『世界報道写真展2017』がハービスHALLにて開催 プロの報道カメラマンによる写真作品が一堂に

ニュース
2017.6.19
フランシス・ペレス(スペイン) 2016年6月8日(スペイン領 カナリア諸島)

フランシス・ペレス(スペイン) 2016年6月8日(スペイン領 カナリア諸島)

画像を全て表示(3件)

世界報道写真展2017』が、2017年8月8日(火)~8月17日(木)にかけて大阪市北区のハービスHALLにて開催される。

世界報道写真展』は1955年にオランダのアムステルダムで、世界報道写真財団が発足したことによって開始されたドキュメンタリー、報道写真の展覧会。毎年、1月~2月にかけて主に前年に撮影された写真を対象にした「世界報道写真コンテスト」が開かれ、十数人からなる国際審査員団によって選ばれた入賞作品が「世界報道写真展」作品として、世界中で展示される。

第60回世界報道写真コンテストは125の国と地域から5,034人のプロカメラマンが参加し、応募総数は80,408点。その中から選ばれた8部門45人の受賞作品が2017年2月13日に発表された。

本展は1年を通じて、世界の45カ国約90会場(2016年実績)で開かれており、総計400万人が会場に足を運ぶ世界最大規模の写真展として知られている。プロの報道カメラマン達による圧倒的な力量で表現される受賞作品の数々は、時に美しく時に厳しく、見る者の心に迫ってくるだろう。気になる方はぜひ足を運んでみてはいかがでしょうか?

カイ・オリバー・プファッフェンバッハ(ドイツ、ロイター) 2016年8月14日(リオデジャネイロ、ブラジル)

カイ・オリバー・プファッフェンバッハ(ドイツ、ロイター) 2016年8月14日(リオデジャネイロ、ブラジル)

トマス・ムニタ (チリ、ニューヨークタイムズに提供) 2016年12月1日(サンタクララ、キューバ)

トマス・ムニタ (チリ、ニューヨークタイムズに提供) 2016年12月1日(サンタクララ、キューバ)

イベント情報
世界報道写真展2017

会期:2017年8月8日(火)~8月17日(木)
会場:ハービスHALL (ハービスOSAKA B2F)
住所:
〒530-0001 大阪市北区梅田2-5-25 ハービスOSAKA B2F
TEL 06-6343-7800 FAX 06-6343-7750
URL:http://www.herbis-hall.com
休館日:会期中無休
開館時間:11:00~20:00(入館は閉館30分前まで)
シェア / 保存先を選択