舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝- 第3弾キャストに萩谷慧悟と大高洋夫が決定 TVシリーズ出演キャストによるアフタートークの開催も予定

ニュース
舞台
アニメ/ゲーム
2019.1.10

画像を全て表示(4件)

2019年3月9日(土)~24日(日)東京・日本青年館ホール、3月28日(木)~31日(日)京都・京都劇場にて上演される、舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝- の第3弾となるキャストが発表された。

平成仮面ライダーシリーズ初の演劇作品となる本公演で重要な役を担う、2名のキャストは萩谷慧悟と大高洋夫。萩谷は、2012年よりテレビドラマ、映画、舞台など幅広く活動しており、自ら楽曲制作も行うなど、音楽面での才能を発揮する一方で、日本テレビ系ドラマ「THE QUIZ」をはじめとした映像作品に次々と出演。2014年には、映画を舞台化したグランドミュージカル『オーシャンズ11』でオーシャンの仲間であるターク・モロイ役を演じるなど、舞台での活躍も目覚ましい中で、本作への出演となる。

萩谷慧悟

萩谷慧悟

また、大高は大学在学中に鴻上尚史と共に「第三舞台」を旗揚げし、中心メンバーとして活躍したことで知られる実力派俳優。2006年放送のスーパー戦隊シリーズ第30作「轟轟戦隊ボウケンジャー」では、最終話までボウケンジャーとの死闘を繰り広げたゴードム文明の大神官ガジャ役を怪演し、敵役にも関わらず今も多くのファンに愛されている。

大高洋夫

大高洋夫

出演キャスト第3弾が発表され、メインキャスト全員が公開となった。12人のメインキャストたちが舞台上で織り成す人間ドラマである、本公演に期待しよう。さらに、TVシリーズの「仮面ライダー鎧武/ガイム」に出演の豪華キャストによるアフタートークの開催を予定されており、詳細は後日、発表となる。

(C)石森プロ・東映 (C)舞台『仮面ライダー斬月』製作委員会

(C)石森プロ・東映 (C)舞台『仮面ライダー斬月』製作委員会

公演情報

舞台『仮面ライダー斬月』 -鎧武外伝-
 
<公演期間・劇場> 
【東京公演】
劇場:日本青年館ホール
上演期間:2019年3月9日(土)~24日(日)
【京都公演】
劇場:京都劇場
上演期間:2019年3月28日(木)~31日(日)
 
■チケット料金:8,500円(全席指定/税込/前売・当日共)
※2019年1月11日(金)よりチケット最速先行受付開始
■一般発売日:2019年2月3日(日) AM10:00~

【出演】
久保田悠来
 
萩谷慧悟
原嶋元久
小沼将太
宇野結也
後藤 大
増子敦貴
千田京平
高橋奎仁
田淵累生
 
丘山晴己
 
大高洋夫 他
 
【原作】 石ノ森章太郎
【脚本・演出】 毛利亘宏(少年社中)
【シリーズ原案・監修】 虚淵玄(ニトロプラス)
【脚本協力】 鋼屋ジン(ニトロプラス)

【主催】 東映 ニトロプラス ネルケプランニング
【公式サイト】 https://www.nelke.co.jp/stage/zangetsu/
【公式Twitter】 @stage_zangetsu
シェア / 保存先を選択