『PUNK THIS TOWN』主催のJAGGER(THE SKIPPERS)とGEN(GELUGUGU)地元・先輩後輩対談が実現

SPICER
左:GEN(GELUGUGU)右:JAGGER(THE SKIPPERS) 撮影=YUMI KONO

左:GEN(GELUGUGU)右:JAGGER(THE SKIPPERS) 撮影=YUMI KONO

画像を全て表示(6件)

今年15周年を迎えるTHE SKIPPERSが、8月6日(日)大阪池田市の猪名川河川敷公園でバンド初の野外フェス『PUNK THIS TOWN』を開催する。そしてSPICE編集部に届いた謎の宣誓書から始まったTHE SKIPPERS特集!? 先日行ったJAGGER(Vo/Gt)とTAKAO(Ba)へのインタビュー( https://spice.eplus.jp/articles/126120 )で、JAGGERの同郷の先輩であり、音楽に目覚めるきっかけとなったGELUGUGUのヴォーカリストGENへの突撃取材を提案されたSPICE編集部は、早速GENに取材をオファーし、JAGGERとの対談が実現した。地元の先輩後輩という2人に、約20年前の当時の音楽シーンやバンド活動について、世代を越えて引き継がれる想いなど、たっぷりと語ってもらった。

――元々、JAGGERさんがGELUGUGUを知ったきっかけから教えていただけますか?

JAGGER:昔、地元の池田駅の下にCD屋があったんです。僕が音楽を好きになり始めた時に、そのCD屋さんに行ったら、GELUGUGUのCDと一緒にBAYSIDE JENNY(以下、ベイサイド)でやるライブのフライヤーが置かれてたんですよね。で、CD試聴して「うわ、カッコええ! ライブ行きたい」って思って。でも、お金なかったからその時はCDも買ってないし、ライブにも行けなくて……。そこからしばらくして、高校2年の時、GELUGUGU好きな友達がいたからライブを観に行ったんですよね。その時の衝撃がすごくて。ライブ自体に行ったことがなかったし。そこからサブロク(3.6MILK)とかいろいろ観に行くようになったんです。いつも1人で、原付乗ってベイサイドに行くっていう感じで(笑)。

GEN:遠いね(笑)。

JAGGER:チケット買うお金ないけど、とりあえずベイサイドの前まで行くときもあって。行きたくてしゃあないっていう(笑)。学校終わったら、とりあえず行ってました。で、GELUGUGUのメンバーさんが池田で歩いてることを知ってから、「結構すれ違うやん!」と思って。緊張して話しかけられなかったですけど。池田でそんな人がいるのが嬉しくて、“俺もこういう人たちになりたい!”と思ってバンドを始めたんですよね。GENさんをストーカーしたりしてました(笑)。家の近くで「写真撮ってください!」って。

左:GEN(GELUGUGU)右:JAGGER(THE SKIPPERS)

左:GEN(GELUGUGU)右:JAGGER(THE SKIPPERS)

――なるほど(笑)。ふたりが出会ったきっかけはそのとき?

GEN:そのときは知り合いというより、ただのストーカーやと思ってました(笑)。バンドやってるっていうのは聞いたんですけど、写真撮って「ほなね、家までついてきたらあかんで」って(笑)。

JAGGER:コンビニで見つけたんですけど、話しかけようにもドギマギして、気付いたら家の近くまで追っかけてたんです。……て、完全にストーカーですね(笑)。

GEN:ちゃんと出会ったのは、今みたいに(THE SKIPPERSが)売れる前。学祭かなんかのイベントで一緒になったときに、JAGGERがGELUGUGUの古いTシャツ着てたんですよ。それで「GELUGUGUのこと知ってくれてんねや~」って嬉しくなって、そこからTHE SKIPPERSのことは注目してたんです。そのときからすでにメンバーの勢いがすごくて。お客さんはまだついてきてなかったけど、最近はもうお客さんもついてきてるし、勢いがすごい。今やったら僕がストーカーしますよ。「写真撮ってください!」って(笑)。

――GENさんから見て、JAGGERの最初の印象はどんな感じでした?

GEN:GELUGUGUと対バンするからって、昔のTシャツを着てくれてることが嬉しいじゃないですか。対バンの相手って、自分らの方が上に見せたいっていう人も多いから。相手のTシャツ着て、挨拶来てくれるっていうのは可愛らしいですよね。

JAGGER:GELUGUGUのTシャツは結構持ってるんで。対バンは年に1回くらいやってましたね。

GEN:ジャンルがちょっと違うからね。一緒にやっても全然問題ないんやけど、ブッキングを待ってるだけじゃなかなか一緒にはならないですね。自分らでやりたいと思って寄っていかないと。

JAGGER:世代も一回りちょっと違いますしね。

左:GEN(GELUGUGU)右:JAGGER(THE SKIPPERS)

左:GEN(GELUGUGU)右:JAGGER(THE SKIPPERS)

――今回GENさんを呼ばせてもらったのは、前回のTHE SKIPPERSへのインタビューで出てきた『Hot Spin Splash』のことをお聞きしたくて。それはTHE SKIPPERSが8月に池田で開催する野外フェスのきっかけでもあるんですよ。『Hot Spin Splash』を始めたきっかけから教えていただけますか?

GEN:正直言うと、僕ら主催ではないんですよ。H.I.P.大阪の企画で、1999年が1回目で、たぶん東京でもやってたと思うんです。まだフェスっていう言葉が浸透していない頃で、野外ライブ言うてましたね。俺らも家の近所で、しかも野外でできるっていうことにテンション上がってて。「近所にKEMURIが来る!」みたいな(笑)。

JAGGER:すごいですよね~。

――どんなバンドが出てたんですか?

GEN:KEMURI、POTSHOT、YOUNG PUNCH、duck missileとか。メロコアはあまり出てなかったと思うんですけど、ハードコア系のバンドが出てたり……。すごかった。人もめちゃくちゃ多くて。ちょうど駅から会場に行く道に僕の家があったんですけど、出入りするのをかなりの人に見られてて。ライブ終わって帰ったら、ポストの中身全部取られてました(笑)。

JAGGER:え~!!

GEN:ポストにGELUGUGUのステッカー貼ってましたしね。鍵もかけてなかったので、中身全部持っていかれて(笑)。

JAGGER:ははは!ヤバイですね。

GEN:今やったらゴミの話とかするじゃないですか。演者も“ゴミをなくそうぜ!”って言って。でも当時は池田の駅がゴミだらけ! それでも、「池田にこれだけの人が来てくれたんや」って思うとめちゃくちゃテンション上がった。

JAGGER:花火大会の後みたいなね。

GEN:だから僕らも一出演者やったんです。1999年って、ちょうどスカのブームやった頃やから、必然的にそういうメンツが集まったんやと思います。

JAGGER(THE SKIPPERS)

JAGGER(THE SKIPPERS)

――JAGGERさんはその頃、何聴いてたんですか?

JAGGER:僕はBRAHMANから入って、10-FEETとか。10-FEETも出だしのときでしたね。『Hot Spin Splash』は、その頃、まだそんなにライブに興味がなかったときで。やってたのは知ってて、友達も行ってましたけど、僕はその直後くらいに音楽にハマっていったので、話しか聞いたことがなかったんです。でも、野外のイベントを自分で作ろうって思ったときに、パッと思い浮かんだのが『Hot Spin Splash』で、GELUGUGUがやってたのがかなりインパクトがあったというか。

GEN:池田は地元っていうのもあるし、僕ら、さんざん池田市出身てことを主張してきましたからね。それで周りは僕らが主催と思ってくれてたのかもしれない。

JAGGER:昔はCD屋も楽器屋も、セラホールっていうライブするところもあって。それはGELUGUGUがおったからっていうイメージやったけど、今は音楽の“お”の字もない。でもバンドが盛り上げていったら何か変わるんかなっていうのは、かつてのGELUGUGUを見ててハッキリしてるんで。

――あの当時の、そういう光景を見てて、じゃあそれを俺らでやろうっていう子が出てきて。実際、THE SKIPPERSが池田の同じ場所でフェスをやるって聞いて、GENさんは何を感じました?

GEN:めちゃくちゃ嬉しかったですよ。4~5年前にもジョニー(元GELUGUGUメンバー)が、“何かやりたい”言うてイベンターさん紹介したんですけど、予算の問題もあるし、一人でやるのは難しいってなって。でも現役のTHE SKIPPERSがやってくれるんやったらね。

JAGGER:ジョニーさん、何年も前からずっと言ってたから、僕らも段々“一緒にやっていこう!”っていうテンションになって。僕ら『PUNK DRUG NIGHT』っていうイベントを毎年BIGCATで、フェス感覚でやってたんです。それも大きくしていきたいなって思ってたし、15周年ていう機会やから、ちょっとどでかいことをやりたいなっていうタイミングが重なって。“フェスやっちゃおうぜ!”って(笑)。で、ジョニーさんに相談したら賛同してくれて、GELUGUGUにも出てもらおうっていう話をして。ジョニーさんノリノリで、めちゃくちゃ頑張ってくれてるんですよ。

GEN:僕は池田に帰れるのが嬉しいですから。

JAGGER:やるんやったらやっぱり自分ら発信でやりたいと思って。“誰か先にやるなよ!”ってずっと思ってたんです。GELUGUGUやったらいいなとは思ってたんですけど。

――今はネットが普及してる時代じゃないですか。でも『Hot Spin Splash』のときって、集客方法とか伝達方法も今とは違いますよね。どうやって広めていたんですか?

GEN:アナログやけど、フライヤーとテレビもちょっとスポット打ってたんかな。あとは口コミ。携帯もメールもあった時代ですけど、宣伝として使えるものじゃなかったと思う。それでも7000~8000人くらいお客さん入ってましたから。物販も出番前に全部売れましたしね。いやらしい話ですけど、金庫閉まらなくてニヤニヤしながら帰ってきたら、POTSHOTが段ボールにお金入れて帰ってきたんですよ(笑)。さすがやなと思って。

JAGGER:ははは! 夢あるな~。

GEN(GELUGUGU)

GEN(GELUGUGU)

――段ボールじゃないとお金が入らないってすごいですね(笑)。GENさんから見て、当時のフェスと今のフェスで違いを感じることってあります?

GEN:僕らそんなにフェス出てないから分からないですけど、お客さんもみんな今の方が賢いんちゃいますかね? 昔は何の情報もなくて、暴れて頭打って血出してるような人いっぱいいましたからね。今はちゃんと水分補給して、ライブも危険がないようにする。みんな賢くなってると思いますよ。

――1番その言葉がしっくりくるような気がしますね。予習復習もきっちりやって行きますもんね。

GEN:YouTubeとかもないから、全然情報持たずに来てた人とかいっぱいおると思う。フェスで初めてこのバンド観るっていう人がいっぱい居たと思うんですよ。

――この『PUNK THIS TOWN』に対して、どうあって欲しいですか?

GEN:しっかりやってるし、あとは揉めんかったらいいんじゃないですかね。彼(JAGGER)は良いヤツなんで。先輩もちゃんと立てるし、たぶん、嘘つけないタイプやと思う。

JAGGER:バレますね(笑)。

GEN:今回のメンツは、彼をリスペクトしているようなヤツらばっかりなんでね。仲間としてライバルとして、楽しくやればいいと思う。あとは別に言うことはないでしょ。

JAGGER:GELUGUGUに憧れて池田に夢持って、フェスをやることに賛同してほしいって思ってたんですけど、GENさんがそんなに喜んでくれてるとは。嬉しいですね。僕らが主催っていう感じで出してるんですけど、“GELUGUGUが池田でフェス出てるぞ”っていうムードを、GELUGUGUからもそういう空気感を出してほしいなって思うんです。

――前回のインタビューでも『Hot Spin Splash』に来てたお客さんにも来てほしいって言ってましたよね。そこが繋がると、いい意味で今までとこれからが凝縮されるイベントになる。JAGGERさんが思い描く風景ってそういうところですよね、きっと。

JAGGER:そうですね。僕らのお客さんとかって、GELUGUGUは知ってるけど観たことがない子らも多いと思うんです。だからその子たちに“GELUGUGUがいたから今のTHE SKIPPERSがあるんや”っていう感じがこのフェスで伝わって、GELUGUGUで盛り上がってくれたら泣いてしまうんちゃうかなって(笑)。“これこれ!この空気待ってた!”っていう。

左:GEN(GELUGUGU)右:JAGGER(THE SKIPPERS)

左:GEN(GELUGUGU)右:JAGGER(THE SKIPPERS)

――今回改めて当時のことを聞かせてもらって、よりイベントが楽しみになりました。

JAGGER:ホンマに。GENさんとこうやって喋るきっかけができて良かったです。

GEN:あのとき、池田のCD屋にフライヤー貼ってて良かったですよ(笑)。

JAGGER:それきっかけで、バンド始めてここまで繋がった。前のインタビューのときにも話したんですけど、僕らが同じようにやることで、もしかしたら池田にCD屋とか、スタジオとかライブハウスとかができる流れになるかもしれないし、音楽始めるヤツが増えるかもしれない。大げさですけど、そうなったら夢あるなって思うんです。僕、GELUGUGU観て音楽始めたくらいやから、心斎橋のキングコブラのライブでGELUGUGUに呼ばれたときとか、めちゃくちゃ嬉しかったですよ。

GEN:今もツアーとか誘いたい気持ちはあるんですけど、最初に言ったみたいにTHE SKIPPERSはジャンルも世代も違うからね。うちら年齢層めっちゃ高いんで(笑)。一緒にやったら化学反応が起きるかもしれんけど。

JAGGER:それが8月のフェスになればいいなと思う。さっきも言いましたけど、うちのお客さんらがGELUGUGUで暴れてくれたら絶対感動します。そんな化学反応が起きれば嬉しいですよね。

――そういうところをバンドマンにも見てもらいたいですよね。

JAGGER:そんなにフェス出たことないけど、自分らでフェスやって成功したらカッコええやろって思うんです。今は、意地張ってああだこうだ言いながら手探りでやってるから説得力はまだないけど、成功させて説得力持ちたいなって。

――最後にGENさんからJAGGERさんに、何か伝えておきたいことはありますか?

GEN:台風だけ怖いですけどね。僕は雨やったら降っててもええな~って思うんです。なんとなくですけど、池田のイベントで、雨が降ってる中で歌ってるJAGGERもカッコいいなって思う。

JAGGER:ははは!(笑)。

GEN:THE SKIPPERSが大トリで、ちょっと日が落ちたくらいに登場して、どんなライブするんやろうなっていうのは、イベントが決まったときからいろいろ想像してます。想像通りになったら面白いな~と思って。

JAGGER:GENさんの思いを聞けて良かったです。今日は本当にありがとうございました!

インタビュー・取材=K兄 文=黒石悦子 撮影=YUMI KONO

イベント情報
『PUNK THIS TOWN』
2017年8月6日(日)開場10:30 開演11:30 池田市猪名川河川敷公園 (大阪府)特設ステージ 
チケット発売中!
前売り券(自由)4,500円 
前売り券(中学生・自由)3,000 円
出演者:THE SKIPPERS / GELUGUGU / ニューロティカ / ガガガSP / BUZZ THE BEARS / My Hair is Bad/ Northern19 / SHANK / SHIMA / SIX LOUNGE/POT / KNOCK OUT MONKEY / STANCE PUNKS

 

 

シェア / 保存先を選択