NOCTURNAL BLOODLUST、摩天楼オペラ、Initial’L、Rides In ReVellion出演『VisUnite Fest Special Edition Vol.4』レポート

レポート
音楽
2018.12.21
NOCTURNAL BLOODLUST

NOCTURNAL BLOODLUST

画像を全て表示(15件)

VisUnite Fest Special Edition Vol.4
2018.12.10 渋谷ストリームホール

ヴィジュアル系に特化したプラットフォームアプリ・VisUniteが主催するイベントライブの第4弾『VisUnite Fest Special Edition Vol.4』が、12月10日に渋谷ストリームホールにて開催。シーンの中でもヘヴィなサウンドを身上とするバンドが集まり、その魅力的なラインナップに、オープンして3ヶ月の真新しい会場はソールドアウトに。フロアをパンパンに埋め尽くしたオーディエンスと共に、オープニングアクトも合わせた5バンドが熱狂のステージを繰り広げた。一方、転換時にはmasato(METROPOLIS de ONELIA/ex.SuG)と椎名ひかりによるMCも挟み込まれ、メイクやアパレル、果ては日本刀(!)まで、当日、会場に設置されていたバラエティ豊かなブースの紹介も。ライブのみならず、それを取り巻く全てのカルチャーを含め、ヴィジュアル系というシーンを広く興隆させていこうという意欲を、節々から感じられるイベントとなった。

MC:椎名ひかり、masato

MC:椎名ひかり、masato

re:gletA

re:gletA

羽織袴のmasatoに和装をベースにしたピンクドレスの椎名と、VisUniteのビューティープロデューサーである柳延人&Studio Ciel提供による華やかな特別衣装に身を包んだ2人が冒頭で挨拶して、オープニングアクトとして登場したのはVisUniteアプリ内のランキングで1位を獲得したre:gletA(リグレッタ)。荘厳なSEでステージに現れるや、猛烈なヘドバンビートを繰り出し、重低音の利いた勢いのあるプレイと暗黒童話めいたファンタジックな世界観という一見相反した要素を叩きつけて、メインアクトへとバトンを繋ぐ。

Rides In ReVellion

Rides In ReVellion

トップバッターを務めたのは、90年代のシーンを彷彿させる旋律と最新のデジタルサウンドの融合をテーマに、関西を拠点に活動しているRides In ReVellion。メンバー名を呼ぶアナウンスを受けて順に入場し、最後に黎(Vo)が巨大バンドフラッグを投げ放つオープニングといい、1曲目の「F.A.T.E.」で疾走するサウンドに乗る美旋律といい、ステージ中央で渚(Ba)と背中合わせになりながらTaJI(Gt)が奏でる長尺のギターソロといい、なるほど、ヴィジュアル系の黎明期を築いた先人たちの影響が其処此処に。続く「HORIZON」のラストで黎が雄叫びをあげると、「SURRENDER」の重厚かつ軽快なビートでオーディエンスに拳と声を掲げさせ、TaJIが巨大な銅鑼を連打して拡声器でフロアを煽り立てるというカオスぶりも、ある意味では“様式美”と言えるだろう。一方、「ETERNAL」では朗々たる歌唱でウェットなムードを醸しながら、客席をジャンプさせるという“今”だからこその情景も。最後は「憧れ続けていた人たちと同じステージに立てていることを幸せに思います。子供の頃から願っていた夢が叶って、俺は本当に嬉しい!」という黎の言葉から、「約束の歌です」と、目の前のオーディエンスを見据えて「カレタソレイユ」を贈る。曲中、想いを込めて歌唱する黎の「最高の夜でした! ありがとう!」という叫びには拍手も湧き、感謝と喜びに満ちたパフォーマンスで大きな感動を与えてくれた。

Initial‘L

Initial‘L

バンド名がコールされて「車運転しそうな名前ですね!」と椎名ひかりが呟いたInitial‘Lは、まさしく疾走するマシンを思わせるようなスピード感で場内を切り裂いて、幕開けの「Can You Feel It?」からフロアを拳の海に。細身のスーツにサングラスというスタイリッシュな出で立ちから、セクシーにして間違いなくロックなボーカルを放つ悠希(Vo)も、続く「ALL I WANTED」ではクラップ&ジャンプとオーディエンスを自在に操り、余裕たっぷりに挑発して隙がない。「先ほど言ったように、ドリフトかましていくんでよろしくお願いします」と、冒頭の素直な感想に返す機転の利いたMC運びも見事だ。会場一体となったパワーコーラスで強いメッセージを届ける「EVERY TIME YOU GO」に「WAKE UP」等、比較的ラフなヴィジュアルから繰り出されるシンプルなバンドサウンドと深みのあるプレイから感じられるのは、自由な姿で自由に音を奏でることの喜び。キャリアに裏打ちされた淀みのないライブ展開と合わせ、観る者の心をも開放してゆく。ラストは「CALLING」でメンバー5人全員が全エモーションをさらけ出し、演奏を終えるとシルクハットとメガネがトレードマークのサトシ(Gt)が「Thank you Baby! 今から片付けるから待ってろ!」と一吠え。やりたい音楽を、何物にも制限されず好きなように表現してゆく――そんなポリシーの伝わるステージに、ジャンルの枠を超えた活躍を期待したくなった。

摩天楼オペラ

摩天楼オペラ

続いて流麗なピアノSEから、豪奢な絨毯の敷かれたステージに降臨したのは摩天楼オペラ。荘厳なメタルサウンドが鳴り響き、裸足の苑(Vo)がシャーマンのように最新シングル「Invisible Chaos」を舞い歌えば、フロアからも一斉に腕が上がる。しかし、その核にあるのは喜怒哀楽が混ざり合った実に人間くさい感情であり、そんなエモーションがこの日のステージでは爆発。「摩天楼オペラ、今日が2018年最初で最後のイベント出演です。今年はいろんなことがありましたが、今は来年のアルバムに向けて、来る日も来る日もレコーディングをしています。机の上に座ってるだけなんで、人でいっぱいのこの景色が見たかった! ここからエンジンかけます!」と上ずる声で宣言した苑のMC通り、「Psychic Paradise」に「ANOMIE」と、ライブの鉄板曲を並べた攻撃的に過ぎるステージで、観る者の心と身体を躍らせまくる。熱量の高い演奏を燿(Ba)がドッシリと支える一方、普段は下手に据え置いたキーボードとショルキーを使い分ける彩雨(Key)も、本日は後者一本で弦楽器隊と同じようにステージを駆け、上手のJaY(Gt)まで絡みに行く場面も。そのJaYは加入して7ヶ月ながら、すっかり自分のスタイルを確立してギターソロを放ち、サポートのHibiki(Dr)も立ち上がってタイトな爆音ビートを刻む。さらに「孤独を知るには1秒も長すぎる」で、ライブ後に椎名ひかりが「オペラ感すごかった!」と評した苑のビブラートが場内の空気を震わせて“名は体を表す”を地で行くと、屈指の名曲「GLORIA」でフィナーレへ。ダイナミックに打ち鳴らされるドラムに、鍵盤からギターへのドラマティックなソロ繋ぎで“今”の摩天楼オペラを叩きつける一方、壮大なサウンドメイクに乗せて“生きた証を灯そう”と、彼らの音楽にある変わらぬテーマをしっかりと提示。新たな編成で目覚ましい成長を遂げつつある今のバンド状態とシチュエーションを反映させた嵐のようなステージに、客席からは大きな拍手が湧き起こった。

NOCTURNAL BLOODLUST

NOCTURNAL BLOODLUST

そして登場前から大歓声を浴びた大トリが、エクストリームミュージックの旗手・NOCTURNAL BLOODLUSTだ。「Pleasure of Torture」、すなわち“拷問の喜び”という物騒な名を持つナンバーでの幕開けから、7弦ギターと6弦ベースによるローチューニング極まるプレイと尋(Vo)のシャウトが轟き、フライングVを抱えたCazqui(Gu)はくるくると回転。初っ端からキレたステージで客席を激しく揺動し、オーディエンスに興奮の一途を辿らせる。続く「Punch me if you can」ではタイトルの通り、尋が「殴れるもんなら殴ってみな!」と拳を煽るや、湧き上がるヘッドバンギングと掛け声が一斉に場内を席巻。Natsu(Dr)は鬼のような高速ビートを放ち、フロアごと床が抜けるのではないかという勢いで繰り出される満場のジャンプが、2階の関係者席まで揺らしまくった。そこから「この会場丸ごとブッ壊してこい!」と尋が号令をかけ、その台詞とは対照的な「Unbreakable」に雪崩れ込むという流れもニクいもの。デジタリックなイントロから“オイオイ!”とあがる拳に湧き起こるモッシュ、凄まじいヘドバンと、どれだけオーディエンスが激しく暴れようとも“Unbreakable=壊れない”ものとは何なのか――。爆音に差し込まれる美しいメロディに耳を傾けながら、そんな想いが頭を巡ってしまう。ひたすらに音の圧と爆発力という肉体的な説得力だけで勝負しているように見えて、そのパフォーマンスはそれぞれの楽曲の主張と実は密接に結びついているのだ。

「イケるか! 男も女も関係ないぞ、今日はパーティだ!」という尋の言葉に続き、Cazquiが巨大クラッカーを鳴らした「V.I.P」ではフロアの狂乱度はさらに増して、コール&レスポンスの大合唱に。その声にわずかな切なさが感じられたのは、年内限りで幕を閉じる現体制への惜別の念の表れか。そして「ラスト行こうか。今日一番のてめぇらの覚悟見してこい。お前らの目の前にいるヤツをぶっ殺せ!」とオーディエンスを左右に分けて、ウォール・オブ・デスを挑発したのは「銃創」。ガラ空きになった中央のスペースに、まるで抗争のように左右から人が雪崩込んでぶつかり合う光景には、思わず背筋が震えてしまう。しかし、そんな一種暴力的なアクトが、完璧に音をコントロールせしめる高度な演奏力で繰り広げるからこそ、嘆きと苦しみをメロディックに歌うサビが心に刺さるのも事実。最後に高々と拳を掲げる客席に、ニヤリと胸を叩いて応えた尋。鳴りやまぬアンコールの声を浴びながら、音楽で全ての想いを吐き出したと言わんばかりに5人はステージを去って、3時間半にわたるイベントを締めくくった。

取材・文=清水素子 撮影=Anastasia

VisUnite Fest Special Edition Vol.4

VisUnite Fest Special Edition Vol.4

VisUnite Fest Special Edition Vol.4

VisUnite Fest Special Edition Vol.4

VisUnite Fest Special Edition Vol.4

VisUnite Fest Special Edition Vol.4

VisUnite Fest Special Edition Vol.4

VisUnite Fest Special Edition Vol.4

 

VisUnite情報

VisUnite PRESENTS「VisUnite Fest Special Edition Vol.4」 
【公演日】2018年12月10日(月) 
【会 場】渋谷ストリームホール 
【時 間】開場16:30/開演17:00 
【料 金】前売4,860円(D別)/当日5,400円(D別) 
【出 演】摩天楼オペラ / NOCTURNAL BLOODLUST / inithial'L / Rides In ReVellion / and more
               *OAは、VisUniteアプリ内ランキング 1位のバンドに出演権 
【M C】  masato(METROPOLIS de ONELIA / ex.SuG)、椎名ぴかりん

◆VisUnite Festイベントオフィシャルサイト https://visunite-fest.com/

◆「VisUnite」iOS 版ダウンロード URL 
https://itunes.apple.com/us/app/vu-ijuaru-xipurattofomuapuri/id1156748781?mt=8
◆「VisUnite」Android 版ダウンロード URL 
https://play.google.com/store/apps/details?id=com.visunite.vunite
シェア / 保存先を選択