を愛おしく感じたり。その時代ごとにいろんなドラマがあったから、そういうものも含めて全てが愛おしく感じるよ。

◆11:JOURNEY

――旅行先でJさんオススメの場所があったら教えてください。

L.A.はすごく好きな街。車、バイク、音楽、エンタテインメント、好きなものがたくさんあるから。いままでで一番行ってる場所かな。でも考えたら、純粋に遊びで行ったことはないんだよ。まぁ、仕事半分、楽しみも半分みたいな感じではあるけど(笑)。そういう意味では俺、プライベートで旅行とかあんまり行ってないかも。行きたいな、までは思うんだけどね。

◆12:JYOUNETSU

――20年もソロで新作を創作し続けたパッション、その根源にある情熱とは?

さらにその根源を言葉にするなら“渇き”なんだよね。本当にね、満たされない自分がいるんだよ。当然、満たされようと思って曲を作ったりライブをしてきてるんだけど。一瞬なんだよね。一瞬だけ安堵するんだけど、その先にまた続きが見えるんだよね、“じゃあこうだったらどうなの?”みたいなものが。それが見えると、また追わずにはいられなくて。その連続。でも、いつかそういうものを感じなくなったり、見えなくなるときが来るんだろうなというのも思いながら、そこにいるので。よく考えてみたら、ずっと昔から俺はその両方を抱えながら突っ走ってきてる気がする。この先、渇きがなくなるときが訪れて、もうやるべき存在じゃないと思ったら辞めると思うな。俺、その部分に関しては潔癖だから。

◆13:JUNK

――好きなジャンクフードは何ですか?

俺、コーラをものすごい飲むんだよ(笑)。昔から好きなんだけど、ここ2年ぐらいは気がつくと飲んでる。理由はわかんないけど、気づいたら飲みたくなってる。あんまりよくないよね? 飲み過ぎは(苦笑)。

◆14:JIKEN

――20年間のなかで“やっちゃったな“という事件は?

ライブを開演15分前にキャンセルしたことかな。喉のコンディションが整わなくて。最終的に、赤坂BLITZのライブ(2008年8月12日)の本番15分前にキャンセルしたことがあるんだよ。自分ではやるつもりでいたから、直前まで病院に行って喉に注射も打って、最後の最後まで可能性を探ってたんだ。けど、どうしても声が出なくて。そのとき感じた悔しさがきっかけで、タバコをやめた。もしタバコを吸ってなかったらどうだったんだろうとか思って。昔、すっごいヘビースモーカーだったんだけど、それが原因ではないけど一つの要因かも。だったら自分のなかからそういうものを排除しいてかないとというので、やめるきっかけになったね。

◆15:JINX

――ステージに上がるとき、ライブ前にやるジンクスはありますか?

なんにもないんだよね、昔から。過去に、ものすごいプレッシャーや、イメージが整わないままライブを迎えたことはLUNA SEA時代からあることなんだよ。でも、ライブは始まる。俺がどんな状態でも。そして、ステージで求められることは、俺がどんな状態であろうが常にパーフェクトなものなんだよ。だったら、ジンクスとかあってもなくても一緒じゃねぇかなと思っちゃう。そういうものに左右されてること自体、無駄なんじゃないかと俺は思ってしまうので、ジンクスは昔からないね。

◆16:JOIN

――Jさんとファンをつなぐ言葉として、ライブの最後にいつもJさんは「次会うときまでくたばるなよ!」とおっしゃっています。これをいうようになったきっかけを教えて下さい。

いつからだろう? 自分自身でも憶えてないんだけど。“最高のライブをやったけど、でもこれが今日1日だけではなくて、次また俺たちはさらに最高のものを観たいし聴きたいし感じたいよな。だから、絶対次もまた会おう”。それを、俺っぽ言い方として「次会うまでくたばるなよ」っていったのが最初だったと思うんだけど。それだけじゃなく、いろんな意味のある言葉だし。それが一人歩きして、みんなの元に“約束”のように届いてくれてるなら、ずっと繋がってるみたいで、俺も嬉しいよね。

J 撮影=富井昌弘

J 撮影=富井昌弘

◆17:JUSTICE

――ソロをやるなかでJさんが貫き通してきた正義とは?

正義かどうかは分からないけど、自分自身の感覚に素直になるというのをやめなかったことかな。居心地が悪いものに対しては、素直に居心地が悪いと思うこと。そういう部分は大人になってないなと思ったり、いわれたりする部分かもしれないけど、そういうことではなくて。自分自身が自分自身であるためには、そこは譲れないんだよっていうところだから。それが俺の正義だったのかもしれないな。

◆18:JYOUSHIKI

――数多くのゲストを迎えての5日間連続ライブなど、Jさんがこれまで常識を覆すような独自のライブイベントを次々と展開してきた理由は?

純粋に、ライブを2DAYSやると初日を超えたいと思うよね? 初日の残像が2日目を作ってるから、だとしたら3日目のほうが、いや4日目のほうがすごいんじゃないか? みたいな発想で。それで、“これ1週間連続でこれやったら面白いよね”っていう単純な発想でやりだしただけ。もっというと、そこでいろんなジャンルのバンドと一緒にライブをやっていったらもっと刺激的なんじゃないかと。昔、いろんな国からバンドを呼んで『FIRE WIRE』というライブイベントをやったときも同じ感覚だった。俺なりのエンタテインメントというか、俺なりのロックの在り方を体現してるだけなんだよね。

◆19:JYAKUTEN

――Jさんの弱点は?

高いところはダメ。例えばこのビルもそうだけど、なんでエレベーターが透けてるの? あれは誰のために透けてんの? とかって思う(笑)。観覧車とかもすっごいダメ。あれも意味が分かんない。ジェットコースター系もまったく乗らないね。でもバンジーとかスカイダイビングはやってみたいとは思うんだよ? どんな感じなんだろうって。でもあれも、高いとこ行かなきゃいけないからな……(苦笑)。

◆20:J

――20年間ソロを歩み続けた自分に一言。

誇りに思うよ、と。そいつを掲げて、これからもぶっ飛んでってくれって感じかな。20年前はこんな場所にいるなんて想像もつかなかったし、イメージもできなかった。その瞬間その瞬間、全力でぶつかっていった先にあった場所だから。またこれからも、自分自身のなかでいろんなものを生んでいくだろうし、いろんなものにぶつかっていくだろうし。でもその先に何が見えるのか。自分でも楽しみだし。自分の感覚に素直に、これからもやんちゃにぶっ飛ばしていってほしいなと思う。

――では最後に。この後スタートするツアーについて、読者にメッセージをお願いします。

このアルバムを引っさげたツアーなので、昔の曲もいまの曲も全部ひっくるめて最強のツアーにしたいと思っています。是非みんなに遊びにきてほしいね。俺のライブは難しいこと考えずに、初めての人も騒いで嫌なもん吐き出して、楽しで帰ってってほしいな。


取材・文=東條祥恵 撮影=富井昌弘
ヘアメイク=大和田 京子(SLANG)

J 撮影=富井昌弘

J 撮影=富井昌弘


 
リリース情報
アルバム『J 20th Anniversary BEST ALBUM <1997-2017>[W.U.M.F.] 』
2017年3月22日(水)発売


●2CD(3,800円+消費税)TCD-20062~3
●2CD+MUSIC VIDEO(6,000円+消費税)
 DVD:CTCD-20058~9/B
 Blu-ray:CTCD-20060~1/B
●スペシャルBOXセット(12,000円+消費税) ※初回生産限定盤
 2CD+DVD+BAND SCORE+PHOTO BOOK:CTZD-20054~5/B
 2CD+Blu-ray+BAND SCORE+PHOTO BOOK:CTZD-20056~7/B
●F.C.Pyro.×mu-moスペシャルBOXセット(12,000円+消費税) ※初回生産限定盤
上記スペシャルBOXセットに、シリアルナンバープレートが装着されたFC会員限定仕様
 2CD+DVD+BAND SCORE+PHOTO BOOK:CTC1-20064~5/B
 2CD+Blu-ray+BAND SCORE+PHOTO BOOK:CTC1-20066~7/B

<収録内容>
●2CD
-DISC1-
01. BURN OUT (2011 Mix Version)
02. PYROMANIA (2011 Mix Version)
03. Die for you (2011 Mix Version)
04. Feel Your Blaze (2011 Mix Version)
05. Sixteen (2017 New Vocal Version)
06. GO with the Devil (2017 New Vocal Version)
07. break
08. Evoke the world (2017 New Vocal Version)
09. Go Charge
10. RECKLESS
11. addiction
12. Vida Rosa
13. here we go
14. If you can see me
15. NEVER END
16. one reason ※新曲
-DISC2-
01. ACROSS THE NIGHT (2017 Re-Recording Version)
02. Heaven (2017 New Vocal Version)
03. Graceful days (2017 New Vocal Version)
04. Tomorrow (2017 New Vocal Version)
05. NOWHERE (2011 Mix Version)
06. When You Sleep
07. Blank
08. Mirage #9
09. walk along -Infinite mix-
10. ray of light
11. white
12. baby baby
13. Endless sky
14. Everything
15. I know

●DVD/Blu-ray
新曲+全MUSIC VIDEO作品収録
01. BURN OUT
02. BUT YOU SAID I'M USELESS
03. alone
04. go crazy
05. Feel Your Blaze
06. GO with the Devil
07. NOWHERE
08. GET READY
09. break
10. Fly Away
11. TWISTER
12. walk along -Infinite mix-
13. RECKLESS
14. SALVAGE
15. I DON'T KNOW
16. Vida Rosa
17. BURN OUT -2011 ver.-
18. here we go
19. NEVER END
20. I know
21. one reason ※新曲

●BAND SCORE
リクエスト投票で各カテゴリー1位となった12曲と新曲「one reason」の計13曲収録
01. ACROSS THE NIGHT (2017 Re-Recording Version)
02. Die for you
03. Graceful days
04. GO with the Devil
05. NOWHERE
06. Evoke the world
07. Mirage #9
08. addiction
09. Vida Rosa
10. Endless sky
11. NEVER END
12. I know
13. one reason ※新曲

●PHOTO BOOK
最新撮り下ろし写真に加え、デビューから20年の歴史を彩ったアーティスト写真やライブ写真を、
未公開ショットも交えてパッケージしたフルカラー写真集

◆BEST ALBUM特設サイト http://avex.jp/j/20thbest/

 

ライブ情報
J 20th Anniversary Live Tour 2017 W.U.M.F.
2017年5月5日(金祝) 大阪 BIGCAT 
2017年5月13日(土) 高崎 club FLEEZ
2017年5月14日(日) 柏 PALOOZA
2017年5月21日(日) 札幌 cube garden
2017年6月3日(土) 高松 DIME
2017年6月4日(日) 岡山 IMAGE
2017年6月10日(土) 金沢 AZ
2017年6月11日(日) 名古屋 CLUB QUATTRO
2017年6月17日(土) 福岡 DRUM Be-1
2017年6月18日(日) 広島 CAVE-BE
2017年6月24日(土) 仙台 Rensa
2017年6月25日(日) 東京 EX THEATER ROPPONGI(ツアーファイナル) 

全公演チケット料金:前売¥5,300(税込/ドリンク代別)

 

 

イベント情報
J 20th ANNIVERSARY SPECIAL EXHIBITION
-J MUSEUM W.U.M.F.- 

開催場所:ESP MUSEUM (渋谷)
開催期間:3月18日(土)~4月2日(日) 
詳細はコチラのサイトにて:http://www.espguitars.co.jp/museum/

 

シェア / 保存先を選択