国内外のクイーンのトリビュートバンド4組とクイーン関係者が幕張メッセに集結

ニュース
音楽
2019.2.28

画像を全て表示(3件)

アルゼンチンのクイーン・トリビュートバンド、GOD SAVE THE QUEENが4月20日(土)幕張メッセ・イベントホールで行なう追加公演で、日本の3大クイーン・トリビュートバンドと初共演することが決定した。

映画『ボヘミアン・ラプソディ』は現地時間2月24日のロサンゼルスで行われた第91回アカデミー賞で最多4部門を受賞するなど、フレディ・マーキュリー没後27年が経った今もなお、世界中を魅了し続けるクイーン。イベント開催日の4月20日は、27年前の同日、英ウェンブリー・スタジアムで行われたフレディ・マーキュリー追悼コンサートの日である。

GOD SAVE THE QUEENは、1998年にアルゼンチンで結成された4人編成グループ。南米を拠点に欧州やインド等、世界30カ国でライブを行い、その実力はローリングストーン誌が「史上最高のトリビュートバンド!」と称えたほど。2017年に初来日を果たして以来、毎年公演を行なっている。

今年、7月に開催予定であった5ヶ所のジャパンツアーが各地ソールドアウトが相次ぎ、急遽組まれた異例の前倒し追加公演には、GUEEN(グイーン)、QUEENESS(クイーンネス)、QUEER(クイーア)の3組も出演。いずれも日本のバンドということで、クイーンの6回の来日公演のセットリストから演奏を予定。GUEENは初来日の1975年と1976年を、QUEENESSは1979年と1981年、QUEERは1982年とフレディ生前最後の来日公演となった1985年と、各々のバンドが各年代を代表する楽曲の演奏を予定している。GOD SAVE THE QUEENは過去2回の来日公演でファンを唸らせた王道のセットリストを披露。ラストは4つのバンドがステージに登場し、感動のフィナーレとなる模様。

増田勇一、東郷かおる子

増田勇一、東郷かおる子

さらにバンドのセット・チェンジの時間には、関係者を迎えたトーク・セッションも予定されている。トークゲストには、最初の来日から、プライベートで訪れた1986年までフレディ・マーキュリーのガードマンを務めた伊丹久夫氏。元『ミュージック・ライフ』編集長、東郷かおる子氏。映画『ボヘミアン・ラプソディ』で日本語字幕を監修した増田勇一氏を迎える。イベント開催日の4月20日といえば、27年前の同日、英ウェンブリー・スタジアムで行われたフレディ・マーキュリー追悼コンサートの日。東郷、増田の両氏は奇しくも同コンサートに取材に行っており、トークではその辺りの話しも聴けそうだ。

アルゼンチンのGOD SAVE THE QUEENが日本のトリビュートバンドと初共演する『A NIGHT AT THE MAKUHARI』のチケット最速先着先行は2月27日からスタート。God Save The Queenのツアーチケットも残りわずかとなっている。

 

ライブ情報

GOD SAVE THE QUEEN JAPAN TOR 2019
4月17日(水)岩手県民会館大ホール<追加公演>
4月19日(金)梅田CLUB QUATTRO<追加公演>
7月3日(水)梅田CLUB QUATTRO
7月4日(木)仙台GIGS
7月5日(金)中野サンプラザ
7月7日(日)BLUE LIVE HIROSHIMA
7月9日(火)DRUM LOGOS

GOD SAVE THE QUEEN with GUEEN,QUEENESS,QUEER A NIGHT AT THE MAKUHARI
日時:2019年4月20日(土) 開場 15:00 / 開演 16:00
会場:千葉・幕張メッセ イベントホール
チケット料金(全席指定/税込):6500円
チケット:最速先着先行2/27(水)18時~ http://r.y-tickets.jp/godsavethequeen1902
問合わせ:ディスクガレージ 050-5533-0888(平日12:00〜19:00)
■出演バンド:
GOD SAVE THE QUEEN/GUEEN/QUEENESS/QUEER
■トークゲスト&MC:
伊丹久夫/東郷かおる子/増田勇一 and more…
MC:石角隆行
シェア / 保存先を選択