野村周平が桑田佳祐役!神木隆之介や安田顕も出演 映画『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』の全ぼうが明らかに

ニュース
動画
2017.6.26
左から、野村周平、神木隆之介 (C) 2017 Tales of CHIGASAKI film committee

左から、野村周平、神木隆之介 (C) 2017 Tales of CHIGASAKI film committee

画像を全て表示(2件)

6月25日(日)神奈川県・イオンシネマ茅ヶ崎にて、映画『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』が第6回茅ヶ崎映画祭特別招待作品としてワールドプレミア上映された。

映画『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』は『パーク アンド ラブホテル』で日本人初となるベルリン国際映画祭最優秀新人作品賞を受賞した熊坂出監督の最新長編映画。茅ヶ崎の芸能史を編纂する“日本一のレコードコレクター”であり、洋楽ポップスのプロモーター・宮治淳一氏と、アースダイブという手法で茅ヶ崎の秘密を遡る人類学者・中沢新一氏への密着、加山雄三らへのインタビューなどを通して。芸能の地・茅ヶ崎の秘密に迫る作品だという。これまで、詳細が明かされていたなった同作だが、ワールドプレミア上映にてキャストなどの詳細が明らかになっている。

宮治氏は、桑田佳祐の親友でありサザンオールスターズの名付け親としても知られる。その宮治氏にとって運命の分岐点となった、桑田とのある出来事が、映画の後半に描き出されており、そのドラマで宮治の学生時代を神木隆之介が、桑田の学生時代を野村周平がそれぞれ演じるという。また、賀来賢人、須藤理紗、安田顕ら俳優陣やミュージシャンが様々なキャラクターとなって登場するとのこと。

撮影=木村泰之

撮影=木村泰之


同作が初披露されることとなった茅ヶ崎映画祭のワールドプレミア上映では、上映前に主演の宮治氏と熊坂出監督の舞台挨拶が行われた。なお、舞台挨拶には、茅ヶ崎市長・服部信明氏も特別ゲストとして登壇している。

 宮治氏は、 「茅ヶ崎は、加山雄三さんや桑田佳祐さんを始めとする、無から有を生む人を多く輩出する街。土地の力、ということだけではなく、この映画は様々な角度で、その謎に迫ります。私の主演だなんて本当に恐れ多いのですが……。こういったチャンスをくださったスタッフの皆さんと、茅ヶ崎という素晴らしい街に感謝します」と同作について解説。さらに「普段、なにげなく通りすぎるところに、実は歴史があり、それが現代に生きている。そういったことが感じられることが、この映画の素晴らしいところだと思う」と見どころを語った。

 また、熊坂監督は 「茅ヶ崎の枠を越える、どんな人が見ても面白い映画、何かを感じられる映画にするということに、終始こだわって作り上げて行きました」とアピール。さらに「茅ヶ崎の文化芸能史を、宮治淳一さんや中沢新一さん、加山雄三さんや萩原健太さんにインタビューすることで掘り下げてくことから始めたのですが、皆さんのお話を聞いていく中で、映画館で一般公開される映画として、そして映画が茅ヶ崎の枠を越えて行く為の、ある面白いアイデアが浮かびました。。まだ上映前なのでその内容をお話しできないのが残念なのですが、是非、楽しみにして頂ければと思います。」と語り、様々なと登場人物に迫ったことを明かしている。また、「神木隆之介さんや野村周平さんといった方々が どういう形で映画に登場するのか、もちろんそれも見所なのですが、強いて言えば、ラスト10分。とても面白いことが待っていますので、どうかラスト10分まで、我慢して観てください」と見どころに触れ、会場を盛り上げていた。

 

映画『茅ヶ崎物語 〜MY LITTLE HOMETOWN〜』は7月21日(金)から7月23日(日)の3日間限定で夏祭り特別上映。上映劇場などの詳細は映画公式サイトを確認しよう。

作品情報

映画『茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~』 
出演
宮治淳一 中沢新一
加山雄三 萩原健太 小倉久寛
神木隆之介 野村周平 賀来賢人 須藤理彩 安田顕
桑田佳祐

監督:熊坂出
制作プロダクション:スタジオブルー
配給:ライブ・ビューイング・ジャパン
製作:「茅ヶ崎物語 ~MY LITTLE HOMETOWN~ 」実行委員会

映画公式サイト:http://tales-of-chigasaki.com 
(C) 2017 Tales of CHIGASAKI film committee

シェア / 保存先を選択