G-FREAK FACTORY・茂木洋晃 × THE BACK HORN・山田将司 北関東が誇るロックスター2人で群馬ドライブ

動画
特集
音楽
2018.9.18

画像を全て表示(6件)

9月22日(土)・23日(日)に群馬・ヤマダグリーンドーム前橋にて行われる『山人音楽祭2018』。前身の『GUNMA ROCK FESTIVAL』から『山人音楽祭』へと名称が変更されてから今年で3年目。そしてSPICEで事前の特別企画を行うようになってからも3年目となる。主催のG-FREAK FACTORY茂木洋晃をホスト役に、初回は四星球と高崎名物のダルマ作り、第2回はHAWAIIAN6のHATANOと群馬名産のこんにゃく作り体験と、ものづくり系の企画が続いていたが、今回は少し目先を変えて、THE BACK HORNの山田将司を迎えてのドライブ企画を行った。

群馬出身/在住の茂木と、茨城出身の山田。一種のライバル関係でもある両県が誇る、いや、北関東が誇るロック界の巨頭同士が、果たして道中どんなトークを繰り広げるのか、訪れる先には何が待ち受けているのか。そして茂木の身に起こったまさかのアクシデントとは……!?  まずは以下の映像から確認してみてほしい。


 

ドライブルート
ヤマダグリーンドーム前橋→キングファミリー(古着屋)→少林山達磨寺→高崎白衣大観音

というわけで、映像ではカットとなった部分も含めれば約3時間、話題が尽きることなく語ってくれた2人のおかげで、結構貴重な映像となっているではないだろうか。G-FREAK FACTORYは昨年20周年を迎え、THE BACK HORNは今年が20周年。何気ない会話の端々からも、積み重ねてきた歳月とそこで感じてきたことの重みを感じることができると思う。何より、デビュー当時はおろか、10年前、下手すると5年前だったら、この企画自体が実現していたかどうか。そんな、揺るがない信念と肩の力が抜けた柔軟なスタンスが同居する2組が今、どんな音を鳴らすのか。それを是非目撃していただきたい。

本番の『山人音楽祭』ではG-FREAK FACTORYはもちろん、両日とも出演。THE BACK HORNは22日(土)に出演する。そして映像内にもあったように、インディーズ時代の楽曲21曲を再録したアルバム『ALL INDIES THE BACK HORN』を10月17日にリリース、それに先駆け、10月1日から年をまたいだロングツアー『THE BACK HORN 20th Anniversary「ALL TIME BESTワンマンツアー」〜KYO-MEI祭り〜』で全国を廻る。そしてそのファイナルとなるのが2019年2月8日、自身3度目となる日本武道館ワンマンだ。特別な一夜となることは言うまでもなく、ライブの内容には今から期待が高まるところだが、この映像を目撃したあなたは、ライブ中の山田の薬指にも注目してみてはいかがだろうか。


取材・文・企画・写真撮影=風間大洋   動画撮影・動画編集=大野要介

フェス情報

山人音楽祭2018
開催日:2018年9月22日(土)、23日(日)
開場・開演:9:30 / 11:00 (終演 20:00予定)
会場:ヤマダグリーンドーム前橋 (群馬県前橋市岩神町1丁目2-1)
オフィシャルサイトURL: http://yamabito-ongakusai.com/2018/
  
出演アーティスト
<9月22日出演>
Yellow Studs/打首獄門同好会/OVER ARM THROW/キュウソネコカミ/SIX LOUNGE/
G-FREAK FACTORY/SHADOWS/清水ミチコ/四星球/DJダイノジ/teto/NakamuraEmi/
NUBO/THE BACK HORN/BRAHMAN/HEY-SMITH/My Hair is Bad/MONOEYES/
ヤバイTシャツ屋さん(※五十音順)
<9月23日出演>
アルカラ/韻シスト/UVERworld/SA/音の旅crew/かりゆし58/
Caravan/サンボマスター/G-FREAK FACTORY/SHANK/Dizzy Sunfist/10-FEET/
東京スカパラダイスオーケストラ/HAWAIIAN6/FIRE BALL with HOME GROWN/FOMARE/
mabanua/ROTTENGRAFFTY/ローホー(※五十音順)
<オープニングアクト>
高崎頼政太鼓(※両日)
  
<山人MCバトル出演者>
mc kj/我次郎MIC/小池潔宗/TK da 黒ぶち/GOLBY/晋平太/NAIKA MC/
N∀OKI(ROTTENGRAFFTY)/FRANKEN/BUSS/歩歩/輪入道(※五十音順)
<司会>KIG 
<DJ>R da masta
  
<お笑いライブ出演者>
ダイノジ
5GAP(群馬出身)
えっちゅう(群馬出身)
ウラヌス(群馬出身)
アンカンミンカン(群馬出身)
せきあっし(群馬出身)
じぐろ京介(群馬出身)
マジシャンShuN(群馬出身)
  
・<チケット料金>
・1日券(9/22,9/23)  8,000円(税込)
(2日券・駐車場付入場券はSOLD OUT)
■今年から、小学生のお子様は、保護者1名の同伴があれば無料で入場可能(中学生以上はチケットが必要)。
ご家族揃ってのご来場をお待ちしています。
・<シャトルバス情報>
■公演当日、JR高崎駅、JR新前橋駅からのシャトルバスを運行。運賃は、往復1,000円、片道500円。
約10分~15分間隔での運行を予定しています。
【シャトルバス受付URL】 http://www.jtb.co.jp/tabeat/List.asp?Tourno=4e786855be1640a3a8bf2e5b
主催:DISK GARAGE/BADASS/上毛新聞社
企画・制作:DISK GARAGE/BADASS
協賛:イープラス/KIRIN/アーツサウンドビジュアル専門学校/(株)JTB /群馬トヨペット(株)/(株)登利平  
後援:前橋市/(株)エフエム群馬/群馬テレビ(株)/モテコ出版(株)
問合せ:ディスクガレージ 050-5533-0888 (平日12:00~19:00)
詳細はこちら

THE BACK HORN ライブ情報

THE BACK HORN 20th Anniversary
「ALL TIME BESTワンマンツアー」〜KYO-MEI祭り〜
<2018年>
10月01日(月)新宿LOFT
10月05日(金)札幌ペニーレーン24
10月13日(土)盛岡Club Change WAVE
10月14日(日)KESEN ROCK FREAKS    
10月19日(金)浜松窓枠
10月21日(日)米子AZTiC laughs
11月08日(木)京都磔磔
11月10日(土)金沢EIGHT HALL
11月11日(日)長野club JUNK BOX
11月17日(土)高松MONSTER
11月18日(日)高知X-pt.
11月30日(金)名古屋ダイアモンドホール
12月08日(土)福岡DRUM LOGOS
12月15日(土)なんばHatch
12月16日(日)広島クラブクアトロ
12月21日(金)水戸LIGHT HOUSE
12月23日(日)仙台Rensa
<2019年>
01月11日(金)桜坂セントラル
01月13日(日)鹿児島CAPARVO HALL
 
[ツアーファイナル]
2019年2月8日(金)東京 日本武道館
■時間:open18:15 / start19:15
■チケット代:[全席指定]¥5,800 /[着席指定席]¥5,800 /[20才以下限定指定席]¥4,200(税込)
■チケット発売日:2018年10月13日(土)
■お問い合わせ:HOT STUFF PROMOTION
[TEL]03-5720-9999 
[WEB]https://www.red-hot.ne.jp
※20歳以下チケットは、2019年4月1日段階で4歳以上20歳以下の方が対象になります。
発券されるチケットは、【座席指定引換券】となり、ご入場前に【指定席券】との引換が必要となります。
座席位置は2Fスタンド後方エリアにてランダムでの引換となります。
指定席券への引換の際に年齢が分かる身分証明書を確認させて頂く場合がございます。
対象外の方がご購入した場合、指定席券への引換並びにご入場、チケット代金の払い戻しは行いませんのでご注意ください。
シェア / 保存先を選択