『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』でホストを務める関根麻里が語るディズニー愛。「魔法にかかりっぱなしの人生です」

インタビュー
舞台
2018.10.17
関根麻里

関根麻里

画像を全て表示(7件)

 

2019年1月31日と2月1日、『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』が日本に初上陸する。アメリカ・ボストンのボストン・シンフォニー・ホールやイギリスのロンドン・ロイヤル・アルバート・ホールで上演され、人気を博したコンサートが初来日を果たす。ブロードウェイのディズニー・ミュージカルでメインキャストを務めたミュージカルスター4人により、 「Beauty and the Beast」(『美女と野獣』より)、「Hakuna Matata(『ライオンキング』より」、「A Whole New World」(『アラジン』より)、「Part of Your World(『リトルマーメイド』より)、「Supercalifragilisticexpealidocious」(『メリーポピンズ』より)ほか、ミュージカル作品のみに登場する名曲も披露される。

ホストを務めるのは関根麻里。自他共に認める、熱いディズニーファンである関根に話を聞いた。

(c)Disney ※写真は、2016年ロンドン公演より

(c)Disney ※写真は、2016年ロンドン公演より

ーーホスト役として出演が決まった時はどう思われましたか。

少しでも関わることができるなんて、光栄としか言いようがありません。 ひとりでも多くの方にディズニーの魅力を届けることができたらいいなと思いました。実際にブロードウェイで活躍されている、しかもオリジナルキャストが来日して歌ってくださるとは、なんて貴重な機会でしょう! 一夜でディズニーの名曲の数々を一度に聞くことができる。絶対に新たな発見や気づきがあると思います。初心者の方にはディズニー・デビュー作品としてぴったりですし、通の方はたまらないはず。どんな方でもお楽しみいただけると思います。

ーー関根さんはディズニーの大ファンとか。ディズニー愛を語ってください!

我が家は父母、私、娘と、三世代でディズニーが大好き。私は物心ついた時からVHSでディズニーアニメを見て育ちました。『白雪姫』『ダンボ』『ピノキオ』『ピーターパン』から始まり、『バンビ』『眠れる森の美女』『シンデレラ』『ジャングルブック』など。ドナルドやミッキー、プルートなどの短編のカートゥーンも見ましたね。同時に、ディズニーのパークやリゾートもよく家族で訪れました。

少し大きくなって、『リトルマーメイド』『アラジン』『美女と野獣』『ライオンキング』などは映画館で見ましたね。映画には映像の美しさ、音楽とストーリー、キャラクターの素晴らしさが詰まっており、どの世代が見ても心に響く普遍的なメッセージが入っています。子供の頃に見た映画を大人になっても見直すと、違うメッセージを感じ取ることができたり、違うキャラクターに感情移入したり。愛についても、家族の愛、男女の愛、友情など幅広く、作品や時代によって描き方が変わります。その上、必ずクスッと笑えるポイントがあって、私はずーっと心を鷲掴みにされてきました(笑)。今も魔法にかかっている状態です。

アルトン・フィッツジェラルド・ホワイト&ジョシュ・ストリックランド (c)Disney ※写真は、2016年ロンドン公演より

アルトン・フィッツジェラルド・ホワイト&ジョシュ・ストリックランド (c)Disney ※写真は、2016年ロンドン公演より

――2歳の娘さんも、ディズニーに馴染んでいらっしゃる?

はい。1歳の時、劇団四季『ライオンキング』を見たんです。私が18周年のプレゼンターとして花束贈呈をした際、娘も声をかけていただいて。まだ早いかな?と思いましたが、親子観劇室があるというので挑戦してみました。すると、娘はものすごくよく見てくれて。出てくる動物を全て「ワンワン!」と呼びながら(笑)。「サークル・オブ・ライフ」が印象に残ったのか、この観劇をきっかけに娘はライオンのことを「あー」と呼ぶようになりました(笑)。そこで『ライオンキング』のブルーレイを買って家で見て、20年以上前に実家で買ったCDを何度聞いたことか。公演パンフレットも繰り返し読んだので、ボロボロになってテープで貼ったくらいです。

次に娘がハマったのは、実写版の映画『美女と野獣』。当時、1歳半過ぎでビーストもリアルだし、大丈夫かな?と思ったのですが、ママズクラブシアターという赤ちゃんと映画を見れる回に行ったら、ものすごく集中して見ていました。映画に出るものを覚えて、時計、キャンドル、バラを見ると「ビースト」と呼び、ベルが出てくると「ママ」と呼んでくれるんですよ(笑)。

関根麻里

関根麻里

――可愛いですね! 関根さんは、アメリカでミュージカルの舞台をご覧になったことはありますか。

はい。私は、ボストンに留学している時、ちょうど『ライオンキング』の全米ツアーが始まり、初めてボストンにやってくる!と街全体が大盛り上がりでした。春公演のチケットが冬に発売されて、私は極寒の中、朝5時に並びに行きました。すると、すでに長蛇の列! 待っている間、プロモーションでコーヒーやドーナツが配られ、前後の方とお話ししたり、並ぶこと自体が楽しかったです。特集が組まれていたので、どんな公演かは想像ついたのですが、実際に観劇したら、動物たちが列を作って後方から登場し、生演奏をバックにした歌の熱さにシビれました! 想像を軽く超えて、生で体感する素晴らしさはもう衝撃でした。後日、もう一度見たくなり、安いラッシュチケットを買って見たくらいです。

ニューヨークに遊びに行った際には、ブロードウェイで『アイーダ』と『美女と野獣』を見ました。やはり、音圧がすごいんですよ。オーケストラの生演奏とキャストによる生歌は、音が厚くてよく響く。ほんと、聞き入ってしまいました。今も忘れられない……。見事に魔法にかかりましたね。

また『ライオンキング』のバックステージツアーに参加して、舞台裏で扮装のお面を手にとって触ったり、大道具小道具の収納を見たり。ブロードウェイのツアーに参加した際はアンダースタディのキャストに会うことができて、「ムーラン」の曲をその場で歌ってくださり感動しました。

アシュリー・ブラウン (c)Disney ※写真は、2016年ロンドン公演より

アシュリー・ブラウン (c)Disney ※写真は、2016年ロンドン公演より

ーーディズニー作品はなぜこれほどまでに、私たちを魅了すると思いますか。

物語を伝えていきたいというウォルト・ディズニーさんの意思が、何世代にもわたって受け継がれているからだと思います。そこに夢、魔法、イマジネーションが詰め込まれ、その世界に触れた人は魔法にかかってしまう。私もずっと魔法にかけられっぱなしです。もちろん、作品に込められたメッセージの強さも魅力です。

ーー人生を変えた作品はありますか。

『美女と野獣』のベルには感情移入しました。ベルが一風変わった父親を持っているからですかね?(笑)。あと、ビーストがすごくカッコよく見えて、最後、王子様に変身して人間の姿に戻ると、あれ?と思ったり。王子様も素敵なのに、ビーストがカッコよすぎちゃって! 私はチップが大好きで、小3の時に買ったチップのプラスチックのコップをずっと歯磨き用に使っていて、入院した時もそのコップを心の拠り所として持っていきました。今もまだ実家にあります。大人になって、陶器バージョンであるポット夫人とチップのティーポットセットを手に入れて、家に飾っています。

またポカホンタスも大好きで、小5のハロウィンでは麻袋で衣装を作り、石のネックレスをつけて仮装。ピアノの発表会では、「カラーズ・オブ・ザ・ウィンド」を弾きました。ベルの次はポカホンタスになったつもりでした(笑)。

今は娘が日替わりプリンセス状態(笑)。アリエル、ベル、オーロラ、ラプンツェル、メリダなど日々変わります。ちなみに今日の娘はソフィア。私の子供時代にはいなかったキャラクターですね。3歳の誕生日には、「ディズニーランドでビビディ・バビディ・ブーしたい(ビビディ・バビディ・ブティックでプリンセスに変身。3歳より可能)」と毎日言っています。

「Beauty and the Beast」 (c)Disney ※写真は、2016年ロンドン公演より

「Beauty and the Beast」 (c)Disney ※写真は、2016年ロンドン公演より

ーー今回、『メリー・ポピンズ』でメリーポピンズ役のオリジナルキャストを務めたアシュリー・ブラウン、『ターザン」でターザン役のオリジナルキャストであるジョシュ・ストリックランド、『ライオンキング』のムファサ役で最多上演数を誇るアルトン・フィッツジェラルド・ホワイト、『ライオンキング』ナラ役として活躍したキシー・シモンズが来日。贅沢なコンサートになりそうですね。

俳優の皆さんは歌唱力抜群ですし、歌をキャラクターになり切って表現される力もお持ちです。その表現力が見どころ、聞きどころになるはず。特にオリジナルキャストはその役を作り上げたご本人ですから、必見です。

何より、わざわざニューヨークに行かなくても、本場の歌声を聞けるのですから、本当にラッキー。だって、ニューヨークに行くことって大変じゃないですか。まずスケジュールを調整し、休みを取って、最短3日は必要。その上、向こうでいくつもの作品を見るとなると、1日では到底足りません。しかも人気作品はチケットが入手できるかわからないし、すでに上演されていない作品もあります。それが一晩でまとめて楽しめてしまうのですから、なんてお得でしょう!(笑)。本当にチャンスです。私も早く1月、2月が来ないかなぁと楽しみにしています。

取材・文=三浦真紀

公演情報

『ディズニー・ブロードウェイ・ヒッツ』

■公演日程:
2019年 1月31日(木)18:00開場 19:00開演
2019年 2月 1日(金)18:00開場 19:00開演
■会場:パシフィコ横浜 国立大ホール
■チケット料金: VIP席 ¥16,000(お土産付き、前方席保証)、S席¥11,000 、A席¥8,640 、学生席¥5,500(全席指定・税込)
■一般発売:11/17(土)10:00〜

 
■キャスト:
アシュリー・ブラウン
ジョシュ・ストリックランド
アルトン・フィッツジェラルド・ホワイト
キシー・シモンズ

ホスト:関根麻里
ゲストシンガー:海宝直人

 
シェア / 保存先を選択