RUKA NIGHTMARE活動休止から1年、ソロプロジェクト・LSNと個人の2017年を振り返る

動画
インタビュー
音楽

RUKA(LSN、NIGHTMARE) 撮影=北岡一浩

画像を全て表示(7件)

NIGHTMAREの活動休止から1年。ソロプロジェクト・LSNをセルフマネージメントで動かし、活動を行なってきたRUKA(Dr)に、LSNの活動はもちろん、最近プライベートでよく通っている(!?)というグアムの話、そして最新シングル「LIMIT」とそれを提げて行なう初のワンマンツアーなど、LSNとRUKAの2017年を総まとめしてもらった。

なんか反攻期というか、自分っぽさがないものを作りたくて。でもShinobuさんという一流シェフの手にかかって完成してから、やっと愛し始めました。

――2017年のRUKAさんの音楽活動は、LNSのプレワンマンライブ『LSN Preparation solo live BASEMENT THEATER』で幕開けして。その後にミニアルバム『≠』リリース、LSN×BiSHの無限地獄ライブ『CHAOS PARTY』、初のワンマンライブ『LSN 1st solo live BIRTHDAY』まではSPICEの記事にもなっているので、ここではそれ以降の活動を追っていきます。まず、夏に『SuG 10th ANNIVERSARY PROJECT[39 LIVE ADDICT chapter3 SuGフェス 2017] 』の大阪、名古屋公演に出演されていましたが、SuGとはどんなつながりがあるんですか?

接点は昔からあるんですよ。ギターのmasatoはSuGをやる前に一時期、僕んちによくいて。そこにアンカフェ(アンティック-珈琲店-)のカノン(B)も後から加わって。元々masatoはアンカフェのローディーをやってたから、その流れで。僕が当時住んでた部屋に一緒に住んでたこともあって。たいして広くもない部屋に男3人で(笑)。

――そんなつながりがあったんですね。

そう。SuGの元ドラムのMITSURUも仙台の後輩バンドにいた子だったから、その頃から面識があって、なにげにSuGは初期の頃からつながりがあったんですよ。だから、こないだの『SuGフェス』の出演オファーをいただいたときは、やっとmasatoと対バンできるのかって、嬉しかったですね。

――主催イベント以外のものに出演するときは「RUKAです」って挨拶ぐらいはしたりするんですか?

いや。一切しゃべってないです。その代わり (SuG のボーカルの)武瑠が僕とmasatoのことを話してくれたのでよかった。ライブもすごい面白かったですよ。

――LSNとDIAWOLFのツーマン『Demoniac』はいかがでしたか?

あれは、ずっと将(Vo)さんと遊んでた感じですね。あんまりライブをやった記憶がない(笑)。ライブが決まってから、打ち合わせしたりグッズ作ったりしてたので、一緒にいる時間が楽しかったですね。A9 の会報の将さんのコーナーに出させてもらったり。遊びたい人と仕事で遊べるのは、すごくいいですよね。

――その後は、挑戦状を叩きつけれられたという、BiSとのツーマンライブ『PSYCHO KiLLERS』を開催。こちらはツアー形式で、さらにコラボCD「PSYCHO KiLLERS」を会場限定で発売しました。CDのなかでLSNはBiSの「SOCiALiSM?」をRUKAさんが新たに書き上げた歌詞でカバーされたんですよね?

そうですね。BiSの曲自体、曲調がバンドの曲だから、バンドでカバーしてもあんまり変わんないんですよ。だから「ちょっと歌詞を自分っぽく変えていいですか?」って聞いて書き直したんですよね。

――ボーカルの揺紗さん曰く、RUKAさんが新たに書いた歌詞がエモすぎて素晴らしいと。

ベタ褒めしてくれてたね(笑顔)。僕は自分の感情をただ書いただけなんだけど。

――BiSへのメッセージですよね? あれは。

うん。現BiSは活動開始当初から見させてもらってるからね。歌詞を特定の人に向けて書くことなんてないから、面白かったです。

――ライブはどうでしたか?

地獄でしたね(苦笑)。疲れました、僕と揺紗はスクワットやらされたんで。

――BiSの「パプリカ」ですよね?

そう。想像してた以上にキツくて、あれをライブで2~3回やってるBiSはすげーなと思いました。僕は1曲できなかったですからね。途中から膝がガクガクしてきて、あれはキツかった……。(「パプリカ」の)スクワット考えたヤツなんなんだよって思いながらやってました(笑)。本当に辛かった。次の日は足動かないしさ。あのツーマンはそのイメージしかないな。でも『CHAOS PARTY』と違って、ガッツリ決めこんだものが多かったから、それはそれで違う感じで面白かったですね。『CHAOS PARTY』には何が起こるか分からない面白さがあって、ステージと客席の境界線をなくしていくのが目的だったんですけど。『PSYCHO KiLLERS』はあくまでも演者と観客の境界線をしっかり引いたの。だから、誰もダイブとかしなかったんですよ。

――結果、『CHAOS PARTY』と『PSYCHO KiLLERS』それぞれ別の面白さがあるイベントに仕上がった訳ですね。こちらは今後もレギュラーイベントとしてやっていく予定ですか?

やりたいですよ。1回で終わらせちゃったら、それだけでしかないから。あんま意味がない気がするんですよ。続けてやらないと。だから『Demoniac』ももう1回やりたいし。

――続けてこそ、そこからなにか生まれるものがあると。

だと思いますね。1回だけだとお互い「初めまして。よろしくお願いします」で終わっちゃうから“あそこが負けてて悔しかった”とかあんまり思わないんですね。

――でも、2~3回続けるとそこが?

変わってくる。それは『CHAOS PARTY』でツアーをやって気づいたことです。だから、1回やったものは続けてやっていきたいですね。