松山ケンイチが2人? 向井理の蘭兵衛は刀を使わない? 劇団☆新感線『髑髏城の七人 Season風』Produced by TBS製作発表記者会見

レポート
2017.7.12


2017年9月から東京・IHIステージアラウンド東京にて劇団☆新感線『髑髏城の七人 Season風』Produced by TBSが上演される。7月11日(火)株式会社IHI本社にて製作発表記者会見が行われ、出演の松山ケンイチ、向井理、田中麗奈、橋本じゅん、生瀬勝久、岸井ゆきの、山内圭哉、作を担当する中島かずき、演出を担当するいのうえひでのりが出席した。

劇団☆新感線は1980年に旗揚げ。お笑い、ロック、活劇など様々なジャンルを今まで上演してきた。『髑髏城の七人』は1990年に誕生。以来7年ごとに上演され、劇団☆新感線最高傑作と言われる作品にまで名を上げた。2017年~2018年は1年以上かけて花鳥風月という名に置いて、4つのシーズンに分けて公演。公演場所であるIHIステージアラウンド東京は客席が回転するという今までにない斬新な演出のもと、新たな『髑髏城の七人』が生まれる。現在は『髑髏城の七人 Season鳥』が公演中だ。

会場には一般のお客さんも集まり、幕が落とされてキャストが登場すると会場から大きな歓声が起きた。しかし、現れた松山は3Dプリンターで作られた模型。あまりにもリアルに再現されており、そのクオリティーに驚きの声が挙がった。

『髑髏城の七人 Season風』には、キーワードの1つとして「影武者」というのがある。それもあって、今回1人2役を演じる松山の人形が作られたそうだ。この人形は『髑髏城の七人 Season風』上演期間中、会場に展示されるとのこと。

捨之介と天魔王の1人2役を演じる松山は「1人2役を過去にやられていた古田新太さんと市川染五郎さんの演技は完璧でしたので、僕もこれ以上出ないよっていうところまで自分を追い込みたいなと思います。1人2役はなかなかやらないので、今まで観劇してきた髑髏城のファンの方々にもわかるくらい、古田さんや染五郎さんのニュアンスを入れることができたらなと思っています」とコメント。

無界屋蘭兵衛を演じる向井は「やるからには自分にしかできない蘭兵衛をやりたいなと思っています。直近で言うと山本耕史さんや早乙女太一くんがやっていて、特に早乙女くんは日本最高峰の殺陣なので、そこと比較されるのが辛いですね。なので今回、殺陣を封印して会話ですべて進め、たまに銃を使うっていう蘭兵衛をやりたいな」と冗談を交えてくれた。

極楽太夫を演じる田中は「劇団☆新感線初参加となりますので、生で観させていただいた先輩方から学びながらといった気持ちです。先日『髑髏城の七人 Season鳥』を観まして、松雪泰子さんの極楽太夫がもう優雅で麗しくて力強くて最高でしたね。思わずため息が出ちゃうくらいでした。さて、私はどうしようかなと思ったんですけど、田中麗奈の極楽太夫を作っていきたいです」と話してくれた。

狸穴二郎衛門を演じる生瀬は「近藤芳生くんや梶原善くんが演じてきて、普段から仲のいい知り合いでして、知り合いですからぶっ潰します。蹴散らしてやります。劇団☆新感線初参加なので、共演者も全員ぶっ潰します。初日で喉を潰すくらい全力でぶっ潰します」と生瀬節炸裂のコメントに大きな笑いが起こった。

劇団☆新感線「髑髏城の七人 season風」は東京・IHIステージアラウンド東京にて9月15日(金)~11月3日(金・祝)まで上演される。

取材・文・撮影:瀧澤 唯

公演情報
劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season風
 
■会場:IHIステージアラウンド東京 (東京都)
■日程:2017/9/15(金)~2017/11/3(金・祝)
■作:中島かずき 
■演出:いのうえひでのり 
■出演: 
松山ケンイチ 向井理 田中麗奈/橋本じゅん 山内圭哉 岸井ゆきの/生瀬勝久 ほか
■公式サイト:http://www.vi-shinkansen.co.jp/
 

劇団☆新感線『髑髏城の七人』Season鳥
■会場:IHIステージアラウンド東京 (東京都)
■日程:2017/6/27(火)~17/9/1(金)
■作:中島かずき 
■演出:いのうえひでのり 
■出演: 
阿部サダヲ 森山未來 早乙女太一/
松雪泰子/ 
粟根まこと 福田転球 少路勇介 清水葉月/
梶原善 / 
池田成志 ほか
■公式サイト:http://www.vi-shinkansen.co.jp/
 
シェア / 保存先を選択