鈴木勝秀と5人の俳優が描き出す「友達」の様々な形 『僕のド・るーク』が開幕

レポート
舞台
2019.3.8
『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

画像を全て表示(10件)


鈴木勝秀が上演台本と演出を担当、5人の俳優のみでいくつもの役を演じ分け、3つの物語が展開される会話劇『僕のド・るーク』が2019年3月7日(木)にオルタナティブシアターで開幕した。初日に先立ち行われた公開舞台稽古の様子を、開幕前に上口耕平から届いたコメントと共にお伝えする。

<上口耕平コメント>

お客様にまもなくこの作品をお届けできることがとても楽しみです。全バージョン是非観ていただきたいと心から思うほど、演者の皆さん1人1人の魅力的な部分が溢れています。シンプルなセットの中での会話劇。本編の中にある「演劇とはそういうものです」という言葉の通り、劇場中が皆様のイマジネーションで満たされることを願い、表現させていただきます!


この作品は、3つの物語から構成されている。

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

まず絵本を元にした『森の主と少年』から始まり、白いスーツに身を包んだ語り部(辻本祐樹)が軽快に語り出す。状況説明をしたり、演じている俳優の名前を出すなど、観客に歩み寄り、舞台上と現実の境目を曖昧にするような導入方法を用いている。舞台上で起きていることを、自分とは遠い話としてではなく、自分のすぐ目の前で起きている物語として感じてもらいたい、そんな意図もうかがえる。

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

森の主(小林且弥)のどっしりと構えた落ち着きと、少年(小早川俊輔)の無邪気さの間に通い合う友情が輝いて見える、そんな心温まる始まりだ。

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

続いて、モーツァルトの曲に乗せて華やかに始まったのは、映画にもなった有名な戯曲『アマデウス』をモチーフにした「サリエリとモーツァルト」。純粋で自由奔放なゆえに自分自身の首をしめてしまうモーツァルト(多和田任益)と、そんなモーツァルトを心配しながらも、その才能にどうしようもない嫉妬を感じてしまうサリエリ(上口耕平)。

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

上口と多和田がその二人の一筋縄ではいかない友情をコミカルに温かく表現している。先ほどまで『森の主と少年』に出演していた辻本、小林、小早川もそれぞれ他の役で登場し、この物語をより複雑に彩る役目を担っている。

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

そして再び『森の主と少年』の物語が挿入される。少年は青年に成長し、森の主との関係性も変わって来てしまうのだが、このあたりからこの舞台全体を包む空気が徐々に後半へ向けて変わっていくことを感じた。「3つのオムニバスストーリー」から成る舞台ではあるが、全体で一つの大きな「作品」としての流れがしっかりあることがうかがえ、冒頭の軽妙さで心を緩めていた観客は、気づかぬうちに舞台の世界に没入させられていることだろう。

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

物語は、夏目漱石の『こころ』へと移っていく。「先生」と「K」に焦点が絞られ、二人の間には確かに友情が存在しているのだが、そこに他の人間が介入することで、互いの関係性に変化が表れてしまう様が、タイトでストイックに展開する。

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

「K」を演じる上口が、先ほどまで演じていたサリエリから一転、神経質で悩める青年を、今にも壊れそうな危うさと、触ると傷つきそうな鋭さを持った演技で見事に表現している。そんな「K」を大切に思いながらも、自身の胸の内の葛藤に苦しむ「先生」の弱さに、辻本の柔らかい演技がはまっている。

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

そして最後は、『森の主と少年』の物語でこの舞台は終幕を迎える。すっかり老人となった少年と森の主、彼らの友情はどのような結末を迎えるのか。

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

『僕のド・るーク』公開舞台稽古写真

「友情」と言っても、実に様々な形、様々な展開、様々な結末があることをたっぷり見ることができ、約90分の舞台とは思えないほどの充実した内容だった。いつの間にか鈴木勝秀が仕掛ける物語の渦に巻き込まれていて、これが「スズカツマジック」か、と深く納得した。5人の俳優がそれぞれ複数の役を演じるので、その演じ分けも楽しめる。

公演は3月10日(日)まで。あっという間に終わってしまうのが惜しい。もっとたくさんの人にぜひ見て、感じてもらいたい舞台だ。

取材・文・撮影=久田絢子

公演情報

『僕のド・るーク』

■日程:2019年3月7日(木)~3月10日(日)
■会場:オルタナティブシアター

 
■上演台本・演出:鈴木勝秀
■出演:上口耕平、多和田任益、辻本祐樹、小早川俊輔/井澤巧麻(Wキャスト)、小林且弥/鎌苅健太(Wキャスト)
■Wキャスト・タイムテーブル:
3月07日(木)19:00 小林且弥&小早川俊輔
3月08日(金)14:00 小林且弥&小早川俊輔
3月08日(金)19:00 小林且弥&小早川俊輔
3月09日(土)13:00 鎌苅健太&井澤巧麻
3月09日(土)18:00 鎌苅健太&井澤巧麻
3月10日(日)12:00 小林且弥&井澤巧麻
3月10日(日)16:00 鎌苅健太&井澤巧麻
■チケット料金:8,500円(全席指定)
■問合せ:る・ひまわり 03--6277-6622(平日11:00~18:00)
シェア / 保存先を選択