プリンシパル高田茜出演のバレエ『真夏の夜の夢』とヨナス・カウフマンのオペラ『オテロ』が映画館に

SPICER

画像を全て表示(2件)

バレエ、オペラともに世界最高の名門歌劇場、英国ロイヤル・オペラ・ハウスの人気公演の舞台映像をTOHOシネマズ系列を中心とした全国の映画館で上映してきた『英国ロイヤル・オペラ・ハウス シネマシーズン 2016/17』がフィナーレを迎える。

今シーズンのラストを飾るのは、バレエ『真夏の夜の夢』と、オペラ『オテロ』。英国ロイヤル・バレエ団の日本人プリンシパルである高田茜が出演する至極のバレエ『真夏の夜の夢/シンフォニック・ヴァリエーションズ/マルグリットとアルマン』は9月1日(金)より、オペラ界のスーパースター、ヨナス・カウフマン主演のロイヤル・オペラ『オテロ』は9月8日(金)にそれぞれ公開となる。 

ロイヤル・バレエ『真夏の夜の夢/シンフォニック・ヴァリエーションズ/マルグリットとアルマン』は、 ロイヤル・バレエの誇る振付家フレデリック・アシュトン(1904–88)の遺産ともいえる3つの作品で、『真夏の夜の夢』は、シェイクスピアの戯曲をもとにしたバレエかつ音楽はメンデルスゾーン。今回は日本人プリンシパル高田茜が妖精王オベロンの妻、ティターニアを演じるのも話題になっている。『シンフォニック・ヴァリエーションズ』は、動きの美しさを表現した独創的な名作であり、『マルグリットとアルマン』は『椿姫』をもとにマーゴ・フォンテインとルドルフ・ヌレエフのために作り上げたバレエとなっている。

ロイヤル・オペラ『オテロ』は、“キング・オブ・テノール“と呼ばれるオペラ界のスーパースター、ヨナス・カウフマンが、ヴェルディの情熱的なオペラ『オテロ』に初めて挑む。策略により愛する妻・デズデモーナの誠実さを疑うようになったオテロの嫉妬と疑惑が起こす物語は、シェイクスピアの悲劇『オセロ』をもとに作り上げられたオペラだ。 

最高のバレエとオペラを映画館の大きなスクリーンで体験できるこの機会をぜひお見逃しなく。 

上映情報
ロイヤル・バレエ『真夏の夜の夢/シンフォニック・ヴァリエーションズ/マルグリットとアルマン』(THE DREAM/ SYMPHONIC VARIATIONS/ MARGUERITE AND ARMAND )
 
9月1日公開
【振付】フレデリック・アシュトン
【音楽】フェリックス・メンデルスゾーン
【指揮】エマニュエル・プラッソン
【出演】高田茜(ティターニア)/スティーヴン・マックレー(オベロン)

シンフォニック・ヴァリエーションズ
【振付】フレデリック・アシュトン
【音楽】セザール・フランク
【指揮】エマニュエル・プラッソン
【出演】マリアネラ・ヌニェス/ワディム・ムンタギロフ

 マルグリットとアルマン
【振付】フレデリック・アシュトン
【音楽】フランツ・リスト
【指揮】クン・ケセルス
【出演】ゼナイダ・ヤノウスキー(マルグリット)/ロベルト・ボッレ(アルマン)

ロイヤル・オペラ『オテロ』(OTELLO)

9月8日公開
【作曲】ジュゼッペ・ヴェルディ
【演出】キース・ウォーナー
【指揮】アントニオ・パッパーノ
【出演】ヨナス・カウフマン(オテロ)/マリア・アグレスタ(デスデモーナ)/マルコ・ヴラトーニャ(イアーゴ)

■配給:東宝東和
公式サイト: http://tohotowa.co.jp/roh/ 
シェア / 保存先を選択