A9 デビュー12年を経て過去最高に振り切った、バンドの結束力とその源にあるもの

SPICER
A9 撮影=大塚秀美

A9 撮影=大塚秀美

画像を全て表示(12件)

デビューからすでに12年。いまなおヴィジュアル系バンド屈指の華麗な存在感を放つ彼らが、お笑いまでできてしまったら最強じゃないか。今年に入って行なったツアー『【BLACK PERIOD】Dress code:BLACK』以降、対バン相手のステージに乱入しては歌い、自身のライブではサンシャイン池崎ならぬ“サンシャインNao”としてネタを披露し、ただいま絶好調に振りきっているNao(Dr)のおかげで(?)猛烈な弾けっぷりをみせているA9。A9として初のシングル「MEMENTO」、初のフルアルバム『IDEAL』、そしてアルバムリリースと同時に始まる全国ツアーについて、たっぷりと語ってもらった空前絶後のインタビューをお届けする。

バンドの状況が目まぐるしく変わるなか、すごい混沌とした状況と精神状態だったときに救いになったのは、ファンのみなさんの言葉だった。

――先ずは『【BLACK PERIOD】Dress code:BLACK』ツアーから、Naoさんがなぜドラム以外の異彩を放ち出したかというところから聞いていきたいと思います。SPICEではDIAURAとのツーマンライブをレポートさせてもらったんですけど。あのときの共演は、Naoさんから申し込んだんですか?

Nao:初対面で、朝挨拶をして。ツアーでその前にやったDEZERTも乱入したんで「今日もいいですか?」と聞いたら「ぜひぜひっ」と快諾してくれたんで、やりましたね。

――でも、Naoさんが乱入したとき、yo-ka(Vo)さんすごく驚いてらっしゃいましたよね?

将(Vo):俺もそこはすごい憶えてて。それまですごいDIAURAの世界観を作ってたのに、Naoさんが出ていったら「本当にきた!」って、心の声が思わず口から出ちゃってましたからね(笑)。

Nao:本当にやるとは思ってなかったのかな。

――そうやって対バン相手のライブにボーカリストとして乱入したり、さらには自分たちのライブでは“サンシャインNao”になるなど、現在、空前絶後の勢いでNaoさんがブレイク中で(笑)。そもそもサンシャインNaoはどんなきっかけでやりだしたんですか?

Nao:分っかんない(笑)。あれ、なんでだっけ?

虎(G):誰もやれとはいってないのに勝手にやってたんだよ(笑)。

ヒロト(G):ツアー初日に突然やりだしたよね。

:(サンシャイン池崎のネタを)よく知ってるなと思って。俺ですら後半のところしか知らなかったから。だから、これは完全に憶えてきたなと思った。

Nao:俺は何年も前から知ってましたから。

:なんで知ってんの?(笑)

Nao:下積み時代からのネタも知ってるので。TVでこんなに見れる時代がきて感動ですよ。

――NaoさんがサンシャインNaoになってあのネタやってるときは大爆笑ですから。

Nao:来てくれたみなさんが、あれで一瞬でも笑顔になれる時間が増えたならやった甲斐がありますね。

A9/将(Vo) 撮影=大塚秀美

A9/将(Vo) 撮影=大塚秀美

ここまでドス黒い歌詞はなかったので、綺麗な歌詞が好きといってくれる人たちをいい意味で裏切れたらなと思います。

――このツアーでA9DEZERTDIAURA、ペンタゴンという若手V系バンドとツーマンをやろうと思った一番の動機は?

:僕らの結成1~2年の頃は、いわゆる“叩き上げ”というよりは最初からある程度の動員があったので、階段を1段飛ばしでどんどん駆け上がっていく感じで。活動形態もワンマンばかりになっていったんですね。だから、ライバルと切磋琢磨して叩き上げていくという時期があまりなくて。でも、事務所を出てイベントに出演するようになってみたら、俺らは完全に浦島太郎状態で。他のバンドを交えたライブがすごく刺激的だったんですよ。そういうなかで去年12周年を迎えて。そこで僕らは原点回帰するライブをやったことだし、ここからもう1度バンド結成1年目からやり直していくつもりで、ライブハウスで後輩とか若手とか関係なしに戦える相手を探してやろうと。それが一番の動機ですね。

――そうして、このツアー終了後の2月28日にシングル「MEMENTO」をドロップしました。今日は「MEMENTO」を、しりとりしながらメンバー全員で曲紹介していただこうという企画を考えてきたんですが。

:じゃあ僕からいきますね。「形見を意味するぐらいの思いで」。

ヒロト:で? ……。「でかいスケール、かつ煌びやかな要素もあり」。

Nao:あり、り、り……「リアルに感じられるこの曲は(声のボリュームが上がって)空前絶後の(一同笑)超絶怒涛のA9ニューソング! バンギャを愛し、バンギャに愛された歌! あまりにバンギャに愛されるが故に「春夏秋冬」、「RAINBOWS」、「the beautiful name」から恐れられているこの曲!」

:まだ続くんだ(笑)。

Nao:「BPM200、ドラムの出だしのフィル16分(音符)、めちゃめちゃドラム始まりで緊張する、A9ーっ! ME・ME・ N ・TOぉーーっ!!」

:それじゃ終わっちゃうだろ(笑)。

Nao:「イエェェェーイ」。はい、次(笑)。

:うわっ。なんにもいうことないぐらい全部いっちゃったよ(苦笑)。「いい感じにヴィジュアル系してます」。はい次。

沙我:す? ……もうホントないから(苦笑)。す……「SMAP解散」。はい、“ん”で終わった。

:素晴らしいオチ(笑顔)。

A9/ヒロト(G) 撮影=大塚秀美

A9/ヒロト(G) 撮影=大塚秀美

積み上げてきたものと、ここから何が始まるんだろうというワクワクや期待感が合わさったようなツアーにしたいなと思います。

――見事な連携プレイでしたね。この曲はどんなコンセプトで作ったんですか?

沙我:対バンしていくうちに“A9らしさとはなんだ”という永遠の課題にぶち当たった訳ですよ。いろいろやってるバンドだから、どこを切り取ってもその一部でしかない。なら、全部詰め込んでしまえと。1曲で“これがA9のすべてだ”といえるぐらいの要素が詰まった曲を作ろうというのがコンセプトでした。あとはライブ、特に対バンとかで力を発揮する曲が欲しかった。対バンのセットリストを作るとき、すごい苦労してたんですよ。メジャーのレコード会社を3社渡り歩いた結果「ヤバい、ライブ向きの表題曲がない」ってことに気づきまして(苦笑)。

:キングレコードだけは表題曲に対して何もいわなかったけど、そのときは事務所内で選曲会があって。キング以外のところはディレクターさんから明確にこういう曲が欲しいといわれて、僕らは作ってましたから。

――ここまで表題曲がハードで攻めてる感じのシングルは本作が初ということですか?

沙我:キング時代に出した「九龍-NINE HEADS RODEO SHOW-」と「RAINBOWS」以来ですね。でも「九龍~」は気づいたら表題曲になってたパターンで(笑)。「RAINBOWS」は当時のA&Rに「これ表題曲じゃないでしょう」と散々いわれた曲なんですよ。でも、2曲ともいまも残ってますから(笑)。やっぱ、バンドはバンドらしいものを出せばいいんだと思った。「MEMENTO」は確実にメジャーメーカーでは絶対シングルにはしてもらえなかった曲です。

――歌詞の背景にはとてもネガティブなモードがある気がしましたが。

:ああー。ちょうどバンドの状況が目まぐるしく変わるなか、すごい混沌とした状況と精神状態だったんですよ。そこで救いになってくれたのは、やはりお客さんとバンドで作ってきた空間の思い出で。そういう光に向かってまた手を伸ばしたい、そう思わせてくれるのはファンのみなさんの言葉だったりするんですね。この楽曲は混沌とした世界からサビでパーンと広がるイメージなので、そういう感情しかリンクしないなと思って、ネガティブなことをいってるけど光に向かって救いの手を伸ばしてる歌詞になったんじゃないかなと思います。

――事実、そうやってなにがあっても光に向かって手を伸ばし、みなさんはずっとバンドをやり続けてこられた訳ですけど。12年間、同じメンバーでやり続けられた要因はなんだと思いますか?

Nao:やりきってないからですね。やれることがまだまだあるから。

:Naoさん、こうやってたま~にまともなこともいうからびっくりするよ(笑)。

ヒロト:いきなりいうからね。

Nao:イヤイヤイヤ。いつもまともだけど。

沙我:最近もいきなり「目を二重にする」とかいいだして。やりきってなくて。

:やれることがまだあったって(笑)。

沙我:(“サンシャインNao”で)フロントに立ち始めて、美意識が高くなったのか。

――あー、なるほど(笑)。

Nao:スケジュールを見たら、木曜日に“Nao整形”って書いてあったんですよ(笑)。

:みんながそれ見て怯えて(笑)。

沙我:「マジか、それバレるだろう」って。

Nao:本当は肩の凝りがひどくて整形外科に行っただけなんですけど(笑)。

沙我:それが短縮して書かれてたもんだから。

:スケジュール2度見しましたね(笑)。

――ぶはははっ(笑)。

:で、なんで続けてるかっていうことですけど、大昔に高田馬場の居酒屋でNaoさんに「なんでも話そう」みたいなことをいわれて。

Nao:あー。なんかそれ憶えてる。

:そこから、家族よりもなんでも話せる存在としてやっていく土台ができた気がして。僕はそれが続いてきた秘訣かなと思うんですよね。

Nao:バンドはチームプレイですから。団結してやっていくためには、この感じが大事なんですよ。せっかく同じ夢を描いたのに途中で諦めたらもったいないんで、お互い理解しあってやっていかなきゃ。イエェェェーーイ! ジャスティス!!!!!


 

――絶好調ですね、Naoさん(笑)。そしてこの「MEMENTO」のMVは虎さんが編集されたそうですが。映像の勉強をされてたんですか?

:いいえ。全部YouTubeで学んで(笑)。

:たまには本当のことをいうのも大事なんだよ?

:僕、映像に昔から興味があったんで(キッパリ)。いろいろ自分で勉強したんです。

沙我:エロも含めて、ね。

:そこでも学びました(笑)。

――音楽を作ることと映像を作ること。虎さんのなかでは感覚的には似てるんですか?

:同じっスね。ぶっちゃけ、音楽よりも映像の方がハッキリしてるじゃないですか? 音楽って、自分で作ってるときはふわっとした感じなんですよ。いいか悪いかだけで判断しづらいから評価が難しい。でも映像は、いいか悪いかを判断しやすいし、分かりやすい。そこは作ってて“楽しい!”って思いますね。あと、自分の好きなものを作れるというところは両方似てます。

A9/虎(G) 撮影=大塚秀美

A9/虎(G) 撮影=大塚秀美

最近は映像の編集は大体覚えたからカメラの勉強ばっかしてます(笑)。

――今回の「MEMENTO」のポイントになったところは?

:メンバーのいいところを抜いたつもりなんで、そこはメンバーだからこそ分かるところなんですよ。見れば“ここを使って欲しいんだろうな”というのは分かるんで。そこは、MVを作るという概念では選んでないんですよ。普通の監督だったらここにこういうショットは入れないんだろうなというところも、でもこのメンバーのこういう顔をお客さんは見たいよなっていう視点で選んでるから。そこが強めに出た作品になったと思うんです。

Nao:でも、それを突き詰めちゃうと自分で撮ったほうがいいやってならない?

沙我:「俺がカメラ回すぞ」って。

Nao:「もっといい素材を俺なら撮れるぞ」ってなるもんね。

:そうなんだよ! だから、最近は映像の編集は大体覚えたからカメラの勉強ばっかしてます(笑)。

――ということは、虎さん監督デビューもない訳じゃないということ?

沙我:そのうちA9のMVの映像には虎がいなくなって。

ヒロト:4人だけ?

:そこは合成でなんとかなるから(笑)。

:俺ら4人は虎さんが撮って、虎さんのソロショットだけマネージャーの大橋君にカメラ持たせて、虎が「はい、そこズーム」って自らディレクションしながらやる。

一同:(笑)。

:できれは撮りたいんだよ。

:最近、いいMVだなと思って見てたら、昔対バンしていたドラマーの子が撮影してて。バンドマンってそういう才能あるんですよ。

沙我:じゃあ、虎は将来ヴィジュアル界の高橋がなりだな。

:高橋がなりって誰だっけ?

沙我:ソフト・オン・デマンド創業者。

Nao:“虎”(『マネーの虎』というTV番組出演でその名が全国区に広まった)だけにね。

:アダルト業界か(笑)。

A9/沙我(B) 撮影=大塚秀美

A9/沙我(B) 撮影=大塚秀美

原点回帰したいまだからこそ作れるんじゃないかって作ってみたら、単純にアップデートしただけじゃない、結果的に新しいA9になったんじゃないかな。

――ではそんな虎さんが作った2曲目の「荊棘」。こちらはどんなコンセプトで作った曲ですか?

:沙我君から“第二の「九龍~」”みたいな曲を作ってくれ、といわれて。「九龍~」は激しくて、ダウンチューニングで。お客さんが逆ダイするシーン、頭を振れるシーンと、シーンごとに分かりやすく曲が切り替わるんだけど、サビのメロディーはしっかりしてる。それとまったく同じコンセプトで作った曲ですね。

沙我:でも、聴いたらテンポが「九龍~」の倍ぐらいの速さだったから、話が違う!

Nao:「九龍~」じゃねぇよって。

:グハハハッ(笑)。

――こちらの歌詞がまた恨み、つらみ、本当に“罵詈雑言のオーケストラ”になってて。

:呪いのような歌詞ですね。ここまでドス黒い歌詞はなかったので、綺麗な歌詞が好きといってくれる人たちをいい意味で裏切れたらなと思います。

沙我:この間、インストアをやったときにヒロトさんと「この歌詞はメンバーの誰のこと歌ってるんだろう」って話になって。

ヒロト:お互い自分のことだったらどうしようって話してたんだけど。

:メンバーじゃないから(笑)。

A9/Nao(Dr) 撮影=大塚秀美

A9/Nao(Dr) 撮影=大塚秀美

バンドはチームプレイですから。せっかく同じ夢を描いたのに途中で諦めたらもったいないんで、お互い理解しあってやっていかなきゃ。

――ではこのシングルに続いて4月12日にはA9初のフルアルバム『IDEAL』(読み:イディアル)が発売されます。アルバムのタイトルの意味は?

:沙我君と話をしてるときに、裏テーマとしてバンドのいままでの歴史のなかで、ファンのみなさんに愛されてる楽曲たちをもう1回再定義するようなアルバムにしたいというのが出てたんですね。それで、“IDEA”という理想を表す単語と“REAL”という現実を表す単語。その理想と現実の間で審議をしていきたいなという自分のなかのテーマがあったので。それでIDEAとREALを足して、IDEAL(イディアル)というタイトルをつけました。

――現在レコーディング中(取材は2月末に実施)のアルバムは、どんな作品になりそうですか?

沙我:1stアルバムみたいなものを作りたいなというイメージがあったんです。だから、今回はバンドの得意なもの、根本にあるような曲だけを集めたようなアルバムです。全部が十八番、みたいな。1stアルバムってそういうものだと思うんですよ。バンドって、そういうものを1枚目に作って、それをベースにどんどん進化していくものだから。なので、いままでは“前とは違う新しいものを”という意識で作ってきたんですけど。今回そこは真逆の発想ですね。あえて過去をアップデートしたようなものを作ろうと。原点回帰したいまだからこそ作れるんじゃないかなってところで作ってみたら、単純にアップデートしただけじゃないアルバムになりましたね。結果的には、新しいA9になったんじゃないかな。まだレコーディング中ですけど。

:このスケジュールでちゃんと歌詞書けたら、みんな俺に感謝してほしいよ(笑)。

沙我:将さんに女の子を紹介するという契約をしてます(笑)。とっておきの美女を。

:(即座に)してないからっ!

――ではアルバムが無事完成することを祈って。最後に、このアルバムを携えて4月12日から始まる全国ツアー『A9 2017 TOUR IDEAL HORIZON』の抱負をお願いします。

:バンドも気づけばもうすぐ13年目。すごくいろんな楽曲が混在してるバンドになってますけど、でもA9のライブに行ったらどんなにハードでダークな曲をやっても光が見えるとファンの方々がおっしゃってくれるので、今回のツアーも足を運んでいただければ、絶対に幸せにしてみせます。だから、迷わずに来てほしいなと思います。

ヒロト:積み上げてきたものと、それこそ1stアルバムを出した頃のようにここから何が始まるんだろうというワクワクや、まだ見たことないけど理想に向かって進んでいこうとする期待感。それが合わさったようなツアーにしたいなと思います。

:フルアルバムは久しぶりなんで、ライブの空気が変わるこの瞬間を見逃すことなく、乗り遅れるな!

沙我:よりハードに、さらに今回はバンドの深い部分も出していけるので楽しみですね。

Nao:3年ぶりのシングルとA9初の渾身の熱きフルアルバムをひっさげてのツアーなんで、ぜひ足を運んでもらいたいですね。あと、もっと知ってほしいですね。俺のヤバさを(笑)。


取材・文=東條祥恵 撮影=大塚秀美

A9 撮影=大塚秀美

A9 撮影=大塚秀美

 

リリース情報
シングル「MEMENTO」
2017年2月28日(火)発売
【初回限定盤A】CD+DVD NINE-0004 ¥2,000+税
初回盤A

初回盤A

【初回限定盤B】CD+DVD NINE-0005 ¥1,800+税
初回盤B

初回盤B

【通常盤】CDのみ NINE-0006 ¥1,200+税
通常盤

通常盤

 

アルバム『IDEAL』
2017年4月12日発売
【初回限定豪華盤】豪華ブックレット仕様
[CD] NINE-0007 ¥3,300(tax out)
初回盤

初回盤

【通常盤】
[CD] NINE-0008 ¥3,000(tax out)
通常盤

通常盤


<収録曲>※初回限定豪華盤・通常盤共通
1. REAL-Instrumental-
2. IDEA
3. MEMENTO
4. 造花の代償
5. UNDEAD PARTY
6. ECHO
7. 荊棘
8. 輪廻と一夜の物語
9. Adam
10. ONE
Manufactured by NINE HEADS RECORDS

※詳細はオフィシャルサイトへ 
http://a9-project.com/

 

ライブ情報
A9 2017年ツアー『IDEAL HORIZON
4/12(水)    新宿ReNY 18:30/19:00
4/14(金)    福岡DRUM Be1 18:30/19:00
4/16(日)    熊本B.9 V1 17:00/17:30
4/18(火)    岡山IMAGE 18:30/19:00
4/19(水)    京都MUSE 18:30/19:00
4/21(金)    名古屋E.L.L. 18:30/19:00
4/23(日)    金沢AZ 17:00/17:30
4/24(月)    新潟NEXS 18:30/19:00
4/28(金)    仙台darwin 18:30/19:00
4/30(日)    札幌KRAPS HALL 17:00/17:30
5/4(木・祝)    Zepp Osaka Bayside 17:15/18:00
5/7(日)    Zepp DiverCity(TOKYO) 17:15/18:00

A9×少女-ロリヰタ-23区 2MAN TOUR
「九二十三-NINE TWO THREE-」

6/24(sat)郡山HipShot -沙我Birthday-
7/5(wed)大阪 BIGCAT -将Birthday-
7/6(thu))岡山CRAZY MAMA KINGDOM -リョヲ丞Birthday-
7/9(sun)名古屋ReNY
7/16(sun)新宿BLAZE【TOUR FINAL】
※詳細後日発表
シェア / 保存先を選択