【動画あり】新倉瞳(チェロ)「いいアイデアが閃きそうでワクワクしています」~『STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』<What’s “スタクラフェス”?>

動画
インタビュー
クラシック
2018.8.19
新倉瞳 (撮影:岩間辰徳)

新倉瞳 (撮影:岩間辰徳)

画像を全て表示(4件)


<What's “スタクラ フェス”?> Artist Close-Up 新倉瞳


来たる2018年9月23日(日・祝)秋分の日、『イープラス Presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』(略称 “スタクラフェス” )が、横浜赤レンガ倉庫の特設会場にて開催される。会場には3つの野外ステージ「HARBOR STAGE」「GRASS STAGE」「Sunday Brunch Classic Stage(無料観覧ステージ)」が設けられ、午前10:30~午後8:30まで10時間にわたり、気鋭の演奏家たちにより、クラシックのよく知られた名曲からオペラ、ミュージカルの名曲、さらにはスタジオジブリの音楽まで、多種多様なプログラムが繰り広げられる。クラシックのコンサートといっても決して堅苦しいものではなく、屋外で潮風を感じながら、食べたり飲んだり、時には寝そべりながら、多様な音楽を気軽に楽しめるのが、このフェスの特徴だ。

このフェスのSunday Brunch Classic Stage(無料観覧ステージ)にチェリストの新倉瞳が出演する。普段はスイスに住んでいる新倉だが、日本に帰国した際に彼女から、スタクラフェス出演への意気込み等を聞くことができた。

――新倉さんがスタクラフェスに参加することになった経緯をおしえてください。

渋谷 LIVING ROOM CAFE & DINING​の「Sunday Brunch Classic」というコンサートに何度か出演させていただいていたのですが、それが出演のきっかけです。 

スイスに渡ってからクレズマーバンドでも演奏するようになりました。クレズマー音楽というのは、東欧系ユダヤ民族の民謡がルーツの音楽で、これは一見クラシックとは全然違うようでいて、実は深いところでクラシック音楽と通じています。その活動を、日本でもクラシックと並行して行っていました。

何度か「Sunday Brunch Classic」に出演させていただいたのですが、そのご縁でクレズマーバンドの来日時にLIVING ROOM CAFE & DINING​の雰囲気がとても合うと思い、演奏させていただきました。その時に、スタクラフェスの関係者の方が私の音楽に興味をもってくださり、「出演しませんか?」というお話しをいただきました。スタクラフェスは野外ステージですが、私もスイスの野外フェスで、立ってチェロを弾いたり、ボーカルも担当しておりますし、そういうワイワイした雰囲気が好きなので、すごく楽しそう!と思い、「是非!」と即答したのです

――新倉さんはボーカルもなさるのですね。知りませんでした。

そうなんです! スイスのクレズマーバンドで、イディッシュ語で歌っています。「スタクラフェスはオープン・ステージだから、合うんじゃないの?」と色々な方に言っていただきましたので、そちらも披露出来たらと思っております。

――スタクラフェスのような、飲食OKのクラッシックのフェスってあまりないですよね。

飲食をしながらクラシック音楽を聴くということに抵抗のある人は、やはりいらっしゃると思います。演奏中にカチャカチャすると集中できないとか、バリバリ食べる音が気になるとか。ただ、私もLIVING ROOM CAFE & DINING​で演奏させていただいて感じたのですが、一つのステージの中にも起承転結や波があって、演奏者も「ここは聴いて欲しい!」という雰囲気を醸し出せば、お客様も集中して聴いてくださるんです。演奏者自身、自分たちが大事にしている音楽的な部分は譲らないというところをちゃんと持っていれば、しっかり聴いていただけますし、一方で、お客様が飲んだり食べたりしながらリラックスして聴けるところもある、そういうクラシックの演奏会があってもいいのではないかなというのが、私のスタンスなんです。

――スタクラフェスでの演奏はどのような感じになりそうですか。

スタクラフェスには色々なステージがありますね。私はオーケストラと共演するのも、もちろん好きなのですが、今回は「Sunday Brunch Classic」とのつながりで出演させていただくので、LIVING ROOM CAFE & DININGで演奏させて頂いたことのある両ジャンル、クラッシック×クレズマーを掛け合わせた内容でお届けすることにしました。

共演は、クレズマー音楽を通して知り合ったアコーディオン奏者の佐藤芳明さん。ジャズ、クラシック、タンゴ、ブルガリア音楽……どんなジャンルでも弾きこなしてしまうかたで、日本を代表するアコーディオン奏者さんです。ジブリ映画の『ハウルの動く城』のテーマ曲を演奏されていますし、他にもテレビ画面から流れてくるCMのアコーディオンの音色は実は佐藤さんであることが本当に多いです。国内外の様々な環境で演奏されていますし、小編成であればあるほど佐藤さんの凄さが聞こえてくるので、今回チェロとアコーディオンのDuoですがとても心強く、いいアイディアが閃きそうでとてもワクワクしています。

佐藤芳明

佐藤芳明

――スタクラフェスに参加するにあたり、演奏者/オーディエンスの立場を超えて、楽しんでみたいことは何かありますか?

他の人の演奏を聴きたいですね。出演しているアーティストたちの中には友達も多いんです。クラシックの世界って意外と狭いんですよ。だいたいみんな知っていたりするので、そこで友達の演奏を聴けるのが楽しみです。

――では、ご自身が弾いたり、お友達のを聴いたりと、大忙しになりそうですね。

そうなんです。三つのステージ全て聴きに行きたいと思っています。ステージによって響きも全然違いそうですよね。そういう意味でも演奏者たちにとって、初めてのことが多いのではないでしょうか。それぞれの演奏がどういう風になるか予想できないからこそ、どの演奏も楽しみになってきますね。

――会場の赤レンガ倉庫や横浜界隈で、ご自身が行ってみたいスポットやお店などはありますか? または思い出の場所などはありますか?

今は海外に住んでいますが、日本にいた時は横浜に住んでいたんです。あの辺は家族とも良く行った場所なので色々知っているんですけれど、みなとみらいにコスモワールドという遊園地があって、そこの観覧車が好きなので久しぶりに乗りたいと思います。思い出と言えば、たぶん期間限定だったように思うのですが、昔、その遊園地でクリオネを見たことがあるんです。それが凄く記憶に残っています。

――お客様にオススメするスポットやお店などはありますか?

音楽の余韻を楽しめるところがあるといいですよね。もしかしたら、先ほどお話しした観覧車に乗れば、スタクラフェスの会場も見えるのでは?と思うんですが……。フェスで聴いた演奏をそこで回想していただけるといいかもしれません。日中にスタクラフェスで演奏を聴いてもらって、夜の雰囲気のいい時間に観覧車に乗るというプランも素敵なのではないかと思います。

それから、演奏の合間に中華街でランチとかも最高ですね! 一方、フェスのもう一つの醍醐味として、そのフェスの会場の中の出店で色々買って食べるのも楽しいですよね、そういうの私、すごく好きなんです。だから、会場を出なくても充分に食を楽しめるのではないかとも思います。

――まわりに楽しそうな施設も沢山あって、想像力が拡がりますね。

ほんとうに! 演奏以外にも楽しい計画が色々立てられそうです。

野外フェスの楽しみ方を良くご存じの様子で、当日、自身の演奏以外にも色々楽しみたいという気持ちがとても伝わってくるインタビューだった。横浜が彼女にとって思い出の場所ということもあり、数多くの周辺情報を聞くこともできた。ひょっとすると、当日、チェロを抱えながら会場で演奏を聴いて楽しんでいる彼女に偶然会えるかもしれない。

【動画】新倉瞳さんよりメッセージ


取材・文=清川永里子  撮影=岩間辰徳(※except for 佐藤芳明’Picture)

公演情報

『イープラス presents STAND UP! CLASSIC FESTIVAL 2018』
 
■公演日時:2018年9月23日(日・祝日)開場9:30/開演10:30/終演20:30 ※予定
■会場:横浜赤レンガ倉庫特設会場 (神奈川県)
 
■出演者(50音順):
【ソリスト】
伊藤悠貴(Vc)、伊礼彼方(Vo)、上野耕平(Sax)、大山桃暖(Pf)、金子三勇士(Pf)、北川辰彦(Bar)、小林沙羅(Sop)、小林美樹(Vn)、サラ・オレイン(Vo,Vn)、反田恭平(Pf)、髙木竜馬(Pf)、丹呉由利子(Mez)、DEPAPEPE、NAOTO(Vn)、中井亮一(Ten)、牛牛/ニュウニュウ(Pf)、藤田真央(Pf)、麻衣(Vo)、松下奈緒(Pf)、松田理奈(Vn)、三浦一馬(バンドネオン)、宮本笑里(Vn)、山本耕平(Ten)、LE VELVETS、他
【指揮】
青島広志、岩村力、横山奏
【アンサンブル】
シアター オーケストラ トーキョー、STAND UP! ORCHESTRA、ぱんだウインドオーケストラ、神奈川フィルハーモニー管弦楽団、岩城直也(Pf,編曲)

【Sunday Brunch Classic Stage】※無料ステージ
1966カルテット、こぱんだドラムス、實川風(Pf)、園田涼(Pf)、新倉瞳(Vc)、藤原功次郎(Tb)、細川千尋ジャズトリオ、正戸里佳(Vn)、mille baisers、山田姉妹、米津真浩(Pf)

【総合司会】松下奈緒

■チケット料金:
1日券シーティング:13,800円
1日券スタンディング:9,800円
半日券(14時まで):5,500円
※シーティングエリア内は座席あり・自由席になります。シーティングエリアへのご入場は「1日券シーティング」「半日券(14時まで)」をご購入のお客様に限ります。
※半日券(14時まで)は夜まで楽しみたいけど、小さなお子様がいてお昼過ぎまでしかいられない方の為にご用意した枚数限定の特別なチケットです。開場から14時まで、シーティングエリア・スタンディングエリアの両方をご利用いただけます。それ以降はご退場をお願い致します。
※スタンディングエリアはすべてのお客様にご入場いただけます。
※雨天決行 ※4歳以上チケット必要(3歳以下は保護者1名につき1名のみ入場無料)
※ステージ内容は変更になる場合もございます。予めご了承ください。

■チケット:好評販売中
 
■関連サイト:
公式サイト:http://standupclassicfes.jp
e+(イープラス):http://eplus.jp/
株式会社イープラス:http://corp.eplus.jp/
Twitter:https://twitter.com/stacla_fes2018
Facebook:https://www.facebook.com/Stand-Up-Classic-Festival-2018-216194119151436/​

■主催:イープラス/朝日新聞社/BSフジ
■協賛:クレディセゾン/ファミリーマート/テラダ・ミュージック・スコア
■後援:神奈川県/横浜市文化観光局/横浜港運協会/(一社)横浜港振興協会/tvk/FMヨコハマ
■企画制作:イープラス/Zeppライブ
■制作協力:クリエイティブマンプロダクション
■協力:日本クラシック音楽事業協会/ソニー・ミュージックエンタテインメント
■問合せ:イープラス:0570-01-2244(受付時間10時~18時・土日祝含む)
シェア / 保存先を選択