国内最大級のジャズフェスティバル『東京JAZZ』のフリーエリア「the PLAZA」に7カ国の気鋭アーティスト

ニュース
音楽
2018.7.25

画像を全て表示(3件)

2018年8月31日(金)~9月2日(日)にNHKホールをはじめ代々木公園ケヤキ並木ほかで開催される国内最大級のジャズ・フェスティバル『第17回 東京JAZZ』。その観覧無料の屋外ステージでとなるthe PLAZA(代々木公園ケヤキ並木)の出演アーティストが発表された。

昨年2017年には延べ8万人もの観客が訪れたこのイベント。国内外の実力派アーティストや、これからの音楽シーンを担う若きプレーヤーたちのパフォーマンスが無料で堪能できるのは『東京JAZZ』ならではだ。

渋谷に移転して2年目の今年、ケヤキ並木のメインステージを彩るのは、エリック・フロイマンス Oliver's Cinema(オランダ)、チクエロ-マルコ・メスキーダ(スペイン)、ザ・グラヴィティー・プロジェクト(オーストラリア)、クリストフ・スティーフェル・インナー・ランゲージ・トリオ(スイス)、グレッグ・ラミー・カルテット(ルクセンブルグ)、エレン・ドーティー(カナダ)の独創的な気鋭アーティスト達。全7組のうち今回の発表はこの6組で、あと1か国については近日発表予定とのこと。


なお会場には、木漏れ日の中、音楽を聴きながら思い思いのスタイルで楽しめるように世界各国の料理が楽しめるキッチンカー、公式グッズショップやCDショップなど様々なサービスも用意される。

また、関連イベントとして『Tokyo Jazz X』(WWW / WWW X)や『TOKYO JAZZ WEEKEND~みんなのジャズ~』(渋谷センター街)、『JAZZ at the PARK』(代々木公園パノラマ広場)なども開催決定している。

 

ライブ情報

第17回 東京JAZZ
(英文表記)17th TOKYO JAZZ FESTIVAL

■the HALL(NHKホール) 2018年9月1日(土)~2日(日)
■the PLAZA(代々木公園ケヤキ並木)2018年8月31日(金)~9月2日(日)

<出演アーティスト>
ハービー・ハンコック、ジェームス・ジーナス、トレヴァー・ローレンス Jr.、リオーネル・ルエケ、渡辺貞夫オーケストラ、R+R=NOW(ロバート・グラスパー、テラス・マーティン、クリスチャン・スコット、デリック・ホッジ、テイラー・マクファーリン、ジャスティン・タイソン)、コーネリアス、マンハッタン・トランスファー、ジョン・スコフィールド 「Combo66」
(ジョン・スコフィールド、ヴィセンテ・アーチャー、ジェラルド・クレイトン、ビル・スチュワート)ティグラン・ハマシアン・トリオ、オマーラ・ポルトゥオンド 、オルケスタ・デ・ラ・ルス、ロベルト・フォンセカ、バルバリート・トーレス、エリック・フロイマンス Oliver‘s Cinema、チクエロ-マルコ・メスキーダ、ザ・グラヴィティー・プロジェクト(ポール・グラボウスキーほか)、クリストフ・スティーフェル・インナー・ランゲージ・トリオ、グレッグ・ラミー・カルテット、エレン・ドーティー、桑原あい ザ・プロジェクト、カルメラ、ジェントル・フォレスト・ジャズ・バンド、東京中低域、青山学院大学Royal Sounds Jazz Orchestra ほか

<チケット料金>
■the HALL(NHKホール)
プラチナ・パッケージ(オーケストラボックス席+特典):19,800円
SS席:12,800円 S席:9,800円 A席:7,800円 B席:3,800円
SS席1日通し券:24,600円 SS席2日通し券:48,200円 (全席指定・税込)

■the PLAZA(代々木公園ケヤキ並木)
無料
シェア / 保存先を選択