【Sunrise In My Attache Case×Amelie対談】昔から繋がる縁とお互いのツボに入りハモってしまうポイントとは

インタビュー
音楽
2018.10.5

画像を全て表示(9件)

関西を中心に活動するサーフロックバンド・Sunrise In My Attache Case(以下・サンライズ)が、ニューアルバム『Light The Fire』を携えたツアー『Light The Fire Tour』を開催中。今回、11月4日に大阪VARONで、11月9日に名古屋ell.FITS Allで対バンすることが決定している、Amelieからmick(Vocal,Guitar,Piano)を迎えて、サンライズのKazuya(Vocal/Guitar)、岡P(Drums)が対談を実施。岡Pとは前からの繋がりもありつつも、それぞれのサウンドに惚れあっている二組の違いと共通点に迫る。

──2組は以前から親交はあったんですか? 先日、AmelieのツアーにSunrise in my Attache Caseが参加されていましたけども。

岡PAmelieの直人(Gt)さんがやっていた前のバンドと、ウチのギターの和希がやっていた前のバンドが対バンしていて繋がりがあったり、僕もSunriseに入る前のバンドでAmelieと2、3回ぐらい対バンしていたりして。

mick:うん、一緒にやってますよね。

岡P:そのときの打ち上げでアサケン(Amelie/Dr.)さんとすごいしゃべらせてもらったんですけど、mickちゃんとはあんまりしゃべってなくて。でも、唯一覚えてるのが、飲んでるときに「何歳?」みたいな話になったんですよ。僕のほうが先輩だったんですけど、(mickが)「なんだ、先輩じゃん!」みたいな(笑)。で、Amelieの話をしようとしたんですけど、僕、最初は“アメリー”やと思ってたんですよ。

mick:ああ。うしろを伸ばす。

岡P:で、「“アメリー”ってさ……」って言った瞬間に、「先輩、“アメリー”じゃなくて“アメリ”です」って(笑)。

──いま、眉間にシワをめちゃくちゃ寄せて話してましたけど(笑)。

mick:やばい(苦笑)。すみませんでした……。

岡P:いや、こっちも伸ばしてすみません(笑)。

mick:いやいや、すごい間違えられるんですよ。

Kazuya:俺も“アメリー”やと思ってた(苦笑)。

mick:普通に読んだらそうですもんね。たまに“アメリエ”とも言われます。

岡P:あと、昨日も超へべれけで。

mick:(取材前日にあった)「TOKYO CALLING」に出てもいないのに遊びに行って、ずっと飲んでたんですけど、2人に「明日大丈夫?」って言われて。

岡P:(ろれつがまわっていない感じで)「明日よろしくおねがしまーす!」って(笑)。いや、ほんまに大丈夫かなと思って。

──(笑)。KazuyaさんはAmelieとの親交というと?

Kazuya:僕は、しゃべるのは今日がほぼ初めてなんですよ。

mick:ウチのツアーに出てもらったときは、次の日がすごい早くて打ち上げどころじゃなかったので、ほぼしゃべれずに「解散!」みたいな。

岡P:乾杯だけっていう。

──Amelieは大阪、名古屋に出演されますけども、この感じだとありそうですね、打ち上げ。

Kazuya:100%ありますね(笑)。

岡P:大阪の次の日はがっつりあけてもらったんで、mickちゃんには盛大に……(笑)。

mick:おまかせください(笑)。

──どうなるか楽しみですが(笑)、mickさんは、Surise in my Attache Caseに対してどんな印象を持っていますか?

mick:この前、ツアーに出てもらったときに初めてライブを観たんですけど、超かっけー!と思いました。あんまりいないじゃないですか、Sunriseみたいなバンドって。歌も上手だし、演奏も上手だし、曲もいいし。出番前だったんですけど、お客さんに混じってすごいノリノリで観させてもらって。お酒飲みながら観たいなあって思いましたね。

岡P:「お酒があう」っていうのはよく言われる。

mick:あと、夏に外で聴きたいなって思いました。野外にめっちゃ合いそう。

──岡Pさんは、Amelieの印象というとどんなものがあります?

岡PAmelieはバチクソうまいっすね。この前のツアーに参加させてもらったのは、僕らが先にAmelieを誘っていて、それでAmelieも僕らを誘ってくれて……っていう流れだったんですけど、昔に対バンさせてもらったときから、「メグリメグル」っていう曲がめっちゃ好きで。それをこの前のツアーでやってくれへんかなと思って、アサケンさんに「やりますか?」って聞いたら、「やる」って言ってたんで、ひとりですっごいテンションあがって(笑)。

mick:(笑)。結構定番曲になってるんですよ。

岡P:しかも、ライブだと音源よりもテンポ上がるやん。

mick:上がってますね。

岡P:そこもすごい好きで。最初に曲を聴いたときに一発で覚えたし、めっちゃかっこええバンドおるやんっていう印象がずっとありますね。

Kazuya:僕は正直この前のツアーで初めて曲を聴いたんですけど、結構ゆったりな感じでやるんかなと思ったんですよ、最初のイメージでは。そしたらバーン!ってきたから、マジか!?と思って。あと、mickちゃんの声が僕的にめっちゃ好きで。カツーン!ってまっすぐ飛んでくるんですよね。本番前に声出ししてたときもずっと聴いてて、ええなあって。

岡P:確かに言ってた(笑)。

mick:うるさかったですか……?

Kazuya:いやいやいや、心地よかった。もっと歌ってくれへんかなって。

mick:嬉しいなあ。

──mickさんは対バン相手が声出ししているところを聴いたりします?

mick:したことないです。でも、聴くというか、混ざっちゃうんですよ。自分が知ってる歌を歌っていたりしたら、一緒に入って歌ったりしちゃうんで、たぶんすごい邪魔だと思うんですけど。

──怒られたりしたことは?

mick:ないです。「わー!」って入っていくと、結構こっちに寄せてくれます(笑)。

岡P:そこはキャラが得っすよね。僕らがmickちゃんみたいに「わー!」って行ったら、「お前ら何なん?」って言われて終わりやから。

Kazuya:そうやな(笑)。

──それぞれのバンドに共通点や近しいものを感じたりはしますか?

mick:ライブを観ていて思ったのは……後ろノリっていうのかな。あれはなんていうんだろう。

岡P:ビート的なところ?

mick:うん。そこがウチのドラムと近い曲もあるかなって思いました。

岡P:僕、アサケンさんのドラム、めっちゃ好きなんですよ。職人だよね。ムカつくぐらいうまい。

mick:確かにあれはうまい。

──グルーヴ的な部分で近しいところもあると。Sunrise側としてはいかがでしょうか。

Kazuya:心地よさかなあ。僕らは聴かせる曲が多いというか、バラードもあったりするんですけど、Amelieにもそういう曲があって。最近はそういう曲をやるバンドが少ないから、そこに共通するところは感じましたね。

mickAmelieのことをそういう風に思ってくれたのは嬉しいです。なんか、“ライブライブしているライブ”というか、自分でもAmelieはライブバンドだなと思うんですけど、なんか、ギャンギャンやっちゃってるのかな……って自分で思っていたので。

岡P:いや、Amelieはめっちゃグッとくるよ。俺、ワンマン観たら泣いてると思う。

──せっかくの対談なので、この機会に聞いてみたいことはありますか?

mick:曲はどうやって作ってますか?

Kazuya:最近は、僕が一番だけ全部作って、そこから後ろをメンバーが全部考えるっていうのをやったんだけど。

mick:へぇー! おもしろい。

岡P:この前出したミニアルバム(『Light The Fire』)で、初めてそういう作り方をしたんですよ。時間がなかったんで(笑)。基本的にはKazuyaがほぼ完成形を作ってきて、メンバーでアレンジしていくスタイルだけど、多分mickちゃんが聞きたがっていたのはもうちょい根っこの部分ちゃう?

Kazuya:そうやろうな(笑)。たとえば、どこかにドライブに行って、この景色にあうサウンドを作ろうって。で、家に持って帰って、あの景色にあう音だと……みたいな。で、歌詞をはめていくっていう。

mick:サウンド的なイメージから膨らませていって……。

Kazuya:そうそう。

mick:へぇー。やったことないなあ。

Kazuya:逆にどうやって作るの?

mick:なんか「あああああああ!!!!!」ってなったときとかに作ります。内面というか、心の浄化みたいな感じの作り方のほうが多いかもしれないです。

Kazuya:ああ。それもあるかも。でも、基本的には聴いた人がどんな場面なのかわかるようにはしてるかな。そこで見える景色や風景は人それぞれでいいんだけど、たとえば雨とか。そういうのは意識して作ってはいる。

mick:すごくアーティスティックですね。

──「あああああああ!!!!!」ってなって曲を作るのもアーティスティックだと思いますよ。

mick:そうですか?

岡P:そうだよ(笑)。「あああああああ!!!!!」ってなったら、普通は暴飲暴食とかに行くから。でも、確かに曲作りに関しては(Kazuyaは)mickちゃんとは全然違うかも。

mick:そういう部分ではあんまり共通点はないのかなあ。日本語の曲ってあんまりないですよね?

岡P:ちらほらある。2、3曲ぐらい?

Kazuya:うん。

mick:なんで英語で歌うんですか?

Kazuya:好きやから(笑)。

mick:私も好きだけど書けないし、書いたことないし、書いてもたぶん意味不明な歌詞になっちゃいそう。だから英語で歌う人ってすごいなって。

Kazuya:俺らは手伝ってくれる人もいるから。

岡P:でも、Amelieみたいに日本語がばっちりはまるバンドもうらやましいよな?

Kazuya:うん。

岡P:なんか、英詞でずっとやってきたから、固定概念みたいなものがあるんですよ。自分らの中で違和感があるというか、日本語がちょっとでも入ると「英詞のほうがええんちゃう?」って。だから日本語をばっちりはめてくるバンドはうらやましい。

──Sunriseのお2人からAmelieやmickさんに聞いてみたいことはあります?

岡P:僕が昔やってたバンドも女性ボーカルだったんですけど、女性ボーカルのバンドって、男が結構気を遣うんですよね。そういう話をよく聞くし、自分もそうだったんですけど、逆に、mickちゃん側からしたら、「男3人いるの嫌だ」って思うことあるんかなって。

mick:どうだろうなあ。

岡P:メンバーの前で着替えたりする?

mick:無理。隠れる。

岡P:よかった。キャラ的にやってそうやから(笑)。

mick:いや、さすがに(笑)。あんまり女の人っぽくないんだと思います、私は、きっと。

岡P:「うん」っていうのも失礼やけど(笑)。

mick:(笑)。それでいい。

Kazuya:移動中のときに曲を書いたりする?

mick:しません(笑)。するんですか?

Kazuya:いや、全然しない(笑)。

mick:逆に移動時間はインプットに回してます。映画を見たり、本は(車移動だと)酔うから無理だけど。

岡P:安心やな。「書いてます!」って言われたら、俺ら頑張らなあかんとこやった(笑)。

mick:きっとやったほうがいいんでしょうけどね。でも、家がやっぱり一番できるから。

Kazuya:うん。ライブのときも楽屋でみんなせっせとやってるけど、あれができひんタイプやから。

mick:パソコンに打ち込んだりします?

Kazuya:するする。でも、基本的にはアコギ1本でボイスメモに録るのが最初。

mick:へぇー。Amelieはパソコンに打ち込むっていう作業をまったくしないんですよ。全員超アナログだから、(曲を作るときは)いつも私か直人さんが弾き語りで持って行って、スタジオで発表会みたいに「はい、じゃあ披露しまーす」みたいな。そこからみんなであわせて、イントロとか細かいキメとかをどうするか全員で考えていく感じなので。

──その発表会、めちゃくちゃ緊張しそうですね。

mick:めっちゃ緊張しますよ。

岡P:そこは作曲者みんなそうやろうな。

Kazuya:うん、最初に聴かせるときは緊張する。で、みんなの反応が悪かったりしたら、「チッ、くそっ!」みたいな(笑)。

mick:私はしょげちゃう(笑)。最近は発表会で緊張するのが嫌だから、先にボイスメモで録ったやつを送っておくんですよ。で、みんなもう聴いてるから大丈夫だろうって、自分を落ち着かせてやってますね。

岡P:でも、いまってそういうスタイルで曲作るバンド、珍しくない?

mick:そうなの?

Kazuya:確かにみんな先にパソコンでやってる気はする。

mick:できたらいいんですけどねえ。覚えるまでに時間がかかりそうだけど、便利なこともいっぱいあると思うし。

岡P:いや、できなくていいと思うよ。クオリティをしっかり保てているから、パソコンに縛られちゃうと逆に変な方向行っちゃいそう。まあ、めっちゃ偉そうに言ってるけど、俺、全然(パソコン)触られへんけど。あと、Amelieは同期ないやん。

mick:ないですね。

岡P:それがうらやましい。mickちゃんはギターもピアノも弾けるやん。ウチもキーボードの音が結構入ってるけど、全部同期やから。

mick:誰が弾いてるんですか?

岡P:Kazuyaが全部打ち込んでる。

Kazuya:ピアノはやってこなかったけど、コードはなんとかわかるんですよ。

mick:逆にやってなかったのにできるのはすごいと思います。

Kazuya:音をとるのはちょっと得意だから。でも、弾きながら歌うとなると絶対にできない。

岡P:メンバー同士で飲みに行ったりする?

mick:私と直人さんが一番あるかな。昨日のTOKYO CALLINGも「ライブに行くかー」って。それをパトロールって言ってるんですけど(笑)。あと、あっきーは行っている美容室が同じで、そこの美容師さん周りの集まりでなぜかよく会うという(笑)。

岡P:そうなんや。

mick:みんな歳近いんですか?

Kazuya:近いっちゃ近い。2つずつ離れてるぐらい。

岡P:ライブのリハが終わってから本番までの空き時間も、ひとりになることってないよな?

Kazuya:基本一緒におるな。

mick:仲良いですね。

岡P:コンビニ行くときも声かけるし。

mick:あっきーがそうなんですよ。「ひとりでコンビニぐらい行けるようになれよ!」って言っちゃう。

岡P:そんなん言われたらめっちゃ寂しいわ(笑)

mick:確かにしゅーんってしてます。

岡P:恋バナとかしないの?

mick:あ、恋バナはするかも。

岡P:そこはするんや(笑)。まあ、そこは曲にも反映されるしな。

──そろそろお時間なんですが、最後にお互いのバンドがこうなってくれると嬉しなというエール交換で締められればと思います。mickさんはいかがでしょうか。

mick:さっきちょっと言ったんですけど、めちゃくちゃロケーションのいい野外で観たいです! 野外フェスとか。

岡P:それは僕らも思いますね。

KazuyaAmelieはめっちゃでかい野外ステージで観たいですね。やっぱりパワフルやから、そのパワーがお客さんとどういう感じで一体になるんやろうなって。

岡P:まだ僕らはフェスの大きいステージには立てていないけど、お互いメインステージで会いたいですね。

mick:いいですね、それ。で、バックヤードでウェーイ!って。

岡P:最高! 一緒にうまい酒が飲みたいよね。暗いライブハウスの地下でベロベロになるよりは、フェスのメインステージでベロベロになりたい。

mick:じゃあ、メインステージで会おう!

 

取材・文=山口哲生  撮影=三輪斉史

ツアー情報

Sunrise In My Attache Case​『Light The Fire Tour』
10月12日(金) 仙台MACANA
w / G.F.D City / BruteRocks
10月14日(日) 札幌DUCE
w /NoisyCell / Bless Of September / The Hurry’s
10月20日(土) 広島Cave-Be
w / AIRFLIP / Slimcat / odd five / AuRoRa
11月3日(土) 高松DIME
w /SIGHTS / SUNSHINE DUB
11月4日(日) 心斎橋VARON
w /LOCAL CONNECT / Amelie
11月9日(金) 名古屋ell.FITS.ALL
w /LOCAL CONNECT / Amelie
11月11日(日) 渋谷TSUTAYA O-Crest
w / Newspeak / SPiCYSOL

ライブ情報

Amelie presents「ノスタルジックシアター 〜平成最後の二人三脚〜」
2019年1月12日(土) 大阪 福島LIVE SQUARE 2nd LINE
2019年1月14日(月/祝) 名古屋ell.FITS ALL
2019年1月26日(土) 渋谷CLUB QUATTRO
出演:
Amelie / +1BAND
チケット代:
ADV:3,000yen(+1Drink)
【大阪、名古屋公演】
開場/開演 17:30/18:00
【東京公演】
開場/開演 17:00/18:00
【問い合わせ先】
大阪:GREENS
名古屋:サンデーフォークプロモーション
東京:DISK GARAGE
  
イープラスチケット先行販売
9月22日 22:00 ~ 10月8日 23:59まで

シェア / 保存先を選択