“人間椅子らしさ”と“新しさ”を両立した最新MV「虚無の声」はいかにして生まれたのか? ドキュメンタリー動画で解き明かす

動画
インタビュー
音楽
2017.11.6
人間椅子 撮影=大野要介

人間椅子 撮影=大野要介

画像を全て表示(5件)

9月21日にYouTube上に公開されるや、瞬く間に再生回数を伸ばし、1ヶ月足らずで10万再生を突破するなど、まもなくバンド生活30年にもなる彼らのこれまでのキャリアにおいて最も大きな反響を得ている、といっても過言ではない人間椅子の最新MVが、「虚無の声」だ。

SPICEではこの撮影の裏側に密着、撮影中の様子や生の声も収めたほか、撮影・公開を終えたメンバー3人への動画インタビューも敢行。ドキュメンタリー動画として公開する。

なぜこれまで以上にMVにこだわったのか、どんなテーマやイメージをもって撮影に挑んだのか、本人たちの率直な感想は――。以下の動画内で全て語ってもらった。

MV撮影が行われたのは9月某日、六本木・ニコファーレ。の壁面LEDスクリーンやプロジェクションマッピングなど最新の技術も駆使し、アルバムのテーマともなっている“異次元”と現実世界が絡み合い、溶け合う倒錯感を表現していった。インタビュー内でも語られているが、前半に撮影した映像をその場で編集し、撮影後半で背後に流すというここでこそ実現した演出も見どころ。そしてなんといっても白塗り+白装束というマッピングに最適な出で立ちの鈴木研一(Ba / Vo)のド迫力ビジュアルは必見だ。

人間椅子・和嶋慎治 撮影=風間大洋

人間椅子和嶋慎治 撮影=風間大洋

人間椅子・鈴木研一 撮影=風間大洋

人間椅子鈴木研一 撮影=風間大洋

人間椅子・ナカジマノブ 撮影=風間大洋

人間椅子ナカジマノブ 撮影=風間大洋

こうして出来上がった「虚無の声」MV。上記内容とドキュメンタリー映像を踏まえてもう一度観てみると、新たな発見があるかも⁉


取材・動画内インタビュー・文=風間大洋 動画撮影(MV密着)・編集=大野要介 動画撮影(インタビュー)=登坂義之

リリース情報
異次元からの咆哮
発売中
『異次元からの咆哮』

『異次元からの咆哮』

初回限定盤 [CD+DVD]  TKCA-74561
通常盤 [CD] TKCA-74562
CD
01. 虚無の声
02. 風神
03. 超自然現象
04. 月夜の鬼踊り
05. もののけフィーバー
06. 宇宙のシンフォニー
07. 太陽がいっぱい
08. 痴人のモノローグ
09. 悪魔祈祷書
10. 悪夢の添乗員
11. 地獄のヘビーライダー
12. 異端者の悲しみ
DVD ライブ盤リリース記念ワンマンツアー「威風堂々」
2017/3/25(土)赤坂BLITZ
01. 鉄格子黙示録
02. 宇宙遊泳
03. 宇宙からの色
04. ロックンロール特急
05. 恐怖!! ふじつぼ人間
06. 猟奇が街にやって来る
07. 地獄

 

リリース情報
『異次元からの咆哮 ~リリース記念ワンマンツアー~』
※終了分は割愛
11月 8日 神戸Chicken George
11月10日 高松Olive Hall
11月12日 大阪umeda TRAD(前AKASO)
11月14日 博多Be-1
11月16日 名古屋Electric Lady Land
11月19日 東京Zepp DiverCity(TOKYO) 
チケット料金:
10/31~11/16の8公演は、前売り4000円/当日4500円(税込/ドリンク代別)
11/19東京Zepp DiverCity(TOKYO)公演のみ 
1階スタンディング: 前売り4500円/当日5000円(税込/ドリンク代別)
2階指定席: 一般発売の前売りのみ5000円(税込/ドリンク代別)
(※11/19東京公演のみチケット料金が他と異なりますので、ご注意ください)
 
シェア / 保存先を選択