今年の巨人は8都市で主催試合!各球場でオリジナルエンブレムを作成

ニュース
スポーツ
2018.2.2
8都市8球場で行われる主催試合で使用されるエンブレム

8都市8球場で行われる主催試合で使用されるエンブレム

読売巨人軍は今シーズン、東京ドーム以外の8都市8球場で9試合を主催試合として行う。これに伴い、新たにエンブレムを作成する。

エンブレムは各球場のイラストや都市名などをあしらったもの。全部で8パターンあり、球団の新しいロゴも刻まれる。このエンブレムはポスターやチラシなどで使用されることになり、地元の巨人ファンにとってはたまらないものとなるだろう。

読売巨人軍の本拠地以外で行われる主催試合の数は、高校野球の関係で甲子園が使用できなくなる阪神を除くと、セ・リーグで最多になる。昨シーズンの読売巨人軍は、本拠地以外での主催試合を8試合行なったが、4勝4敗と五分の結果だった。今シーズンはこのエンブレムがファンの楽しい思い出と共に残ることになる。各地の巨人ファンのためにも、いい結果で9試合を終えたい。

イベント情報
『読売巨人軍 主催試合

 日時:4月24日(火)(vs中日/長野オリンピックスタジアム・長野市)
    4月25日(水)(vs中日/群馬県立敷島公園野球場・前橋市)
    5月22日(火)(vs広島/宇都宮清原球場・宇都宮市)
    5月23日(水)(vs広島/ひたちなか市民球場・茨城県ひたちなか市)
    7月24日(火)(vsヤクルト/倉敷マスカットスタジアム・岡山県倉敷市)
    7月25日(水)、26日(木)(vsヤクルト/京セラドーム大阪・大阪市)
    9月 4日(火)(vsDeNA/石川県立野球場・金沢市)
    9月 5日(水)(vsDeNA/富山市民球場アルペンスタジアム・富山市)

 
シェア / 保存先を選択