0歳も一緒にGWはコンサートから始めよう! 『東京交響楽団 キッズプログラム ~0歳からのオーケストラ~』

ニュース
クラシック
2019.2.20
ズーラシアン・ブラス

ズーラシアン・ブラス

画像を全て表示(3件)

2019年4月27日(土)カルッツかわさき ホールにて、音楽好きのパパ・ママ必聴の『東京交響楽団キッズプログラム ~0歳からのオーケストラ~ズーラシアンブラス meets東京交響楽団』が行われる。

本公演は、できたら赤ちゃんをおひざの上にのせて一緒に本格的なオーケストラの演奏会を楽しみたい、という夢をかなえてくれるコンサートだ。

2歳児以下の赤ちゃんはひざ上なら入場無料の本コンサート。すでに10年以上開催されており、赤ちゃんとのお出かけに気がかりな「授乳室」、「おむつ交換室」、「ベビーカー置き場」などが用意され、安心して出かけることができる。また、会場には小児科医もスタンバイしているほどの手厚さだ。2010年には「次世代への音楽文化の伝承に寄与している点」が評価され、ひまわり褒章を受章している。

(c) Hikaru Hoshi

(c) Hikaru Hoshi

そして本コンサートの音楽も、最近各方面で高い評価を受けている東京交響楽団の演奏はもちろんのこと、おなじみの凄腕アンサンブル、動物たちの金管五重奏「ズーラシアンブラス」とのスーパーアンサンブルはここでしか聴けない。オープニングのオリジナル曲「ストローラーマーチ」から観客をコンサートの世界へ一気に引き込み、その他の曲もクラシックの王道で、チャイコフスキーの「スラヴ行進曲」やビゼーの「カルメン前奏曲」など直球勝負の曲が満載。演奏会の中でもフル・オーケストラ、ズーラシアンブラスとのアンサンブルによるスペシャルコーナーなどがあり、飽きずに楽しめる。全体の時間も休憩なしの約70分と工夫されて見どころがたくさん。

指揮を担当する水戸博之は「小さい頃聞いた音楽は、中々忘れる事が出来ません。音楽との出会いは人生を豊かにしてくれると思います。今年もやって来る0歳からのオーケストラ。一体どんな出会いが待っているでしょうか。お楽しみに!」と語る。

水戸 博之

水戸 博之

今年の会場は、2017年秋にオープンした新しいホールのカルッツかわさき。開演時間も11時と14時半と1日2回のうちから選べるのもポイントだ。2019年のゴールデン・ウィークは10連休。スタートは「0歳からのオーケストラ」に家族みんなで出かけてはいかがだろうか。チケットはイープラスにて発売中。

公演情報

『東京交響楽団 キッズプログラム ~0歳からのオーケストラ~ ズーラシアンブラスmeets東京交響楽団』
 
日程:2019年04月27日(土)
【1】10:30 開場 / 11:00 開演
【2】14:00 開場 / 14:30 開演
場所:カルッツかわさき 川崎市スポーツ・文化総合センター
 
チケット料金:全席指定 (税込)大人3,500円/子ども(中学生まで)1,500円
※0歳児から入場可。2歳児以下までで保護者膝上の場合は無料。ただし、座席が必要な場合は有料。

出演
金管五重奏:ズーラシアンブラス
トランペット:インドライオン、ドゥクラングール 
ホルン:マレーバク 
トロンボーン:スマトラトラ 
テューバ:ホッキョクグマ トリのステージマネージャー
指揮:オカピ
管弦楽:東京交響楽団(川崎市フランチャイズ・オーケストラ)
指揮・お話:水戸博之

曲目・演目
●○高橋宏樹:ストローラーマーチ
○ビゼー:『カルメン』前奏曲
○アンダーソン:ジャズ・ピツィカート
●「おんまはみんな」TRADITIONAL 編曲:石川亮太
●○「おお!ピクニック」 編曲:石川亮太
○【みんなで歌おう!コーナー】 堀井勝美:キッチン・オーケストラ(会場のお客様とうたう)
●○チャイコフスキー:スラヴ行進曲
(○は東京交響楽団、●はズーラシアンブラスが演奏)

主催:公益財団法人 東京交響楽団 特別協賛:株式会社H.I.S.
共催:川崎市
協賛:YKK株式会社
協力:花王株式会社(商品提供)
後援:川崎市教育委員会・「⾳楽のまち・かわさき」推進協議会・公益社団法人川崎市幼稚園協会
シェア / 保存先を選択