パリ・オペラ座『バレエ・リュス』が吉祥寺オデヲンにてアンコール上映中

ニュース
2017.4.9
パリ・オペラ座『バレエ・リュス』より「ペトルーシュカ」

パリ・オペラ座『バレエ・リュス』より「ペトルーシュカ」


セルゲイ・ディアギレフ生誕145年記念として、2017年3月31日に東京と大阪で1日限りの特別上映がおこなわれたパリ・オペラ座『バレエ・リュス』が、好評につき4月8日(土)から東京・吉祥寺オデヲンで電撃的にアンコール上映を開始した(4月14日まで)。連日19:40からの上映だ。

「ちょ、待てよ…」と、3月31日の特別上映を無理して観に行った人(実は筆者も)ならば、ついキムタクのように、いや、キムタクの真似をするホリやハリウッドザコシショウのように呟いてしまうかもしれない。「ちょ、待てよ~」 しかし、その内容があまりに素晴らしかったので「もう一度観にいくか」と前向きに考えてもいいと思う。

「バレエ・リュス」とは、ロシア出身の芸術プロデューサー、セルゲイ・ディアギレフが1909年に結成したバレエ団(ロシアバレエ団ともいう)。二十世紀初頭のバレエ界に革新を起こし、現在のバレエのあり方に多大な影響を与えた。ディアギレフは、ニジンスキーやフォーキンといったバレエダンサー・振付家だけでなく、20世紀を代表する作曲家(ストラヴィンスキー、ラヴェル、サティ、etc.)や芸術家(ピカソ、マティス、コクトー、シャネル、ローランサン、ブラック、etc.)らを積極的に取り込み、バレエと美術・ファッション・音楽を融合した、時代の最先端の総合芸術としてバレエの価値を再創出した。

「バレエ・リュス」誕生から100年を迎えた2009年、世界各地で記念公演が行われ、パリ・オペラ座でも同年12月に「バレエ・リュス」100周年記念公演が行われた。その記念公演として上演された珠玉の4プログラム『ばらの精』、『牧神の午後』、『三角帽子』、『ペトルーシュカ』が今回の上映で見られる。本プログラムは権利の制限でビデオ化されておらず、現在は映画館だけでしか鑑賞できない。筆者を特に興奮させたのは、有名なニジンスキーの二次元的舞踊が炸裂する『牧神の午後』(曲:ドビュッシー)や、ストラヴィンスキー三大バレエの一つで奇想あふれる『ペトルーシュカ』(振付:フォーキン)の再現だ。しかし『三角帽子』(曲:ファリャ、振付:フォーキン、美術:ピカソ)や『ばらの精』も充分に刺戟に満ちている。ヴェロ・パーン指揮パリ・オペラ座管弦楽団の演奏も非常に切れ味鋭く冴え渡っている。バレエファン、クラシック音楽ファンならば、好き嫌い以前に基礎教養として見ておくべき重要な映像といえるだろう。

パリ・オペラ座『バレエ・リュス』より「牧神の午後」

パリ・オペラ座『バレエ・リュス』より「牧神の午後」

上映情報
【パリ・オペラ座2009年公演『バレエ・リュス』
■上映日時: 2017年4月8日(土)~4月14日(金) 連日19:40~上映
■上映館:東京・吉祥寺オデヲン
■劇場HP:http://cinemaodeon.jp
■料金:各作品 一般3,000円 学生2500円(入場時学生証提示)
 
【作品情報】
収録:2009年12月パリ・オペラ座(ガルニエ宮)
管弦楽:パリ・オペラ座管弦楽団
指揮:ヴェロ・パーン
出演:パリ・オペラ座バレエ団(各プログラム出演ダンサーは以下)
プログラム構成:以下4つの短編ダンスにより構成
上映素材:DCP(バレエなので字幕なし)
全尺:108分

 
1. 『ばらの精』(原題:“Le Spectre de la rose”)
◆尺:10分
◆出演:
ばらの精 マチアス・エイマン(エトワール)
少女 イザベル・シアラヴォラ(エトワール)
◆振付:ミハイル・フォーキン
◆音楽:カール・マリア・フォン・ウェーバー
◆編曲:エクトル・ベルリオーズ
◆美術:レオン・バクスト

 
2. 『牧神の午後』(原題 :“L’Après-midi d’un faune”)
◆尺:12分
◆出演:
牧神 ニコラ・ル・リッシュ(エトワール)
ニンフ エミリー・コゼット(エトワール)
◆振付:ワツラフ・ニジンスキー
◆音楽:クロード・ドビュッシー
◆美術:レオン・バクスト

 
3. 『三角帽子』(原題:"Le tricorne")
◆尺:36分
◆出演:
粉屋の女房 マリ=アニエス・ジロ(エトワール)
粉屋 ジョゼ・マルティネズ(エトワール
コリヒドール ファブリス・ブルジョア(ゲストダンサー)
◆振付:レオニード・マシーン
◆音楽:マヌエル・デ・ファリャ
◆美術:パブロ・ピカソ
 
4. 『ペトルーシュカ』(原題:“Petrouchka”)
◆尺:36分
◆出演:
ペトルーシュカ)バンジャマン・ペッシュ(エトワール)
バレリーナ)クレールマリ・オスタ(エトワール)
ムーア人)ヤン・ブリダール(プルミエ・ダンスール)
魔術師)ステファン・ファヴォラン(プルミエ・ダンスール)
◆振付:ミハイル・フォーキン
◆音楽:イーゴリ・ストラヴィンスキー
◆美術:アレクサンドル・ブノワ

 
シェア / 保存先を選択