レイ・チェン 無伴奏ヴァイオリン・リサイタル 若き名手が再びバッハに挑む

レイ・チェン

レイ・チェン


 レイ・チェンの名前を私たちが知ったのは、2009年のエリザベート王妃国際音楽コンクール(ブリュッセル)で優勝した時だったと思う。しかし、それ以前から彼はメニューイン・ヴァイオリン・コンクールで優勝し、あのマキシム・ヴェンゲーロフに認められて活躍を開始するなど、すでに国際的なキャリアを築いていた。

 1989年台湾生まれ。4歳の時に鈴木メソッドでヴァイオリンを始め、移住したオーストラリアで8歳にしてオーケストラと共演。2005年にはアメリカのカーティス音楽院に入学し、アーロン・ロザンドの元で研鑽を積んだ。エリザベート王妃国際コンクールで優勝したのはまだ20歳の時だったのである。

 10年に来日した時の演奏会はいずれも絶賛されたが、翌11年の6月にトッパンホールでJ.S.バッハの無伴奏ヴァイオリン曲の全曲演奏を行い、その評価をさらに高いものにした。そして今年、再びバッハの無伴奏曲全曲の演奏会を行う。会場はサントリーホール(大ホール)。ちなみにサントリーホールは2月上旬から8月一杯は改修のために休館しているので、レイ・チェンのコンサートが行われる9月には改修後の新しい響きも味わうことができるだろう。

 素晴らしいテクニックの持ち主であるレイ・チェンだが、それに溺れること無く、音楽的な観察力を研ぎすませ、立体的な音楽の世界を展開して見せてくれる。見事な構築力を感じさせる彼のバッハを聴くのが楽しみである。

文:片桐卓也
(ぶらあぼ 2017年3月号から)


レイ・チェン 無伴奏ヴァイオリン・リサイタル
9/30(土)18:30 サントリーホール
問合せ:コンサートイマジン03-3235-3777
http://www.concert.co.jp/

WEBぶらあぼ
シェア / 保存先を選択