『第18回 東京JAZZ』 チック・コリアがアコースティック&エレクトリック2公演、チャールス・ロイドら第1弾出演者発表

ニュース
音楽
2019.4.19

日本の音楽文化の充実・発展に貢献する文化事業として2002年から毎年開催されている『東京JAZZ』が、今年2019年も開催されることが発表となった。

会場はNHKホール、代々木公園ケヤキ並木で、8月30日(金)~9月1日(日) に開催される。

そして今回の開催発表と併せて第1弾出演者として、チック・コリア、チャールス・ロイドという巨匠の出演も発表された。

ジャズ史に燦然と輝くピアニスト、チック・コリアが、『第18回東京JAZZ』ではアコースティックバンドとエレクトリックバンドの2公演を行なう。1度の来日時に2つのバンドの公演を行うのは、実に27年ぶりのこと。また、サックスの巨匠、チャールス・ロイドは、メンバーにジュリアン・ラージ、ジェラルド・ クレイトン、ルーベン・ロジャース、エリック・ハーランドと、現代ジャズシーンを代表する実力派を揃えて登場する。ほかにも、現代ジャズシーンの象徴的存在とも言えるカマシ・ワシントン、3度のグラミー賞に輝く注目のクロスオーバージャズ集団、スナーキー・パピーが『東京JAZZ』に初登場する。

イベント情報

『第18回 東京JAZZ 』
(英文表記)18th TOKYO JAZZ FESTIVAL 

<会期・会場>
2019年8月31日(土)~9月1日(日) NHKホール
2019年8月30日(金)~9月1日(日) 代々木公園ケヤキ並木(入場無料)

<出演>
■チック・コリア・アコースティック・バンド with ジョン・パティトゥッチ and デイヴ・ウェックル
■チック・コリア・エレクトリック・バンド with フランク・ギャンバレ、エリック・マリエンサル、ジョン・パティトゥッチ and デイヴ・ウェックル
■チャールス・ロイド “Kindred Spirits"  featuring ジュリアン・ラージ、ジェラルド・クレイトン、ルーベン・ロジャース and エリック・ハーランド
■カマシ・ワシントン
■スナーキー・パピー (マイケル・リーグ、マルセロ・ウォロースキ、ボブ・ランゼッティ、ビル・ローレンス、ボビー・スパークス、ジャスティン・スタントン、ジェイムソン・ロス、クリス・ブロック、マイク“Maz"マーハー)
ほか、追加出演者は後日発表 
 
<チケット料金>
■NHKホール
プラチナ・パッケージ(オーケストラボックス席+特典):19,800円
SS席:12,800円
S席:9,800円
A席:7,800円
B席:3,800円
SS席1日通し券:24,600円(全席指定・税込)                 
■the PLAZA(代々木公園ケヤキ並木)
無料
<チケット発売>
・先行発売 5月25日(土)10:00~
・一般発売 6月29日(土)10:00~ 
 
■オフィシャルサイト http://www.tokyo-jazz.com 
シェア / 保存先を選択